この記事の読了時間: 60

柔よく剛を制すの意味とは 由来 例文 類語

 

柔道や合気道などに対して使われることわざがあります。

柔よく剛を制す」「剛よく柔を断つ

漢字だけを見ると、
スポーツという印象はあまり感じませんね。

ただ、私がそうだったのですが、
このセリフの続き由来が気になるという人が多いようです。

そこで今回は、「柔よく剛を制す」について詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

柔よく剛を制すの意味

 

まずは、基本的な意味と読み方です。

【柔よく剛を制す(じゅうよくごうをせいす)】

しなやかなものは、かたくて強いものの鋭い矛先を巧みにそらして、結局は勝利を得る。転じて、柔弱なものが、かえって剛強なものに勝つ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

柔よく剛を制す」は、
じゅうよくごうをせいす」と読みます。

よくある間違えとして、
「柔」を「にゅう」と読んでしまう人がいます。

にゅう」ではなく「じゅう」ですので気を付けましょう。

 

意味としては、
しなやかな方が、かえって固くて強いものを制すること」を言います。

「しなやか」とは、
「動きがなめらかでスムーズな様子」だと思ってください。

要するに、「柔軟性がある」ということですね。

 

使い方としては、以下のように使います。

柔よく剛を制す。柔道では基本の考えです。

普通に考えれば、柔道という競技は
「体格が大きな人が有利」というイメージですよね。

ところが、柔道では技をかける前に
まず体を崩す予備動作が必要と言われています。

なぜなら、体勢さえ崩してしまえば、
どんなにガッチリした大男でも
意外とあっさり転んでしまうからです。

 

逆に、体勢を崩さないまま技をかけようとしても、
なかなかうまく行きません。

よって、柔道では
力技ではなく体のしなやかさによって
相手を倒すことが重要になります。

ここから、
柔軟性を生かして堅固なものに勝つ」という意味で
「柔よく剛を制す」と言うわけです。

 

ここで注意すべきは、
柔軟性こそが必ず勝つという意味ではないということですね。

あくまで、
「やり方次第では柔軟性は堅固に勝てる」
という意味だと思ってください。

柔よく剛を制すの由来・語源

 

柔よく剛を制す」は、
三略(さんりゃく)』という兵法書の中の故事成語が由来です。

「兵法書」とは、
「戦争における兵の戦い方」を記した書物のことです。

 

よくこの言葉を後漢の皇帝である「光武帝(劉秀)」が発したものと勘違いする人がいますが、正式な由来は彼ではありません。

光武帝がオリジナルではなく、
彼が『三略』の言葉を引用して一般に広まったものだと考えて下さい。

 

では、以下に実際の原文を紹介します。

軍神に日く、柔は能(よ)く剛を制し、弱は能く強を制す。

簡単に訳すと、

「兵法の書が言う、柔らかいものはむしろ硬いものを押さえつけ、弱いものはかえって強いものを押さえつける。」

となります。

 

当時の戦術では、
しなやかな戦いでも、相手の力を巧みにそらせば勝てる
という考え方が根本にありました。

転じて、現在の
「柔軟性でも相手に勝てる」
という意味で使われるようになったのです。

この主張が嘘か本当かは別として、これが正式な由来ということですね。

 

漢字の意味を補足すると、
能(よ)く」は、漢文などでもよく使われる漢字です。

日常生活でも「能力」「技能」などの単語がありますよね。

つまり、ここでの
」は「~することができる
という意味で使われているわけです。

したがって、
「よく」を「良く」などと書くのは誤り
だということが分かるかと思います。

「よく」は、「柔は剛を制することができる
という可能の意味だと覚えておきましょう。

柔よく剛を制すの類語・対義語

柔よく剛を制す 類語

 

続いて、「柔よく剛を制す」の
「類語」を紹介します。

【柳に雪折れなし(やなぎにゆきおれなし)】

柔らかいものは、堅いものよりかえってよく持ちこたえる。

柳の枝はよくしなうので、
雪の重みで折れることはないことから。

【堅い木は折れる(かたいきはおれる)】

堅いものは折れやすく、壊れやすいことの例え。

【歯亡び舌存す(はほろびしたそんす)】

硬く丈夫にみえるものは早く亡び、柔軟なものが長く生き残ること。

様々な言い換えや別の言い方がありますが、
基本的にはことわざや慣用句が中心ですね。

四字熟語などで類語と言えるものはありません。

 

逆に、「対義語」としては
剛よく柔を断(た)つ」が挙げられます。

「剛よく柔を断つ」とは、
硬いものの方が軟らかいものを制す」という意味です。

 

何だか矛盾しているようにも聞こえますが、
こちらの方は新しくできた言葉です。

空手道が起こった時、
柔弱ばかりを強調するのは良くないとして
「剛よく柔を断つ」が付け加えられました。

そのため、このような正反対な言葉も存在するのです。

要するに、
「柔よく剛を制す」は柔道以前からある言葉、
「剛よく柔を断つ」は柔道以後の言葉ということですね。

柔よく剛を制すの英語訳

 

続いて、英語訳です。

「柔よく剛を制す」は、
「英語」だと次のように言います。

 

Soft words win hard hearts.

 

直訳すると、
「柔らかい言葉は、きつい心に勝つ」となります。

言い換えれば、
穏やかでやさしい言葉は、頑固な心を開かせる
ということですね。

 

また、「柔軟性」という意味ならば、
次のような表現もできるでしょう。

Flexibility sometimes beats solid.(柔軟性は堅固に勝ることもある。)

場面によって、これらを使い分けてみて下さい。

柔よく剛を制すの使い方・例文

 

では、最後に「柔よく剛を制す」の使い方を
例文で確認しておきます。

 

  1. 柔よく剛を制す。相手の力を利用すれば、小さくても勝てるのです。
  2. 鍛えた技で力勝負をしたら、相手の小技にやられた。柔よく剛を制すである。
  3. 10キロ差もある相手に勝ったよ。まさに、柔よく剛を制すだね。
  4. 柔よく剛を制すとも言うように、あまり強引なやり方はやめておこう。
  5. 柔よく剛を制す。頭ごなしに叱るのではなく、やわらかい言葉で諭そう。
  6. 柔よく剛を制す」を合言葉に、子供たちと接していくつもりです。
  7. 彼は自分の体を使い、「柔よく剛を制す」という戦術を実践した。

 

「柔よく剛を制す」は、
「柔道」に限らず幅広い分野で使えます。

その中でも特に、
弱者が強者を技によって打ち負かす
という意味で使うことが多いですね。

 

また、勝ち負けのスポーツだけでなく
コミュニケーションに対して使うこともあります。

上記の例文だと5や6がそうです。

言葉一つをとっても
「やわらかいセリフ」「きついセリフ」など多くの種類がありますが、
子供の性格などによっては、きつく当たると逆効果になってしまう場合があります。

そこで、無理に厳しく接するのではなく、
「柔らかく柔軟に接することができる」
という意味でこの言葉を使うわけです

関連:>>柔らかいと軟らかいの違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

今回の内容をまとめると

柔よく剛を制す」=柔軟性は、堅固なものに勝つことができる。柔弱が強者を負かすこともある。

由来」=しなやかな戦いでも、相手の力を巧みにそらせば勝てるため。

類語」=「柳に雪折れなし・堅い木は折れる・歯亡び舌存す」

対義語」=「剛よく柔を断つ」

英語」=「Soft words win hard hearts.」

ということでした。

 

ポイントは、「よく」が
可能の意味を持っている」という点ですね。

「柔は剛を制することができる」

このように覚えておけば、意味を忘れることはないでしょう。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)