この記事の読了時間: 522

なしのつぶて 意味 語源 使い方 例文 英語

 

なしのつぶて」という慣用句があります。

「なし」と聞くと、
多くの人は「果物の梨」をイメージしますよね。

では、「つぶて」とは一体何なのでしょうか?

「いしつぶて」というポケモンは
聞いたことがありますが・・・。

 

多くの人が疑問に思っている言葉。

今回はそんな、
なしのつぶて」について解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

なしのつぶての意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【なしのつぶて】

返事がない、応答がない、無視されている、などの意味で用いられる言い回し。主に、連絡を試みたが相手からの反応がないさまを表現する言い方として用いられる。

出典:実用日本語表現辞典

なしのつぶて」とは、
返事がないこと・応答がないこと
などを言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

彼女に手紙を10通出したが、いずれもなしのつぶてだった。

意味としては、
彼女から手紙の返事が全く来なかった
ということですね。

 

あなたも、
「相手に連絡を試みたのに返事がなかった」
という経験はないでしょうか?

現代では、手紙以外にも
電話やメールなど様々な媒体があります。

 

最近では、LINEを使う人も増えてきていますね。

 

どんな連絡手段であれ、相手から
全く反応がなかったときは辛いでしょう。

そんな時に、
相手からの反応がない」という意味で
「なしのつぶて」と言うわけですね。

なしのつぶての語源・由来

 

次に、「語源」を確認しておきましょう。

 

「なしのつぶて」は、
漢字では「梨の礫」と書きます。

まず「梨」ですが、これは冒頭でも説明した通り
「果物の梨」と同じ漢字です。

 

ところが、実際には
「梨」は「無し」の当て字と言われています。

「当て字」とは、
「漢字本来の意味を無視した字が、一般に広まったもの」です。

 

つまり、本来は「無し」が正しかったのですが、
分かりやすくするためにあえて「」にしている
わけですね。

元々の由来としては、「無し」が正解なのです。

なので、
「果物の梨とは一切関係ない」と思ってください。

 

では、「無しのつぶて」とはどういう意味かと言うと
投げた小石が返ってこない様子」を意味します。

「つぶて(礫)」は、瓦礫の「礫」と同じ漢字なので、
投げる石のこと」を意味します。

 

あなたも、小さい頃に
小石を投げた経験はありますよね?

友だちと一緒に、川や公園で小石を投げたはずです。

でも、当たり前のことですが、
その小石はあなたの元には戻ってこなかったでしょう。

 

そのため、「無しのつぶて」とは、
投げられた小石が戻ってこない様子
を表す言葉だったわけですね。

ここから、「反応がない」「音沙汰がない
などの意味を成すようになったわけです。

 

ちなみに、「無しのつぶて」を直訳すると
何も無い、投げる小石」という
よく分からない訳になってしまいます。

これだとそもそも石を投げられないので
相手に連絡すら取っていません。

 

したがって、「梨」という当て字にしたのは
「具体的な形のあるものだから」とも言われています。

「梨」と「小石」なら、
何となく形をイメージできますからね。

ただし、先ほども申し上げた通り
「果物の梨とは全く関係ない」
と思っていただいて構いません。

スポンサーリンク

なしのつぶての類語

なしのつぶて 類語

 

続いて、「なしのつぶて」の類語を紹介します。

【鉄砲玉(てっぽうだま)】

返事のないこと。また、行ったきり帰ってこない人のこと。

「鉄砲玉」=「弾丸(だんがん)」を指し、
ひとたび鉄砲から発射されたら二度と戻らないことに由来する。

【音無の構え(おとなしのかまえ)】

働きかけに対して、全く反応を示さないこと。

「音無」とは、「音がしない静かな様子」を意味します。

【音信不通(おんしんふつう)】

電話や手紙などによる連絡が何もないこと。

【消息不明(しょうそくふめい)】

連絡がとれず、様子が分からない状態。

基本的には、
相手から連絡がない様子
であれば類語となります。

また、そこから派生して
「無視・無反応」などの意味で使うこともありますね。

実際に、
無視されている」という意味で
「なしのつぶて」が使われることもあります。

いずれにせよ、
「相手から反応がないノーリアクションの状態」
であれば使える類語と言えるでしょう。

なしのつぶての英語

 

続いて、「英語訳」です。

「なしのつぶて」は、
「英語」だと次の2つの言い方があります。

 

①「not getting a reply」(返事がない・応答がない)

②「have not heard from」(~からずっと便りがない・しばらく連絡がない)

 

①の「not getting」は「~のない状態」と訳します。

「reply」は、「返事・応答」という意味ですね。

名詞として使うため、単数扱いで「a」が必要と考えてください。

 

また、②の「hear from~」は、
「~から連絡がある・便りがある」という意味です。

「have」は、現在完了形として使われています。

 

例文だと、
それぞれ以下のような言い方です。

①I am not getting a reply from her.(彼女からの返事はない。)

②I have not heard  from him so far(今のところ、彼からの連絡はない。)

スポンサーリンク

なしのつぶての使い方・例文

 

では、「なしのつぶて」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 息子に手紙を出し続けているが、なしのつぶてだ。
  2. 娘にメールを送ってもなしのつぶてで、安否が心配です。
  3. LINEを送っているが、なしのつぶてで何の反応もありません。
  4. 全く電話をしてこないなんて、なしのつぶてだよ。
  5. なしのつぶてのごとく、別れてから一切連絡をよこさない。
  6. 彼はまめな性格なので、「なしのつぶて」という言葉とは無縁である。
  7. お盆なので、メーカーにいくら問い合わせてもなしのつぶてだ。

 

「なしのつぶて」は、原則として
ネガティブな使い方をする言葉」だと思ってください。

なぜなら、
相手から連絡が来たときは
ちゃんと返すのが常識だからです。

 

プライベートなどの友人でも、
全く連絡をよこさない人は良くない印象ですよね?

なので、もしもこの言葉を使う時は
「つれない人」「そっけない人」「よそよそしい人」
などを対象とするようにしましょう。

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

なしのつぶて」=返事がないこと・応答がないこと。

語源・由来」=投げられた小石が戻ってこない様子

類語」=「鉄砲玉・音無の構え・音信不通・消息不明」など、

英語」=「not getting a reply」「have heard nothing from~」

 

「なしのつぶて」は聞き慣れないですが、
意外とよく使われることわざです。

ポイントは、
【「」は当て字で「無し」が本来の語源」
ということですね。

語源からしっかりと意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク