この記事の読了時間: 447

牛飲馬食 意味 使い方 例文 語源

 

「君の食べっぷりは牛飲馬食だな」
などと言われたらあなたはどんな意味を想像しますか?

  • 牛のようにのんびり食べている?
  • 馬のように素早く飲んでいる?
  • そもそもなんで牛と馬?

なんて思うかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、
そんな「牛飲馬食」という四字熟語を分かりやすくご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

牛飲馬食の意味

 

まずは、基本的な意味です。

【牛飲馬食(ぎゅういんばしょく)】

牛が水を飲み馬がものを食べるように、大いに飲み食いすること。

出典: 三省堂 大辞林

牛飲馬食」とは、
牛が水を飲み馬がものを食べるように、大いに飲み食いすること
を言います。

 

例えば、以下のような使い方です。

一見して細身の彼だけど、食べ放題の店に行くと牛飲馬食のように料理を平らげるんだ。

例文では、
彼が食べ放題のお店でたらふく飲べる様子を表しています。

漢字のイメージ通り、
まさに飲食に関する場面で使われていますね。

野生動物のようにムシャムシャと飲み食いする姿、
そんな様子を表す言葉が「牛飲馬食」だと考えて下さい。

牛飲馬食の語源

 

次に、「牛飲馬食」の「語源」を確認しておきましょう。

 

牛飲馬食」は文字通り、
牛が水を飲むこと」と「馬が草を食べること」を表しています。

ただし、問題はその量です。

驚くべきことに、
牛は1日に100キロもの水を飲み、
馬は1日15キロ以上もの草を食べるのだそうです。

つまり、
彼らは起きている時間のほとんどを
飲食に費やしていることになります。

このことから、たくさん食べたり飲んだりすることの例えを
「牛飲馬食」と言うようになったわけです。

 

また、もう一つ見逃せないのは、
人間にとって牛や馬は昔から家畜として飼育されてきた
かなり身近な動物だということです。

言い換えれば、
人々は牛や馬と共に生活してきたとも言えます。

だからこそ、彼らの様子を人に見立てた
「牛飲馬食」という四字熟語が生まれたわけですね。

スポンサーリンク

牛飲馬食の類語

牛飲馬食 類語 

 

続いて、「牛飲馬食」の類語についてです。

類語といっても、
少し意味合いに違いがあるので合わせてご説明します。

【鯨飲馬食(げいいんばしょく)】

 ⇒鯨(くじら)や馬のように、飲んだり食べたりする様子。

「鯨飲馬食」は漢字を見てもわかるように、牛の字が鯨(くじら)に変わっています。

この言葉は、牛よりも大きくてたくさん食べる鯨を表現しているので、
「牛飲馬食」よりもさらに意味が強調された言葉となっています。

「牛飲馬食」では表現しきれないほどの意味合いで使うのが一般的です。

【暴飲暴食(ぼういんぼうしょく)】

度を越えて食べたり飲んだりする様子。

「暴」は、程度が激しいという意味です。

その漢字が「飲食」に付くことで、度を越えた飲食をするという意味になります。

また、「暴飲暴食」は食べすぎや飲みすぎのせいで体を壊したり、
健康に悪影響が出るなどのネガティブなイメージが含まれています。

ここが「牛飲馬食」とは違う点です。

【爛腸之食(らんちょうのしょく)】

胃腸がただれるほどの激しい食べ方をすること。

「爛」という字は「ただれる」という意味です。

胃腸がただれるほどに、一気にたくさん食べる様子を表しています。

こちらの四字熟語も「牛飲馬食」とは違い、
健康を害するというネガティブな意味が含まれています。

以上、取り上げた類語はそれぞれ似た言葉ですが、
どれも少し意味合いが異なるので使い分けに注意が必要です。

牛飲馬食の英語

 

 続いて、英語を紹介します。

「牛飲馬食」を英語にすると次の2つの言い方があります。

 

heavy eating and drinking(大量に食べたり飲んだりすること)」

gorging and swilling (がつがつ食べたりがぶ飲みしたりすること)」

 

「heavy」は、「多い・たくさん・大量」などを表す形容詞です。

それを「eating」や「drinking」という名詞にくっつけることで、
たくさん食べたり飲んだりすることを表現します。

 

また、「gorging」は「がつがつ食べることや暴食」、

 「swilling」は、「一気に飲んだりがぶ飲みしたりすること」を意味を表します。

 

では、以下に例文を紹介していきます。

She stopped heavy eating and drinking.(彼女は食べ過ぎや飲み過ぎを止めた。)

 He finishes off gorging and swilling.(彼はたっぷり飲食をして1日を終える。)

英語でもそれぞれ表現しているニュアンスが微妙に違うので、
状況に応じて使い分けてみてください。

スポンサーリンク

牛飲馬食の例文・使い方

 

では、「牛飲馬食」の使い方を例文で見ていきましょう。

 

  1.  ひたすら牛飲馬食をして、ストレスを発散した。
  2.  お昼に牛飲馬食したから、もう晩ごはんはいらないです。
  3.  若い頃に比べると、もう牛飲馬食できなくなったよ。
  4.  先輩に奢ってもらえるから、今日は牛飲馬食しよう。
  5.  体型に似合わず牛飲馬食ぶりを見せる彼には驚いた。
  6.  大好物を目の前にして子どもたちは牛飲馬食な様子を見せた。

 

以上のように、「牛飲馬食」は食事に関する四字熟語なので
日常生活でも気軽に使える言葉です。

仕事、プライベートなど場面を問わず使うことができます。

ただし、単純にたくさん食べたり飲んだりする様子を表している言葉なので、
ネガティブな要素は含まれていないことを注意してください。

ネガティブな要素を伝える時は、前述したように
「暴飲暴食」の方を使います。

 まとめ

 

では、今回のまとめです。

牛飲馬食」=牛や馬のように、たくさん飲んだり食べたりすること。

語源」=「牛が水を飲んで、馬が草を食べる様子」から。

類語」=「鯨飲馬食・暴飲暴食・爛腸之食」など。

英語」=「heavy eating and drinking」「gorging and swilling」

ということでした。

 

「牛飲馬食」は、食事に関する四字熟語なので、
非常に使いやすいということがわかって頂けたかと思います。

ぜひ、新たな表現方法の一つとして会話の中で使ってみてください。

スポンサーリンク