この記事の読了時間: 454

温める 暖める 違い 意味 使い分け

 

今回は、
温める」と「暖める」の違い
について解説していきます。

「あたためる」という言葉は、日常的に使われていますね。

「お弁当を温める

「部屋を暖める

この2つの使い分けは一体どうすればよいのでしょうか?

さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

温めると暖めるの意味

 

まず、「あたためる」の意味を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【暖める/温める】

熱を加えて適度な温度にまで上げる。

公表せず自分の手もとにおく。

昔の親密なつきあいを回復する。

こっそりと自分のものにする。

出典:三省堂 大辞林

上記のように、「あたためる」は
一つの項目としてのっています。

つまり、辞書の意味からすれば、
どちらを使っても間違いではない」ということになります。

しかし、
日本語というのは複雑な言語なため、
一般的には使い分けがされているようです。

辞書に書かれていることが、
全てではないということですね。

 

したがって、
「状況に応じてうまく使い分けるのが望ましい」
ということになります。

では、実際にどのように使い分ければいいのか
詳しく見ていきましょう。

温めると暖めるの使い分け

温める 暖める 使い分け

 

「あたためる」の使い分けは、
2つの点から判断すると分かりやすいです。

 

1つ目は、
体の一部で感じるか、体全体で感じるか」です。

体の一部で感じる場合」⇒「温める」を使う。

体全体で感じる場合」⇒「暖める」を使う。

温める」は、
「人間の体の一部(手など)」で対象を感じとる場合に使います。

【例】

  • 牛乳を温める
  • お弁当を温める
  • タオルを温める

 

逆に、「暖める」は
人間の体全体で対象を感じとる場合に使います。

【例】

  • 部屋の温度を暖める
  • 室内の空気を暖める
  • 毛布で体を暖める

 

2つ目は、あたためる対象が
抽象的なものか、それとも気温や室温か」ということです。

※「抽象的(ちゅうしょうてき)」とは、
「具体的の反対語で、姿や形などがなくイメージがしにくい様子のこと」だと思って下さい。

対象が抽象的な場合」⇒「温める」を使う。

対象が気温や室温などの場合」⇒「暖める」を使う。

「温める」は、
心や計画、懐(ふところ)など抽象的な物に対して使います。

【例】

  • 温まる話。
  • 温めていた計画。
  • 懐(ふところ)を温める

 

逆に、「暖める」は、
気温や室温などの空気に対して使います。

【例】

  • 部屋の温度を暖める
  • 気候の暖かい地域。

 

まとめると、

温める」=体の一部で感じるもの。抽象的なもの。

暖める」=体全体で感じるもの。気温や室温など。

となります。

スポンサーリンク

どちらを使うか迷った場合

 

 

基本的には、先ほどのように使い分ければ問題ありません。

しかし、
もしもどちらを使うか迷ってしまったら、
どうすればよいでしょうか?

その場合は、「反対語」を
イメージすると分かりやすいでしょう。

 

温かい」の反対語は「冷たい
暖かい」の反対語は「寒い」です。

 

これらを踏まえて考えると、
例えば「冷たいからあげ」とは言いますが、
寒いからあげ」とは言いません。

よって、この場合は
「冷たい」の反対語である
温かいからあげ」が正解となるわけです。

 

また、「寒い気候」とは言いますが、
冷たい気候」とは言いません。

したがって、この場合は
暖かい気候」と言うわけです。

 

このように、
「あたためる」の反対語を当てはめてみて、
しっくりくるほうを選ぶという方法もあります。

もしも迷ってしまった場合は、
この方法を使うのがおすすめです。

あたためるの英語訳

 

補足すると、
両者は英語だと次のように言います。

 

温める」⇒「heat up」(ヒートアップ)

暖める」⇒「warm up」(ウォームアップ)

 

【例文】↓

Would you like me to heat up your milk?(牛乳を温めましょうか?)

She is going to warm up a room.(彼女は部屋を暖める予定です。)

 

英語だと、上記のような使い方をするのが一般的ですが、
必ずしも厳密な使い分けがされているわけではありません。

場合によっては、
warm up your food(食べ物を温める)」などと言うこともあります。

また、室内の温度を上げるのが目的であれば、
raise the room temperature(部屋の温度を上げる)
などの用例もあります。

なので、英語に関しては
そこまで神経質に使い分ける必要はないと考えて下さい。

スポンサーリンク

あたためるの使い方・例文

 

最後に、「あたためる」の使い方を
例文で確認しておきます。

 

【温めるの使い方】

  1. 朝食は温めたコーヒーを飲むのが日課です。
  2. あの親鳥は、卵をずっと温めているようだね。
  3. 長年温めていた計画をついに実行するときが来た。
  4. あいつはずっとベンチを温めている万年補欠の選手だ。
  5. すぐに案を出すのではなく、構想を温めることも重要です。
  6. 彼は場を温めるようなムードメーカーだ。頼もしい。

 

【暖めるの使い方】

  1. エアコンによって、部屋の温度を暖めてほしい。
  2. 暖めた空気が逃げてしまうので、ドアは閉めてください。
  3. 暖かい室内に移動して、トレーニングをする。
  4. 沖縄県は、年間を通して暖かい地域である。
  5. 室内をすぐに暖めることのできるグッズはない?
  6. 最近は、体の芯から暖かくなるような気候だね。

 

ちなみに、例文にもあるように、
温かい」と「暖かい」についても同じです。

「温める」≒「温かい」

「暖める」≒「暖かい」

この2つも、
同じ方法で使い分けてみてください。

関連:>>凍ると氷るの違いとは?意味や使い分けを解説

関連:>>食料と食糧の違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

温める」=体の一部で感じるものや抽象的な物に対して使う

暖める体全体で感じるものや気温・室温などに対して使う

ということでした。

どちらも普段からよく使われている言葉です。

あたためる対象や反対語など、
複数の観点から違いを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)