この記事の読了時間: 52

煩雑 繁雑 違い 使い分け

 

煩雑」と「繁雑

どちらも普段から使われている言葉ですね。

煩雑な手続き」「繁雑な仕事」

この2つの使い分けに迷う人は多いかと思います。

そこで今回は、
「煩雑」と「繁雑」の違いについて詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

煩雑の意味・読み方

 

まずは、「煩雑」の意味からです。

【煩雑(はんざつ)】

こみいっていてわずらわしいこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

煩雑(はんざつ)」とは、
こみ入っていて煩わしいこと」を言います。

「こみ入る」とは「物事の仕組みが複雑なこと」

「煩(わずら)わしい」とは、
「面倒くさい」という意味だと思って下さい。

つまり、
物事が複雑で面倒くさいこと」を
「煩雑」と言うわけですね。

 

使い方としては、以下の通りです。

裁判は煩雑な手続きなため、弁護士に依頼した方がよい。

このように、「煩雑」は
何か複雑なことに対して「面倒くさい!」
と感じた場合に使うと考えて下さい。

繁雑の意味・読み方

 

続いて、「繁雑」の意味です。

【繁雑(はんざつ)】

なすべきことなどが多すぎて、ごたごたしていること。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

繁雑(はんざつ)」とは、
物事が多くてごたごたしていること」を言います。

「ごたごた」とは、
まとまりがない様子のこと」ですね。

ごちゃごちゃ」と言い換えてもよいでしょう。

すなわち、
物事が多くて、ごちゃごちゃした様子」を
「繁雑」と言うわけです。

 

こちらも例文を紹介しておきます。

たまの休みだが、繁雑な家事に時間をとられてしまった。

この場合は、料理や洗濯、風呂掃除・トイレ掃除など
たくさんやることがあり、時間がとられてしまったということですね。

「繁雑」はこのように、
物事のまとまりがない様子に対して使うのです。

スポンサーリンク

煩雑と繁雑の違い

煩雑 繁雑 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

煩雑」=物事が複雑で面倒くさいこと。

繁雑」=物事が多くてごたごたしていること。

ということでした。

 

両者の違いは、2つの点から
比較すると分かりやすいでしょう。

1つ目は、
人の気持ちが含まれるかどうか」です。

 

「煩雑」の方は、
「面倒くさい・わずらわしい」という人の気持ちが含まれます。

ところが、「繁雑」の方は、
そのような心理的な要素は含まれていません。

これはなぜかと言うと、両者の語源に関係しているからです。

 

」という字は、元々
火が燃えるように頭がイライラする」という意味でした。

これは「煩悩(ぼんのう)」などの言葉も
あることからも分かるかと思います。

一方で、「」という字は、
元々「どんどん増える」という意味でした。

こちらは「繁殖(はんしょく)」などの言葉と同じイメージですね。

つまり、「繁」の方は
感情抜きに、単に量が多い」という意味を表しているのです。

なので、「繁雑」の方には人の気持ちは含まれないわけです。

 

2つ目は、
何を強調するか」です。

 

「煩雑」の方は、物事の複雑さを強調します。

一方で、「繁雑」の方は、
物事の多さを強調するのです。

どちらも「雑」という字があるので、
「ごちゃごちゃしている」という意味は含んでいます。

しかし、「繁雑」の方は、
どちらかというと物事の量に対して
スポットが当てられているのです。

したがって、「繁雑」は仕事や作業など
量が多いものに対して使う傾向にあります。

一方で、
「煩雑」の方は、手続きや方法など
何らかの仕組みに対して使うことが多いのです。

 

まとめると、

煩雑」=面倒くさいという気持ちが含まれる。複雑さを強調)

繁雑」=人の気持ちは含まれない。(物事の多さを強調)

となります。

スポンサーリンク

煩雑・繁雑の類義語

 

「はんざつ」の「類義語」も確認しておきます。

 

【繁雑の類義語】

複雑(ふくざつ)」⇒物事の事情や関係が、込み入っていること。

面倒(めんどう)」⇒手間や時間がかかり、わずらわしいこと。

厄介(やっかい)」⇒扱いに手数がかかり、わずらわしいこと。

混迷(こんめい)」⇒複雑に入り混じっていて、見通しがつかないこと。

錯乱(さくらん)」⇒入り乱れて秩序がないこと。ごちゃごちゃになること。

 

【繁雑の類義語】

手間(てま)」⇒それに費やされる時間や労力。

手数(てかず)」⇒それをするのに必要な作業などの数。

繁多(はんた)」⇒物事や用事が非常に多いこと。

多忙(たぼう)」⇒忙しくてやることが多くある様子。

多事(たじ)」⇒仕事や用事が多く、忙しいこと。

煩雑・繁雑の対義語

 

逆に、「対義語」としては以下のような言葉が挙げられます。

 

【繁雑の対義語】

簡易(かんい)」⇒物事が簡単でたやすいこと。

簡略(かんりゃく)」⇒手短で簡単なこと。

簡素(かんそ)」⇒飾り気がなく、質素なこと。

平易(へいい)」⇒やさしいこと。たやすく理解できること。

単純(たんじゅん)」⇒混じり気がないこと。他の要素などが入ってないこと。

 

【繁雑の対義語】

簡略(かんりゃく)」⇒手短で簡単なこと。

簡素(かんそ)」⇒飾り気がなく、質素なこと。

閑暇(かんか)」⇒することが何もなく、暇なこと。

スポンサーリンク

 

使い方・例文

 

では、最後に両者の使い方を例文で確認しておきましょう。

 

【煩雑の使い方】

  1. 煩雑さを避けるためには、専門家に任せたほうがよい。
  2. 手書きのみで書類を申請するのは、煩雑すぎる。
  3. 煩雑な手続きが必要なため、その法案は否決となった。
  4. 身分証明をする手間は煩雑だが、防犯には必要不可欠だ。
  5. 煩雑な状況なので、もっとシンプルにしてください。

 

【繁雑の使い方】

  1. 月末が近づいてくると、いつも繁雑な仕事に追われる。
  2. AIの発達により、繁雑な事務作業はだいぶ減った。
  3. 繁雑を極める仕事により、プライベートの時間がすり減った。
  4. 共働きの主婦にとって、繁雑な家事労働は大きな負担となる。
  5. 繁雑な仕事は減らして、スケジュール管理をした方がいいよ。

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

煩雑」=込み入っていて煩わしいこと。複雑さを強調)

繁雑」=物事が多くてごたごたしていること。多さを強調)

使い分け」⇒「わずらわしい」という人の気持ちを含む場合は「煩雑」を使う。

ということでした。

ポイントは、
「両者の語源を覚えておくこと」だと言えるでしょう。

では今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)