この記事の読了目安: 619

おすそ分け意味 使い方 例文 類語 語源

 

おすそ分け」という言葉をご存知でしょうか?

漢字だと「御裾分け」とも表記し、
ビジネスなどにおいても用いられています。

ただ、誤用が多い表現なので使い方を間違えてしまうと
相手に失礼な印象を与えてしまう可能性もあります。

本記事では、「おすそわけ」の意味や語源、
類語、例文などを分かりやすく解説しました。

スポンサーリンク

おすそ分けの意味・読み方

 

まず、「おすそわけ」を辞書で引くと、
次のように書かれています。

「裾分 (すそわ)け」の美化語。お福分け。

⇒(多く「おすそわけ」の形で)もらいものや利益を、さらに他の者に分け与えること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

おすそわけ」とは、「裾分けの丁寧語」で、
もらいものや利益を他者に分け与えること」を意味します。

例えば、あなたが誰かから果物を大量にもらったとしましょう。

しかし、保存できるお菓子などとは違い、
果物は長期的に保存できるものではありません。

そこで、もらった果物を
友人に対して分け与えることにしました。

このような時に、
「いただいた果物を友人におすそわけした」などのように言うわけです。

つまり、「おすそわけ」とは、
他人からもらった品物をさらに誰かに分け与えることを意味するわけです。

 

なお、「おすそわけ」の「お」は、
ここでは「丁寧語」としての役割を果たしています。

名詞の頭に「お」が付くと、
相手に丁寧な印象を与えることができます。

【例】⇒「お酒・お金・お米・お昼・お名前・お住所」など。

「おすそ分け」の「お」もこれと全く同じ使い方だと考えてください。

スポンサーリンク

おすそ分けの語源・由来

 

次に、「おすそわけ」の語源を確認していきましょう。

まず「おすそわけ」で注目すべき言葉は「すそ」という言葉です。

すそ」は漢字だと「」と表記し、
衣服の下の縁(ふち)部分のこと」を指します。

よくズボンの裾上げをするなどと言いますが、
あれはつまりズボンの下の部分をあげてサイズを短くするという意味を表しています。

裾は地面に近い場所にあるので、当然汚れやすい箇所です。

このことから、
「汚れやすい」⇒「ダメな箇所」⇒「つまらない」
と意味が次第に転じていきました。

 

そして、「分ける」の方ですが、
これは文字通り「何かを分ける」という意味です。

個人から個人へ、あるいは個人から複数人へ
分け与えたり分配したりするような時に使う言葉です。

以上の事から考えますと、
「おすそわけ」=「つまらないものを分ける」という意味になります。

ここから転じて、現在の
自分がもらった物(余分な物やいらない物)を他人に分ける」という意味になるわけです。

目上の人に使ってもよいか?

 

「おすそわけ」という言葉には、
「つまらないものを与える」という一種のネガティブな要素が含まれています。

したがって、目上の人に使うのはおすすめできません。

もちろん、本当にいらないから分け与えるという意味を込めて
目上の人に与えるような人はいないかと思われます。

しかし、本来の語源から考えれば
やはり相手に対して失礼になるので使うことは避けた方が無難でしょう。

 

もしも目上の人に対して使うような場合は、別の言い方で
お福分け(おふくわけ)」という言葉を使うとよいです。

「お福分け」とは、
他人から頂いためでたいものを分ける」という意味の言葉です。

「福」という字は「幸福」の「福」などがあるように、
「めでたい・幸せ」などの意味があります。

めでたいものであれば、相手からしても当然もらいたいものです。

そのため、「お福分け」の場合は
目上の人に使っても失礼には当たらないのです。

「おすそわけ」は自分と同等、もしくは自分より下の相手にしか使えない言葉ですが、「お福分け」はどんな人であっても使える言葉だと言えます。

スポンサーリンク

おすそ分けの類義語

おすそ分け 類義語

続いて、「おすそわけ」の「類語」を紹介します。

 

  • 分ける
  • 与える
  • シェアする
  • 山分けする
  • 差し出す
  • 提供する
  • 譲り渡す
  • 振り分ける
  • 割り振る
  • お福分け
  • 分配する
  • 配分する

 

「おすそわけ」の類語は数多くありますが、
全く同じ意味の言葉すなわち「同義語」と呼ばれるものはありません。

この中では、「分ける」「与える」などは比較的近い意味ですが、これらの言葉には「もらったものを~」という意味までは含まれていないです。

また、「山分け」などもよく使われますが、
「山分け」は一部ではなく「均等に振り分ける」という意味があります。

おすそわけには均等という意味は含まれていないので、そこがわずかな違いだと言えるでしょう。

その他、先ほど紹介した「お福分け」も類語に含まれます。

最後の2つである「分配」と「配分」もよく使われますが、
両者の違いについては以下の記事で詳しく解説しています。

関連:>>配分と分配の違いとは?意味や使い分けを解説

おすそ分けの英語訳

 

続いて、英語訳です。

「おすそ分け」は英語だと「share」と言います。

 

「share」は、名詞だと「分け前・取り分・割り当て」などの意味があります。

また、動詞だと「分ける、分配する、共有する」などの意味もあります。

どちらもモノや利益を他者に分け与える意味があるので、
「おすそ分け」を表す英単語として使うことが可能です。

 

具体的な例文だと、次のようになります。

I shared the fruit I received yesterday with her.(昨日もらった果物を彼女にお裾分けした。)

I got a share from a friend in my neighborhood.(近所の友人からおすそ分けをもらった。)

I’m sorry to have received such a share.(こんなにおすそ分けをもらって申し訳ないです。)

スポンサーリンク

おすそ分けの使い方・例文

 

では、最後に「おすそ分け」の使い方を
例文で紹介しておきます。

 

  1. 近所の人から大量の野菜をもらった。余っているのでおすそ分けとして友人にもあげよう。
  2. ママ友からもらった果物が余っていてもう食べきれない。親戚におすそ分けをしないと。
  3. 一人暮らしだからこんなに食べ物をもらっても食べきれない。友人にもおすそ分けしよう。
  4. 以前彼から頂いたおすそ分けのお礼がまだだった。今度お菓子でも渡さないといけない。
  5. 上司からおすそ分けを頂いたので、お返しとしてこちらも何かあげとくべきだろうか。
  6. 本社で成功した素晴らしいノウハウを、こちらの部署でも御裾分けしていくつもりです。

 

「おすそわけ」という言葉は、一般には、
野菜や果物などの食べ物(特に生鮮食品)を指すことが多いです。

要するに、時間的、物理的に食べきれない量の食べ物ということです。

ただし、場合によっては
食べ物以外の対象にも使うことがあります。

例えば、最後の例文のようなパターンです。

この場合は、「ノウハウ(方法)」という
目に見えないものを他者に分け与えるという意味で使われています。

「おすそ分け」はこのように、
具体的なもの以外にも使われる言葉だと認識しておきましょう。

関連:>>お釈迦になるの意味とは?語源や由来・使い方を解説

まとめ

 

以上、本記事の内容をまとめておきます。

おすそ分け」=もらいものや利益を他社に分け与えること裾分けの丁寧語

語源・由来」=「すそ(衣服の下の部分で、汚れやすくつまらない箇所)」を分けることから。

別の言い方」=お福分け。(目上の人に対しても使うことができる。)

類義語」=「分ける・与える・シェアする・提供する・分配する・配分する」など。

英語訳」=「share(分ける・分配する・共有する)」

「おすそ分け」という言葉は非常に便利ですが、
同僚や仲間、部下などに対して使うものです。

目上の人に対して使う場合は「おすそ分け」ではなく、
「お福分け」の方を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)