この記事の読了時間: 335

極める 究める 窮める 違い 使い分け

 

「きわめる」という言葉は、
3つの漢字が使われていますね。

「混雑を極める

「学問を究める

「困難を窮める

上記の「きわめる」は、
一体どう使い分ければいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

極めるの意味

 

まずは、「極める」の意味からです。

【極める(きわめる)】

限界・頂点に達すること。最上に至ること。

 

極める」とは、
これ以上ない状態まで進むこと」を意味します。

例えば、以下のような使い方です。

  • 栄華を極める
  • 山頂を極める
  • 混雑を極める
  • ぜいたくを極める
  • 失礼極まりない態度。

※「栄華(えいが)」とは、権力や財力によって栄えることです。

「極める」の「」は、
「極度」「極限」などの言葉があるように、
頂上や限界地点まで達する様子」を表しています。

そして、一番上の頂点に限らず、
一番下の頂点に達するという意味も含んでいます。

したがって、「失礼極まりない」のように
悪い意味での度合いの大きさを表すような時にも使うのです。

究めるの意味

 

続いて、「究める」の意味です。

【究める(きわめる)】

よく調べたり研究したりして、本質をつかむこと。

物事を奥深い所まで明らかにすること。

 

究める」とは、
物事を深く突き詰めていくこと・明らかにすること」を意味します。

例えば、以下のような使い方です。

  • 学問を究める
  • 真相を究める
  • 心理を究める
  • 経済学を究める
  • 技術を究める

 

「究める」の「」は、
「追究」「研究」「探究」などの言葉と同じ漢字です。

つまり、「究」という字は
学問などを深く研究し、突き詰めていく
という意味があるのです。

よって、
学問的・精神的なことを明らかにする時に、
「究める」を使うわけです。

スポンサーリンク

窮めるの意味

 

最後に、「窮める」の意味です。

【窮める(きわめる)】

行き詰まること。

突き詰めること。

 

窮める」とは、
物事が行き詰(づ)まること」を言います。

例えば、以下のような使い方です。

  • 困難を窮める
  • 貧困を窮める
  • 進退窮まる

※「進退窮まる」とは、
「困難な状態におちいること」だと考えて下さい。

「窮める」の「」は、
「困窮(こんきゅう)」「窮屈(きゅうくつ)」などの言葉からきています。

要するに、
状況が行き詰まる様子」を表した言葉ということです。

 

一般的には、「窮める」は
ネガティブな意味で使うことが多いです。

ただし、
場合によっては「突き詰めること
という良い意味で使うこともあります。

例えば、
「真理を窮める」のような使い方です。

この場合は、
究める」の②の意味と同じだと考えて下さい。

スポンサーリンク

極める・究める・窮めるの違い

極める 究める 窮める 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

極める」=これ以上ない状態まで進む。

究める」=物事を深く突き詰めていく。明らかにする。

窮める」=物事が行き詰まる。突き詰める。

ということでした。

 

それぞれの違いを簡単にまとめると、

極める」=「極限・極度」の意味の場合に使う。

究める」=「追究・探究」の意味の場合に使う。

窮める」=「困窮・窮屈」の意味の場合に使う。

となります。

 

基本的には、
上記のような理解で問題ありません。

ただし、「窮める」に関しては、
「真理を窮める」「学を窮める」のように使うこともあります。

この場合は、「極める」「窮める」の
両方とも使えるので注意しましょう。

 

ちなみに、3つの使い分けをもっと簡単に言うと、
学問的・精神的な意味で使うかどうか」と覚えてもよいです。

究める」は、基本的に
学問的・精神的なものを対象にします。

一方で、「極める」や「窮める」は、
「何かを追究したり、本質を明らかにしていく」という意味はありません。

 

したがって、

究める」⇒学問的・精神的なもの。

極める・窮める」⇒それ以外。

と覚えれば区別しやすくなるということです。

関連:>>修行と修業の違いとは?意味や使い分けを解説

関連:>>節制と摂生の違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると

極める」=これ以上ない状態まで進む。極限極度のイメージ)

究める」=物事を深く突き詰めていく。明らかにする。追究探究のイメージ)

窮める」=物事が行き詰まる。突き詰める。困窮窮屈のイメージ)

ということでした。

究める」のみ学問的・精神的なものに使うので、
そこは忘れずに覚えておくとよいでしょう。

では今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)