この記事の読了時間: 538

実情 実状 違い 意味 使い分け

 

今回は
実情」と「実状
の違いを解説していきます。

「じつじょう」という言葉は、
2つの漢字が使われていますね。

「相手の実情を聞く」

「被害の実状を知った」

どちらも似たような言葉ですが、
一体何が違うのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

実情の意味

 

まず、「実情」の方を辞書で引くと
次のように書かれています。

【実情(じつじょう)】

物事の実際の事情・情況。

偽りのない心情。真情。まごころ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

実情」とは、
「(内面的な)実際の事情・状況」という意味です。

 

一つずつ説明すると、

内面的」=「目に見えない様子

事情」=「理由や経緯を含めた現在の様子

という意味です。

つまり、もっと分かりやすく言うと、
外から見ても分からないような様子のこと」を
「実情」と言うわけですね。

 

使い方としては、以下のように使います。

被災地の実情を国民に伝えることは重要だ。

「被災地の様子」というのは、
多くの人は表面的なニュースでしか知りません。

そのため、
なかなか見えてこない様子や状況を、
実際に足を運んで伝えるということですね。

 

実情」は、一般的には
①の意味で使うことが多いです。

ただし、場合によっては
②の「真情(しんじょう)
という意味で使うこともあります。

 

この場合は、以下のような使い方です。

彼の言葉には、珍しく実情が表れていたようだ。

意味としては、
「彼の言葉にはウソのない本音が表れていた」
と考えればよいでしょう。

 

念のため、「実情」の語源も確認しておくと、

」は、「実際」や「真実」の「実」

」は「事情」や「感情」の「情」を表します。

 

すなわち、漢字の語源的には

実情」=「本当の事情」「本当の感情

となるわけですね。

ここから、
実情」=「実際の事情・状況。真情」という意味になるのです。

実状の意味

 

続いて、「実状」の意味です。

【実状(じつじょう)】

物事の実際の事情・情況。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

実状」とは、
「(外面的な)実際の事情・状況」という意味です。

「外面的」とは、「目に見える様子のこと」だと考えてください。

 

こちらも使い方を確認しておきましょう。

被害の実状をしっかりと報告する。

この場合は、車で言えば事故、家で言えば損壊など
目に見えるような被害状況を報告するという意味です。

 

「実状」の語源も確認しておくと、

「実」は「実情」と同じで、
「実際」や「真実」の「実」という意味です。

そして、「」に関しては
「状況」や「状態」の「状」を表しています。

 

よって、漢字の語源的には

実状」=「本当の状況」「本当の状態

となるわけですね。

ここから、

実状」=(目に見えるような)実際の事情・状況。

という意味になるのです。

スポンサーリンク

実情と実状の違い・使い分け

実情 実状 違い

 

では、ここまでの内容を整理しておきましょう。

実情」=(内面的な)実際の事情・状況。真情。

実状」=(外面的な)実際の事情・状況。

ということでした。

 

両者の違いは2つに分けて考えると分かりやすいです。

 

1つ目は、
内面的か外面的か」ということです。

 

「実情」の方は、
目に見えないような内面的な様子を表します。

例えば、「芸能界の実情」であれば、
「外から見ても分からないような裏事情」
という意味が強調されるのです。

 

一方で、「実状」の場合は
目に見えるような外面的な様子を表します。

よくあるのが、
「被害の実状」という言い方ですね。

「被害」というのは、
実際に目に見えていることが多いので、
「実状」の方を使うのです。

 

そして2つ目は、
本当の気持ちという意味を含むかどうか」です。

 

「実情」は、
「本当の気持ち」という「感情」の意味でも使えます。

ところが、
「実状」の方はこのような使い方はできません。

その理由は、両者の漢字を比較すれば一目瞭然でしょう。

 

「実情」の「」は、
「心情」「感情」などがあるように人間の精神面を表す言葉です。

一方で、「実状」の「状」は、
物事の様子を表す言葉です。

したがって、
感情や気持ちを伝えるような場合は
「実情」の方しか使えないわけです。

 

ただし、実際には「感情」の意味の時は、
「実情」よりも「真情」そのものを使うことが多いです。

よって、
「内面的か?外面的か?」という基準が、
実質的な使い分けになると言えるでしょう。

 

ところで、
「内面的か外面的か」という判断は、
場合によってはその線引きが難しいケースもあります。

そのため、
新聞やテレビなどのメディアでは
実情」の方で統一している
ようです。

逆の言い方をすると、
「実状」の方は使わないということですね。

 

これは、混乱をさけるためと、
「実情」の方が「感情の意味」でも使えるから
だと思われます。

つまり、どちらも実際には使われているが、
「実情」の方がより一般的な言葉という結論になります。

 

ちなみに、
「実情」とよく似た単語で「実態」がありますが、
こちらも混同している人が非常に多い言葉です。

「実態」については以下の記事で詳しく解説していますので
ぜひ確認してみてください。

>>実態と実体の違いとは?意味や使い分けも

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では最後に、それぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【実情の使い方】

  1. 芸能界の実情が、A氏によってついに暴露された。
  2. 被災地の実情を調査し、メディアでは放送されない経緯を知った。
  3. 生活苦に苦しむ人たちの実情は、想像を超えるものであった。
  4. 彼は自分の感情を抑えていたが、ついに実情を暴露した。

 

【実状の使い方】

  1. 警察官はすぐに現場に到着し、被害の実状を報告した。
  2. 学生時代の実状は、「風呂なしアパートに共同生活」というひどいものだった。
  3. 若者の車離れの実状を、目の当たりにする。
  4. バブル崩壊後の不動産業界は、不安定な実状が続いた。

 

すでに説明した通り、「実情」の方の例文は、
目に見えないような内面的な様子に対して使われていますね。

対して、
「実状」の方は目に見えるような外面的な様子に
使われていることが分かるかと思います。

両者を比較して、場面によって使い分けるようにしてください。

関連記事:>>状況と状態の違いとは?意味や情況の使い分けも

関連記事:>>別状と別条の違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回の内容をまとめると、

実情」=(内面的な)実際の事情・状況。真情。

実状」=(外面的な)実際の事情・状況。

【違い】⇒実情は内面的だが、実状は外面的。また、実状は「真情」という意味では使えない。

【使い分け】⇒どちらも使えるが、メディアは「実情」で統一。(実情の方がより一般的な言葉)

ということでしたね。

 

ポイントは、それぞれの語源を
覚えておくことだと言えるでしょう。

違いを忘れそうになったら、
「どのような漢字の成り立ちになっていたか?」
を思い出すようにしてください。

では、今回は以上です。

スポンサーリンク