この記事の読了時間: 722

昔取った杵柄の意味とは 使い方 由来 類語 

昔取った杵柄」ということわざがあります。

普段はあまり聞かない言葉かもしれませんね。

特に若い人にとっては、
初めて聞く言葉ではないでしょうか?

実はこのことわざには、
深い由来があったのです。

 

この記事では、
昔取った杵柄」の意味・使い方・語源
などを詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

昔取った杵柄の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【昔取った杵柄(むかしとったきねづか)】

過去に鍛えた腕前。若いころに身につけた技能。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

昔取った杵柄」とは、
昔や過去に鍛えて習得した技能のこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

祖母の編み物の技術は、まさに昔取った杵柄と言えるよ。

この場合は、簡単に言うと
「祖母の編み物の技術が全く衰えていない」
ということですね。

 

年を取れば、多くの人は目が悪くなり
細かい作業は苦手になってしまいます。

ところが、
若いころにしっかり身につけた技術は
そう簡単にはなくなりません。

そこで、
年月を経ても十分に発揮できる技能
という意味でこの言葉を使うわけですね。

 

「昔取った杵柄」は、
「若いころに鍛えて身につけた腕前」
を表します。

したがって、基本的には年配やベテランなど
ある程度年を取った人に対して使う言葉
だと思ってください。

スポンサーリンク

昔取った杵柄の由来・語源

 

「昔取った杵柄」という言葉は、
どこから来たのでしょうか?

 

まず、「杵(きね)」とは、
餅(もち)などをつく時に使う木製の道具」を意味します。

そして、「柄(づか)」とは、
手で握る部分のこと」です。

すなわち、「杵柄(きねづか)」とは、
杵を手で握る部分」を指すわけですね。

 

昔は大みそかになると、
多くの家庭で自宅で餅をついていました。

餅をつくのは子供や母親ではなく、
一家の大黒柱である父親です。

ところが、そんな父親が隠居の身になっても、
ひとたび杵を握れば見事な腕前を発揮する者もいました。

ここから、
過去に身につけた技能は、いざという時に役に立つ
という意味で使うようになったわけですね。

 

意外に思う人も多いかもしれませんが、
「餅つき」という作業は高度なテクニックが必要です。

おいしい餅を作るには、
こねる人とテンポを合わせなければいけません。

 

また、餅が木にくっつかないように
タイミングよく水につける必要もあります。

冷静に考えれば、一日やそこらではなく、
何か月も練習しないと習得できない技術でしょう。

 

つまり、
餅つきの技術を、時間が経っても忘れないこと
はある意味当然だったわけですね。

 

ちなみに、辞書の説明だと
「昔取った」と書かれていますが、
元々の由来は「操(と)った」が正しいです。

 

「操」という字は、「操(あやつ)る」などがあるように
何かをうまく扱う・コントロールする」などの意味があります。

ようするに、
昔はうまく扱っていた杵柄」という意味で
元々は作られた言葉ということですね。

「取った」という表現は、あくまで
分かりやすくするための当て字だと認識しておきましょう。

昔取った杵柄は悪い意味?

 

ヤフーやグーグルで検索すると、
「昔取った杵柄」の関連ワードに
悪い意味」と出てくる場合があります。

この言葉を「良い意味・悪い意味」の
どちらで使うか迷う人が多いようですね。

 

結論から言うと、
良い意味でしか使わない言葉」だと思ってください。

 

「昔取った杵柄」は、
「身につけた技術が衰えていない」という意味です。

「技術が優れている」と言われて
うれしくない人はいませんよね?

したがって、このことわざは、
多くの場合相手への褒め言葉として使うのです。

 

では、なぜ多くの人が
悪い意味だと勘違いしているのでしょうか?

 

その理由は、
雀(すずめ)百まで踊り忘れず
と混同しているから
だと思われます。

「雀百まで踊り忘れず」とは、
「幼い時に身につけた習慣は、いくつになっても忘れない」
という意味です。

 

こちらは「悪い習慣や道楽」など、
ネガティブな意味として使う言葉です。

例えば、
「浮気をする癖」「ギャンブルの習慣」
といったものですね。

「昔取った杵柄」は、
悪い意味では決して使いませんので、
混同しないようにしましょう。

スポンサーリンク

昔取った杵柄の類語・対義語

昔取った杵柄 類語 対義語

 

続いて、「昔取った杵柄」の
「類語」と「対義語」です。

【類語】

【亀の甲より年の功(かめのこうよりとしのこう)】

年長者の経験は尊ぶべきであること。

「功」とは「きわめて長い年月のこと」を指します。

「甲羅」の「甲」と
「功績」の「功」を掛け合わせた言葉です。

【老いたる馬は道を忘れず(おいたるうまはみちをわすれず)】

経験豊かな人は、判断が適切であること。

年の取った馬は道を良く知っていて迷うことがないため。

【医者と坊主は年寄りがいい(いしゃとぼうずはとしよりがいい)】

医者や僧は年を重ねて経験を積んだ者の方がいい。

「坊主」とは「僧侶のこと」を指します。

【昔の勘を取り戻す(むかしのかんをとりもどす)】

かつて持っていた技術や能力を再び取り戻すこと。

ことわざで、
「年長者の経験や技術を称賛するもの」
は比較的多い印象ですね。

一般的な語だと、
熟練・技能・達者」などが
分かりやすいのではないでしょうか?

また、慣用句では
年季が入る」も「類語」と呼べますね。

参考:>>年季が入るの意味とは?例文や使い方・類語も解説

 

逆に、「対義語」としては、
以下の4つが挙げられます。

【昔千里も今一里(むかしせんりもいまいちり)】

昔優れていた者でも、年をとると凡人以下になること。

千里走れていた名馬も、年を取ると一里しか走れないため。

【麒麟も老いては弩馬に劣る(きりんもおいてはどばにおとる)】

すぐれた人物も、年老いると凡人に劣るようになること。

「麒麟(きりん)」とは「一日に千里も走る名馬」

「弩馬(どば)」とは「足が遅いのろまなな馬」を指します。

【昔の剣、今の菜刀(むかしのつるぎ、いまのながたな)】

昔すぐれた人物でも、老いた今は役に立たなくなること。

「菜刀(ながたな)」とは、
「野菜しか切れないナイフ」を意味します。

【老いては子に従え(おいてはこにしたがえ)】

年を取ってからは、何事も子供に任せた方がいい。

こちらは、
ネガティブな意味として使うことわざ
だと思ってください。

一般的な言葉だと、
老いる・老けこむ・衰える
などが分かりやすいでしょう。

昔取った杵柄の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「昔取った杵柄」は
「英語」だと次のように言います。

 

old hand

using one’s experience from the past

 

「old hand」は、直訳すると
「古い手」となります。

一見すると、
失礼な表現にも聞こえますが、

ここでは、
時間が経った腕前・手腕」といった訳で
考えると分かりやすいでしょう。

英語圏では、
「年長者でも腕前が落ちない人」を
尊敬を込めて「old」をつけるのです。

 

また、後者の方は
過去の経験を使う」と訳すと分かりやすいですね。

こちらは少々堅い文章に対して使う表現です。

 

例文だと、
以下のような感じになります。

She is an old hand at cooking.
(彼女は料理の達人である。)

He is using his experience from the past at hunting.
(彼は狩猟の名人である。)

スポンサーリンク

昔取った杵柄の使い方・例文

 

最後に、「昔取った杵柄」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 祖父は昔取った杵柄だけあり、書道をやらせたらさすがだ。
  2. 昔取った杵柄で、経済に関する知識は誰にも負けないよ。
  3. 昔取った杵柄だけあって、校正なら慣れたものです。
  4. 彼は以前、大工職人だったようだね。まさに、昔取った杵柄だよ。
  5. 昔取った杵柄を見せてやる!」と職人はいきり立った。
  6. 年の割には体が動いたよ。昔取った杵柄だと感じたね。
  7. そんなに大したことはないですよ。昔取った杵柄です。

 

すでに説明した通り、「昔取った杵柄」は
相手へのほめ言葉として使うことがほとんどです。

多くは、若い頃に習得した
能力やスキルを対象とします。

 

ただし、まれに
自分自身に対して使うこともあります。

例えば、
最後の2つの例文です。

この場合は、自分を客観視したり
謙遜したりするような場合ですね。

 

自分自身に対して使う場合は、
経験がある」ということを
遠回しに伝えることができます。

ぜひ一つの用例として覚えておきましょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

昔取った杵柄」=昔や過去に鍛えて習得した技能。若い頃に鍛えて身につけた腕前。

語源・由来」=昔うまく扱っていた杵柄。(「取った」は「操った」が元)

使い方」=良い意味で使う。(相手へのほめ言葉)

ということでした。

 

「昔取った杵柄」は、一見すると
ネガティブな印象を抱くかもしれません。

「昔」という過去のワードが入っていますからね。

しかし、
実際は良い意味として使えますので、
使える場面では積極的に使っていきましょう。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク