この記事の読了時間: 519

無い袖は振れない 意味 語源 使い方 類語

 

人からの頼まれごとを断った経験を持つ人は多いと思います。

断る方も断られる方も、
決して良い気分がするものではありませんよね。

もしもお金の絡む話なら、なおさら円満に済ませたいものです。

そんな時に活躍することわざに、
無い袖は振れない」があります。

 

今回は「無い袖は振れない」の
意味・語源・使い方について解説していきます。

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

無い袖は振れないの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【無い袖は振れない(ないそではふれない)】

実際にないものはどうにもしようがない。持っていないものは出せない。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

無い袖は振れない」とは、
実際にないものはどうしようもない」という意味です。

金銭について言うことが多く、
主に借金や融資を断る時に「資金力がない」という意味で使われます。

 

例えば、以下のような使い方です。

あなたの借金返済のために力になってあげたいが、無い袖は振れないよ。

助けを求めてきた相手には、
できる限りのことをしてあげたいと思うものです。

ところが、
力になりたい気持ちは山々でも
できることには限界があります。

そもそも、お金がなければどうにもできないですからね。

このように、「無い袖は振れない」とは、
協力したい気持ちはあるのに実際には何もできない様子
を表す時に使うわけです。

 

ちなみに、このことわざは
「無い袖は振れぬ」「有る袖は振れど無い袖は振れぬ」
という言い方をする場合もあります。

いずれも全く同じ意味だと考えて問題ありません。

無い袖は振れないの語源・由来

 

次に、「無い袖は振れない」の
語源・由来について見ていきましょう。

 

元々この言葉は、
着物の袖(そで)の中に、金品を入れていたこと」に由来します。

「袖」とは、「着物における腕を通す部分」を指し、
江戸時代ではこの袖の中に金品を入れて持ち歩いていたのです。

当時は、今のようにポケットやカバンがない時代なので、
ちょっとした品物などは袖の中に入れていたわけですね。

 

ここで話を深堀りしていきますと、
お金を借りたい人の袖がなかった場合、
相手からお金を借りることはできませんよね?

何も入れる所がないので、当然でしょう。

 

つまり、相手からすると
着物に袖がなければ、振りたくても振れない(お金がないことをアピールできない)
ことになります。

転じて、
「ないものはどうしようもない」「持っていないものは出せない
などの意味になったわけです。

現在でもこの名残は強いため、「無い袖は振れない」は、
金銭的な援助や返済を断る時に使うことが多いです。

スポンサーリンク

無い袖は振れないの類語

無い袖は振れない 類語

 

続いて、
「無い袖は振れない」の類語をご紹介します。

【鼻血も出ない(はなぢもでない)】

お金を使い切って、まったくない。

「出すものはすべて出し切った」という意味から、
有り金をすべて使い果たした様子を例えています。

【素寒貧(すかんぴん)】

まったくお金がない人や様子。

単に「貧乏」ということを表すよりも、
貧しい人をけなしたり、貧しい自分自身に対して自虐的に使う言葉です。

【無い物は無い(ないものはない)】

「無い」ということを強調した言い方。

【無きに等しい(なきにひとしい)】

無いと同然であるということ。

紹介した4つのうち、最初の2つに関しては
「資金力がない」ということを表しています。

残りの2つは、金銭に関わらず、
単に「ない」という意味だと考えてください。

いずれも似たような意味ですが、「無い袖は振れない」は、
「本当は力になりたい」という気持ちが込められている点が
他4つと多少異なります。

無い袖は振れないの英語

 

次は、英語訳です。

「無い袖は振れない」と似た意味を持つ
英語のことわざをご紹介します。

 

Nothing comes from of nothing.(無から有は何も生じない。)

「何もないところからは何も生まれない」という意味になり、
「無い袖は振れない」と同じように使うことができると言えます。

 

You can’t take blood from a stone.(石から血を取ることはできない。)

「どんなに頑張っても、できないという結果は変わらない」
ということを表したことわざです。

 

他にも、次のような言い方もできます。

I can’t give what I don’t have.(持っていないものを与えることはできない。)

 

日本では、「着物の袖がない」=「お金がないこと」を表すと説明しました。

逆に、英語圏などの着物を着る文化のない所では、
「お金」というニュアンスは含まれていないことが分かりますね。

スポンサーリンク

無い袖は振れないの使い方・例文

 

最後に、「無い袖は振れない」の
使い方を例文で確認しましょう。

 

  1. 滞納している家賃を今すぐにでも払いたいが、無い袖は振れない
  2. 力になってあげたいのは山々だが、とにかく無い袖は振れないよ。
  3. 借りたお金の返済日は過ぎているが、無一文なので無い袖は振れない
  4. 力を入れた企画なので出資してほしいが、「無い袖は振れない」と言われてしまった。
  5. 援助したい気持ちは山々だけど、私も給料日前なので、無い袖は振れない
  6. レンタカーを壊してしまい修理代を請求されたが、無い袖は振れない

 

お金の話というのは、
信頼関係にも関わってくるデリケートな問題です。

できればトラブルは避けたいですよね。

「無い袖は振れない」は、
「本当は力になりたいのにできない」という意味を含むので、
言われた側は納得するしかありません。

なので、「力になりたい」というのが本心でないにしても、
事態を穏便に済ませるには効果的な言葉と言えます。

 

逆に言うと、それが民事訴訟などの場面では、
かえって害になってしまうことがあります。

例えば、損害賠償請求をして勝訴した場合でも、
相手に支払い能力がない場合、お金を回収することはできません。

このように、泣き寝入りするしかない状態のことを
法律関係者の間で「無い袖は振れない」と言うことがあります。

新聞などでもよく使われるので、
こちらの使い方もぜひ覚えておきましょう。

まとめ

 

では、今回のまとめです。

無い袖は振れない」=実際にないものはどうしようもない。

語源・由来」=着物の袖の中に、金品を入れていたことから。(着物に袖がなければ、振りたくても振れない様子)

類語」=「鼻血も出ない・素寒貧・無い物は無い・無きに等しい」など。

「英語」=「Nothing comes from of nothing.」「You can’t take blood from a stone.」

 

「無い袖は振れない」の意味や使い方はお分かりいただけましたか?

使う機会がないことが望ましいですが、
断り方の1つとして知っておくと役に立つかもしれませんよ。

スポンサーリンク