この記事の読了時間: 525

後塵を拝するとは 意味 使い方 例文 由来

 

後塵を拝する」という慣用句をご存知ですか?

中国の故事が元になった言葉ですが、
多くの人が初めて聞いたかと思います。

難しい言い回しなので、
なかなかイメージがつかみにくいですよね。

そこで今回は、
「後塵を拝する」の意味や由来・使い方
などについて詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

後塵を拝するの意味

 

まずは、この言葉の意味と読み方です。

【後塵を拝する(こうじんをはいする)】

他人に先んじられる。後れをとる。

身分の高い人や勢力のある人につき従う。

出典:三省堂 大辞林

後塵を拝する(こうじんをはいする)」には2つ意味があります。

1つ目は、
他人に先を行かれる・後れをとる」という意味です。

この場合は、以下のように使います。

「新薬の研究開発が遅れたため、ライバル会社の後塵を拝することになった。」

意味としては、
「ライバル会社に先を行かれた」ということですね。

 

そして2つ目は、
身分の高い人や力のある人に付き従う」という意味です。

この場合の使い方としては、以下の通りです。

国王の側近として、その家来は後塵を拝するように参列した。

つまり、
「国王に付き従うように参列した」ということですね。

 

両者の大まかなイメージですが、

①は「走っている途中で誰かに追い抜かれるような様子

②は「偉い人にペコペコ従うような様子」を想像すると分かりやすいかと思います。

どちらの意味で使えますが、
一般的には①の意味で使われることが多いと考えて下さい。

後塵を拝するの由来・語源

 

続いて、「後塵を拝する」の由来を確認していきましょう。

 

元々この言葉は、
中国の『晋書(しんじょ)』という書物が元となっています。

「晋書」の中の一節に次のような話があります。

広城君(こうじょうくん)と呼ばれる権力者が馬車で外出するたびに、
石崇(せきこう)という家来が
舞い上がる後塵に向かって拝するように見送った。

後塵」とは、
「人や馬車が通った後に舞い上がる土ぼこり」のことです。

現在でも、「塵」は「ちり」とも読める漢字ですよね。

そして、「拝する」とは、
「拝見」「拝借」などの言葉があるように、
ありがたく拝む」という意味です。

 

よって、先ほどの文を簡単に訳すと、
先を行く人の土ぼこりを、ありがたく拝む」という意味になります。

つまり、元々は
身分の高い人や権力者にこびへつらう」という意味だったわけですね。

転じて、現在では主に
「先を行かれる・遅れをとる」という意味で使われているのです。

後塵を拝するの類語・対義語

後塵を拝する 類語 対義語

 

続いて、「後塵を拝する」の
「類語」と「対義語」を紹介します。

まずは、「類語」です。

【後手に回る(ごてにまわる)】

他人に先を越されて、受け身になること。

「後手」とは、「先手」「後手」などのように
「後ろの番」という意味です。

【引けを取る(ひけをとる)】

負けること。劣ること。

「引け」には、
「退却・撤退」などの意味があります。

【機先を制される(きせんをせいされる)】

人より有利な立場に立たれること。

「機先」とは「先の機会」、つまり「先手」という意味です。

【風下に立つ(かざしもにたつ)】

他に後れをとること。劣ること。

「風下」とは、「物事の流れの後ろ」を意味します。

「後塵を拝する」は、
「誰かの後ろの順位になること」を意味します。

言い換えれば、「負ける」ということです。

したがって、
「誰かに負けること・敗北すること」などの言葉も類語となります。

 

また、「権力者に付き従う」という意味では、

  • こびへつらう
  • 追従する
  • 機嫌を取る
  • ゴマをする
  • ペコペコする

なども「類語」と言えるでしょう。

 

逆に、「対義語」としては
以下のような言葉が挙げられます。

  • 先を行く
  • 追い抜く
  • 先手に回る
  • 優位に立つ

こちらは「他人に対して先を行く」
という意味の言葉となりますね。

後塵を拝するの英語訳

 

続いて、英語訳です。

「後塵を拝する」は英語だと次のように言います。

 

play second fiddle to

take second billing to

 

fiddle」は「バイオリン」を意味するので、
「play second fiddle to」で「第2バイオリンを引く」という訳になります。

転じて、
「(人の)後ろにつく」という意味で使うことができます。

 

また、「billing」とは、「順位・序列」という意味です。

こちらは、
「2番目の順位を取る」ということですね。

 

例文だと、それぞれ以下のような形です。

He played second fiddle to her.
(彼は彼女の後塵を拝することになった。)

He took second billing to his junior.
(彼は後輩の後塵を拝することになった。)

後塵を拝するの使い方・例文

 

最後に、「後塵を拝する」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 彼は若いうちに出世したが、その後は部下の後塵を拝することになった。
  2. 学校の定期テストでは、私は常に彼の後塵を拝していた。
  3. 幼なじみの彼女の後塵を拝することになるとは、夢にも思わなかったよ。
  4. 今期の決算だが、残念ながらライバル会社の後塵を拝する形となった。
  5. バレンタイン商戦では、他社の後塵を拝する結果に終わった。
  6. 先生の後塵を拝して、大学へ合格することができました。

 

「後塵を拝する」は、「先を行かれる・後れをとる
または「権力者に付き従う」などの意味でした。

ただし、例文を見ても分かるように、
やはり「先を行かれる・後れを取る」という意味で使うことの方が多いです。

特にビジネスでの商戦に使われることが多いですね。

 

ビジネスの世界では、常にライバル会社との競争にさらされています。

「今年は勝てそうだ・・・でも、ライバル会社に負けてしまった」

そんな時に、「残念ながら、先を行かれた」
という意味でこの言葉を使うわけです。

なので、現在では元々の「追従」という意味よりも
「屈辱」や「嫉妬」などのネガティブな意味の方が強い言葉と言えるでしょう。

関連:>>唯々諾々の意味とは?使い方や例文・類語も解説

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

後塵を拝する」=①他人に先を行かれる・後れをとる。身分の高い人や権力者にこびへつらう。

由来」=先を行く人の土ぼこりを、ありがたく拝むことから。(後塵とは後ろに舞い上がるチリのこと。)

類語」=「後手に回る・引けを取る・機先を制される・こびへつらう・追従する」など。

英語」=「play second fiddle to」「take second billing to」

ということでしたね。

 

覚え方としては、
ろの(ちり)を拝む部下の姿」を想像しておきましょう。

では、今回は以上です。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)