この記事の読了時間: 430

修行 修業 違い 使い分け

 

今回は
修行」と「修業
の違いを解説していきます。

「しゅぎょう」という言葉は、
普段からよく使われていますね。

「花嫁修業」「武者修行

上記の「しゅぎょう」は、
一体どのように使い分ければいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

修行の意味・読み方

 

まずは、「修行」の意味からです。

【修行(しゅぎょう)】

悟りをめざして心身浄化を習い修めること。仏道に努めること。

托鉢 (たくはつ) ・巡礼して歩くこと。

学問や技芸を磨くため、努力して学ぶこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「修行」には、大きく分けて2つの意味があります。

1つ目は、
仏の教えを元に、実践する」という意味です。

【例】

  • お寺で修行する
  • 出家して修行僧になる

この場合は簡単に言うと、
精神をきたえる」ということですね。

 

辞書の説明に書かれている
「悟り」「托鉢(たくはつ)」「巡礼」
などはすべて宗教の言葉となります。

したがって、この意味の場合は、
宗教的な場面で使われるのです。

 

そして2つ目は、
学問や技芸を磨くために、努力する」という意味です。

【例】

  • 武者修行をする
  • 剣道を修行する
  • 弓道を修行する

この意味の場合は、
剣道・弓道・柔道などの武道に使われることが多いです。

こちらも同様に、
「精神をきたえる」というイメージで考えてください。

スポンサーリンク

修業の意味・読み方

 

続いて、「修業」の意味です。

【修業(しゅぎょう)】

学問や技芸を習い、身につけること。しゅうぎょう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

修業」とは、
学問や技芸を習って、身につける」という意味です。

【例】

  • 大工職人の元で修業する
  • 料理教室に通い、花嫁修業する

つまり、
特定のスキルを身につけるために、誰かから学ぶ
ということですね。

 

ここで注意すべきは、
「修業」には読み方が2種類あるということです。

「修業」は、元々は
しゅうぎょう」と読んでいました。

しかし、「修行」という言葉に合わせて、
だんだんと「しゅぎょう」と読むようになったのです。

なので、一般的には
「修業」は「修行」と同じく「しゅぎょう」と読む言葉だと考えて下さい。

現在では、「しゅうぎょう」と読む場合は、
「修業証書」など限定的な使い方が多いです。

スポンサーリンク

修行と修業の違い

修行 修業 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

修行」=仏の教えを元に、実践する。学問や技芸を磨くために、努力する。

修業」=学問や技芸を習って、身につける。

ということでした。

 

両者の違いは、2つの点から
比較すると分かりやすいです。

1つ目は、
宗教的な意味で使うかどうか」です。

 

「修行」は「いをめる」と書くように
主に仏教に関する場面で使います。

そのため、
宗教的な要素が含まれるような場合は
「修行」を使うのです。

一方で、「修業」は
「生める」と書くように、
主に学問や技芸などのスキルに対して使います。

したがって、こちらは
宗教的な意味で使うことはないのです。

 

2つ目は、
しゅぎょうをする目的」です。

 

「修行」は、
仏教や武道などを学ぶことによって、
精神をきたえることが目的です。

なので、明確なゴールがないものだと言えます。

精神の修行は、一生をかけて行うものですからね。

 

対して、「修業」の方は、
料理や大工など特定のスキルを得ることが目的です。

知識やスキルは、身につければ、
そこで一旦は目的を達成したことになります。

したがって、こちらは
明確なゴールがあるものだと言えるのです。

 

まとめると、

修行」=精神をきたえることが目的で、ゴールがない。(宗教的な意味でも使う)

修業」=特定のスキルを得ることが目的で、ゴールがある。

となります。

 

基本的には、
上記のような理解で問題ありません。

あえてつけ加えるなら、「修業」の方は、
誰かから教わるという点がポイントです。

この場合の「誰か」とは、師匠や親方・先生など
特定のスキルを持っている人ですね。

「修行」の方は自分一人で鍛えることもできますが、
「修業」の方は基本的に誰かに教わるものなのです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【修行の使い方】

  1. 冷たい滝を浴びて、欲望や煩悩をなくす修行をする。
  2. 悟りを求めて、寺の修行僧となる決意をした。
  3. 剣道を修行し、日本人としての武士道を学ぶ。
  4. 武者修行に出て、全国を歩くことにした。
  5. 「毎日必ず瞑想をする」という修行を始める。

 

【修業の使い方】

  1. 一人前の寿司職人になるために、師匠の元で修業する。
  2. 大工職人になるには、10年は修業が必要と言われている。
  3. 花嫁修業をするために、近くの料理教室に通う。
  4. 和菓子職人と呼ばれる師の元で、修業する。
  5. 一通りの知識を学んだので、修業証書をもらった。

 

補足すると、英語ではそれぞれ
修行」=「training」「修業」=「study」と言います。

「修行」の方は「トレーニング」、
つまり「精神的に鍛える」ということです。

それに対し、「修業」の方は
「学習」や「習得」を意味する「study(勉強)」を使います。

関連:>>耐えると堪えるの違いとは?意味や使い分けを解説

関連:>>極める・究める・窮めるの違いや使い分けとは?

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

修行(しゅぎょう)」=宗教的・精神的にきたえる。(ゴールがない)

修業(しゅぎょう)」=学問や技芸など、特定のスキルを得る。(ゴールがある)

ということでした。

どちらも普段からよく使われている言葉なので、
ぜひこの機会に覚えて頂ければと思います。

では今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)