この記事の読了時間: 64

雌雄を決する 意味とは 語源 由来 例文

 

雌雄を決する戦い」という言い方はよく聞きますね。

気になるのは、「雌雄」という言葉だと思います。

初めて聞いた人は、
「めす」と「おす」のどっちが決まることなの?
と疑問に感じる人も多いでしょう。

そこで今回は、
「雌雄を決する」の意味や由来・語源
などを含め詳しく解説しました。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

雌雄を決するの意味

 

まずは、この言葉の意味です。

【雌雄を決する(しゆうをけっする)】

戦って勝ち負けを決める。決着をつける。

出典:三省堂 大辞林

雌雄を決する」とは、
勝ち負けを決める・決着をつける」などの意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

明日は高校野球の決勝日だね。まさに、雌雄を決する日になるだろう。

この場合はつまり、
泣いても笑っても決着が着く」「ついに優勝チームが決まる
ということですね。

「雌雄を決する」は、このように、
二者が競い合い、勝ち負けをはっきりさせるような時
に使うと考えて下さい。

多くはスポーツやビジネス・政治など
競争が激しい業界において使われます。

雌雄を決するの語源・由来

 

続いて、この言葉の由来を確認していきましょう。

「雌雄を決する」は、
中国の書物である『史記(しき)』の内容が元となっています。

 

「史記」の中の一節で、
「項羽(こうう)」という人物が次のような言葉を残しました。

「願わくは漢王との戦いを挑み、雌雄を決せん。

これを簡単に訳すと、
できれば漢王と戦い、決着をつけたい」という意味になります。

当時の「項羽」は、
長年に渡る戦争にうんざりしていました。

そこで、ライバルの漢王に対して
一騎討ちによる決着を望むことになります。

要するに、
しびれを切らして対決を申し出たわけですね。

 

では、なぜ「雌雄を決すること」が、
決着をつけることにつながるのでしょうか?

 

それは、「雌雄」が動物の性別を意味しているからです。

冒頭でも少し触れたように、
」は「メス」「」は「オス」とも読める漢字です。

一般的には、動物は「メス」よりも
「オス」の方が強いですよね?

肉食動物の「ライオン」、あるいは
草食動物の「シカ」などを見ても一目瞭然でしょう。

 

そのため、
どちらが雌でどちらが雄かはっきり決めること」から
決着をつける」という意味になったわけですね。

 

もちろん、
メスの方がオスよりも強いという場合もあります。

例えば、自然界で言えば、
カマキリなどはメスの方が強いと言われています。

なので、あくまで一般論の話だと思ってください。

スポンサーリンク

雌雄を決するは差別用語?

雌雄を決する 差別 フェミ

 

ところで、「雌雄を決する」をネットで検索すると、
関連ワードで「差別」「フェミ」などの言葉が出てきます。

※「フェミ」とは「フェミニスト(feminist)」の略で、
「女性の権利拡張や、男女平等を主張する人のことを指します。」

 

なぜ、このようなワードで検索する人が多いのか。

その理由は、
「男性=勝者」「女性=敗者」と決めつけてしまうのでは?
という意見があるからだと思われます。

 

すでに説明した通り、
元々はこの言葉は大昔の中国の話がモデルとなっています。

当時は、「男尊女卑(だんそんじょひ)」と言い、
「女性」=「か弱い生き物」という考え方が主流でした。

しかし、現代では、
「男女平等」が当たり前のように浸透している世の中です。

そのため、
当時の感覚と現代の感覚に
ギャップが生まれているのでしょう。

 

個人的には、
「雌雄を決する」を差別用語と決めつけるのは、
ナンセンスだと思いますね。

そもそも「男」と「女」は、
肉体や脳の構造が全く別の生き物
ということが科学的に証明されています。

 

男には男、女には女の良さがあるのではないでしょうか?

確かに女性が男性にパワーで敵わないのは事実です。

しかし「パワー」では負けていても、
「包容力」「温かさ」「慈愛」など、
女性には良い面がたくさんありますからね。

 

もしもどうしても気になるという人がいれば、
「場面によって使い分ける」という選択肢を取るのも一つの方法かもしれません。

今から紹介するように、
「雌雄を決する」は言い換え表現が数多くありますので、
何もこの言葉だけを使わないといけないわけではないです。

雌雄を決するの類語

 

では、その言い換えを含め、
「雌雄を決する」の類語を紹介します。

 

  • 白黒つける
  • 勝負を決める
  • 優劣を決める
  • 決着をつける
  • 終止符を打つ
  • けりをつける
  • 方(かた)を付ける
  • 清算する

 

いずれも、「勝ち負けをはっきりさせる」
という意味の言葉が「類語」となっていますね。

この中では、
白黒つける」が言い換えとしては最も適しているでしょう。

「白黒つける」は、元々囲碁が由来となった言葉ですが、
これでしたら相手に対しても周囲に対しても角が立たない表現かと思います。

雌雄を決するの英語訳

 

続いて、英語訳です。

「雌雄を決する」は英語だと次のように言います。

 

come to a showdown

fight a decisive battle with

 

まず、「showdown」は「対決・土壇場」という意味です。

これに「come to」が付くので、
「対決や土壇場が来る」⇒「決着をつける」という意味になります。

 

そして、「decisive」は
「決定的な・明白な」などを意味する形容詞です。

直訳すると、「決定的な戦闘を戦う」ので、
同じく「決着をつける」という意味になります。

 

例文だと、以下のような形です。

They finally came to a showdown.(彼らはついに雌雄を決することになった。)

He is going to fight a decisive battle with me.(彼は私と雌雄を決するつもりのようだ。)

スポンサーリンク

雌雄を決するの使い方・例文

 

では最後に、「雌雄を決する」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 雌雄を決する優勝決定戦が、ついに始まった。
  2. 首位チームとの直接対決が、雌雄を決する一戦となるだろう。
  3. 雌雄を決するために、対戦相手に決闘を申し込んだ。
  4. 因縁の二人が、雌雄を決するべくにらみ合っている。
  5. 彼らはいずれ、ライバルとして雌雄を決する日が来るだろう。
  6. 自民党の総裁選は、雌雄を決する激しい戦いとなった。

 

すでに説明した通り、「雌雄を決する」は、
勝ち負けをはっきりさせるような時に使うということでした。

その中でも、
大一番の戦いで使うことが多いと考えて下さい。

例えば、スポーツで言えば「決勝戦」、
政治で言えば「総裁選」などのイメージです。

 

逆に言えば、戦いは戦いでも
スケールが小さいような戦いに対しては
使わないと考えて問題ありません。

例えば、普段の些細なケンカなどについては
使わない表現なので注意しましょう。

関連:>>柔よく剛を制すの意味とは?由来や例文・類語を解説

関連:>>しのぎを削るの意味とは?由来や例文・類語を解説

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

内容を簡単にまとめると、

雌雄を決する」=勝ち負けを決める・決着をつける。

語源」=どちらがメスかオスかをはっきり決めることから。『史記』が由来。

類語」=「白黒つける・勝負を決める・優劣を決める・決着をつける」など。

英語」=「come to a showdown」「fight a decisive battle with」

ということでしたね。

 

人間は、「腕力」だけでなく
「知性」や「感性」など様々な要素を含んだ生き物です。

女性には男性にはない良さがたくさんありますので、
そのことも頭に入れた上でこの言葉を使ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク