この記事の所要時間: 454

概略 概要 違い 概況 意味 使い分け

 

概略」と「概要

どちらもビジネスでは、
同じような意味で使う印象ですね。

さらに、まぎらわしい言葉で
概況」もあります。

 

これらの言葉は、一体どのように
使い分ければよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

概略の意味

 

まずは、
「概略」の意味です。

【概略(がいりゃく)】

おおよその内容。あらまし。大略。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

概略(がいりゃく)」とは、
おおよその内容のこと」だと思ってください。

 

例えば、「企画の概略」であれば、

  • どんな企画なのか?
  • いつから始めるのか?
  • 目的は何なのか?

といった大まかな内容となります。

 

このように、
物事のだいたいの中身を示したもの」を
「概略」と言うわけですね。

 

言葉の意味を補足すると、

「概略」の「」は、
おおむね・だいたい」などの意味です。

そして、「」には
何かを省く」という意味があります。

つまり、
不要な部分を省いて、大まかにまとめたもの」が
「概略」ということですね。

概要の意味

 

続いて、
「概要」の意味です。

【概要(がいよう)】

全体の要点をとりまとめたもの。大要。あらまし。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

概要」とは、
全体の要点をとりまとめたもの
だと思ってください。

要点」とは、
大事な点」という意味ですね。

 

例えば、
「事件の概要」であれば、

  • どこで事件が起きたのか?
  • いつ被害者は襲われたのか?
  • 目撃者は何人いたのか?

といった点をまとめたものとなります。

 

いずれも犯人を特定するのに大事な情報ですよね?

 

このように、
物事の大事な点をまとめたもの」を
「概要」と言うわけです。

 

「概要」の語源も確認しておくと、

」は同じく
おおむね・だいたい」などの意味です。

そして、「」は
「重要」「要約」などがあるように
かなめ(大切な所)」という意味があります。

つまり、
大切な部分を、おおむねまとめたもの」が
「概要」となるわけですね。

スポンサーリンク

概略と概要の違い

概略 概要 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

概略」=おおよその内容。

概要」=全体の要点をとりまとめたもの。

ということでした。

 

比較しても分かるように、
どちらも似たような言葉にも見えますね。

しかし、実際には
両者は微妙に意味が異なります。

 

まず、「概略」は
「不要な部分を省いたもの」でしたね。

一方で、「概要」は
「大事な点を短くまとめたもの」でした。

 

ここで注意すべきは、「概略」には
「まとめる」という意味は特に含まれていない点です。

 

「概略」は、
要点に関係なく内容を省略したものです。

したがって、場合によっては
大事な点が漏れている可能性もあるのです。

 

もちろん、
必ずしも要点が漏れている
というわけではありません。

不要な部分を省く行為は、
結果的に大事な点が残ることも多いです。

 

あくまで、
概略」=「必ず要点が残るわけではない
という意味だと思ってください。

 

もしも「概略」を誰かに説明された場合は、
その内容が全て大事とは考えないようにしましょう。

逆に、もしも相手に要点を伝えるような場合は
「概要」を使うのが適切と言えますね。

概況の意味

 

似たような言葉で、
「概況」があります。

「概況」の意味も確認しておきましょう。

【概況(がいきょう)】

大体のようす。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

概況」とは、
だいたいの様子のこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 気象概況を伝える
  • 営業の概況を説明する

 

「概況」は、「状況」の「」を
使っている点がポイントですね。

「況」には、
周りを含めた様子・ありさま
という意味があります。

すなわち、
物事のだいたいの様子を伝える時に
「概況」を使うのです。

 

「概況」は、
物事の中身などには使いません。

なので、他2つとは
しっかりと区別しておきたいですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【概略の使い方】

  1. 目的地への道筋を概略でいいので教えてほしい。
  2. 夏祭りの概略を示したパンフレットを配る。
  3. この図はあくまで概略を示したものです。
  4. とりあえず、部下たちに作戦の概略を伝えた。

 

【概要の使い方】

  1. 今後のビジネス概要を示した計画書を作成する。
  2. 昨日送ったメールの概要は、以下の通りです。
  3. 新しく発売した商品の概要を説明する。
  4. 事件の概要をもっと詳しく教えてください。

 

【概況の使い方】

  1. ようやく現場の概況を把握した。
  2. 本日の天気概況は、今のところ晴れだ。
  3. 外出前に高速道路の概況をニュースで知る。
  4. 運航予定の概況は、次の通りです。

 

どれも使うことができますが、
概要」が最も一般的と言えますね。

「概要」は、企画や発案などの
ビジネスでよく使われる言葉です。

また、「会社概要」など、
組織の大まかな要点を説明する時にも使います。

 

逆に、「概略」や「概況」は
そこまで一般的には使われていませんね。

「概略」を使うようなケースは、
趣旨」の方がよく使われています。

また、「概況」に関しては
そもそも「様子」や「状況」を使った方が
意味が通じやすいですからね。

日常生活では、
「概略」や「概況」はほぼ使わない言葉
と認識してもよいでしょう。

関連:>>趣旨と主旨の違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

概略」=おおよその内容。(不要な部分を省いたもの)

概要」=全体の要点をとりまとめたもの。

概況」=だいたいの様子。

ということでした。

 

ポイントは、
それぞれの語源を理解しておくことですね。

  • 「概略」の「略」は「省」の「
  • 「概要」の「要」は「重」の「
  • 「概況」の「況」は「状」の「

このように覚えておけば、
違いを忘れにくいでしょう。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク