この記事の読了時間: 420

英気 鋭気 違い 意味 使い分け

 

今回は
英気」と「鋭気」の違いを解説していきます。

英気を養う

鋭気に満ちた

どちらもよく目にする言葉ですが、
この2つの使い分けは一体どう行えばよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

英気の意味・読み方

 

まずは、「英気」の意味と読み方です。

【英気(えいき)】

① 人より優れた才気・気性。

物事に積極的に立ち向かおうとする気力。やる気。元気。 「 -を養う」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

英気(えいき)」とは、
気力・やる気・元気などのこと」だと思ってください。

 

一般的に、「英気」は
後ろに「~を養う」がつくことがほとんどです。

「養う」とは、
蓄(たくわ)える」という意味ですね。

したがって、「英気を養う」とは、
何かに取り組むために気力を蓄える」という意味になります。

一言で、
元気をつける」と覚えてもよいでしょう。

 

では、「英気を養う」とは、
具体的にどのようなことを指すのですか?

以下は、簡単な例です。

 

  • 畑仕事をする前に、おいしいご飯を食べて元気をつける。
  • 明日の試験のために、たっぷり睡眠をとって体を休める。
  • 大事な仕事に備えて、温泉につかって体の疲れを取る。

 

何となくイメージがつきましたか?

つまり「英気を養う」とは、上記のように、
おいしい食べ物を食べたり休養をとったりして、
体をリフレッシュする時に使うわけですね。

 

ちなみに、「英気」には
人より優れた才気・気性。」という意味もあります。

ただし、
この意味で使うことは少ないので、
無理して覚える必要はありません。

鋭気の意味・読み方

 

続いて、
「鋭気」の意味と読み方です。

【鋭気(えいき)】

するどい気性。

強く激しい意気込み。元気な勢い。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

鋭気(えいき)」とは、
目標に対する強い意気込みのこと」だと思ってください。

 

例えば、以下のように使います。

試合前の彼の表情は、鋭気に満ちていた。

この場合は、「試合の勝利という目標」に対して、
彼が「強く意気込んでいた」ということですね。

 

鋭気」は、「持ちをくする」と書きます。

したがって、
気持ちを強く持つような場合に
「鋭気」を使うわけです。

 

一般的には、「鋭気」は

  • 鋭気に満ちた
  • 鋭気に富んだ
  • 鋭気があふれて

などの使い方が多いです。

スポンサーリンク

英気と鋭気の違い

英気 鋭気 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

英気」=気力・やる気・元気などのこと。

鋭気」=目標に対する強い意気込みのこと。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
体を休めるかどうか」だと言えるでしょう。

 

「英気」は、食事や睡眠を取るなど
人間の体調を整える場合に使います。

つまり、
体を休める時に使うのです。

一方で、
「鋭気」は戦いやスポーツの勝利など
何かの目標に対して使います。

この時に、
「体を休めたりリフレッシュしたり」
などの意味は特に含まれません。

 

まとめると、

英気」=人間の体調を整える場合に使う。(体を休める)

鋭気」=何かの目標がある場合に使う。(体は休めない)

となります。

 

ちなみに、「鋭気を養う
という使い方は間違いです。

なぜなら、「意気込み」というのは、
養う(回復させる)ものではないからです。

 

そもそも、「意気込み」は、
一度持てばそう簡単にすり減ったりはしません。

一方で、やる気や元気などは
ご飯を食べなかったり、睡眠をとらないと
簡単にすり減ってしまいますよね。

なので、「鋭気を養う」とは言わないのです。

「養う」という言葉は、気力・やる気・元気など、
日常生活ですり減るものが対象になると考えて下さい。

 

ちなみに、
それぞれの「類語」は以下のようになります。

【英気の類語】⇒「生気・活力・生命力・エネルギー・バイタリティー

【鋭気の類語】⇒「意欲・情熱・熱意・熱血・野心・大志・気勢

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【英気の使い方】

  1. みんなでごちそうを食べて、英気を養うことにした。
  2. 明日は大事な試験があるので、早めに寝て英気を養う。
  3. 英気を蓄えるために、たっぷりと温泉につかる。
  4. 今日は私のおごりなので、十分に英気を養ってください。
  5. 遊びすぎて英気を吸い取られないように、気をつけよう。

 

【鋭気の使い方】

  1. 彼の目は、絶対に負けまいとする鋭気に満ちていた。
  2. 鋭気に富んだ表情で安心したよ、今日は大一番だからね。
  3. 現場の兵士たちは、鋭気にあふれた表情をしていた。
  4. 決勝戦を目前に、選手たちは鋭気に満ちた表情をしていた。
  5. 鋭気を強く持たないと。雰囲気で負けないようにね。

 

「英気」は、その人のエネルギーや
バイタリティーを回復させるような時に使います。

対して、「鋭気」の方は、
目標に向かって感情を強くするような場合に使いますね。

似たような意味ですが、
使う場面はそれぞれ異なってきますので注意してください。

関連:>>節制と摂生の違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると

英気」=気力・やる気・元気などのこと。

鋭気」=目標に対する強い意気込み。

英気を養う」=何かに取り組むために気力を蓄える。(鋭気を養うは誤用)

ということでした。

「英気」は体調を整える場合に使い、
「鋭気」は目標がある場合に使うと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)