この記事の読了時間: 456

満員御礼 意味 使い方 例文 類語 英語

 

満員御礼」という四字熟語をご存知ですか?

イベントや興行などの催し物に
よく使われる言葉でもあります。

漢字だけを見ると、
「満員」が入っているので
何となくのイメージは持てるかもしれませんね。

ただ、この四字熟語の意味を誤解している人も多いようです。

そこで今回は、
満員御礼」の意味や由来・類義語などを詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

満員御礼の読み方・意味

 

まずは、読み方と意味です。

満員御礼」は、
まんいんおんれい」と読みます。

意味は、
入場者が一定数以上に達したことへ感謝すること
を表した言葉です。

 

例えば、野球やサッカー、コンサートなどの観客が
予想以上に来てくれた場合、主催者側としては、
当然喜ばしいことだと言えます。

このような時に、観客に向けて
来てくれてありがとう」という意味で
「満員御礼」を使うわけです。

要するに、「満員御礼」とは、
「開催者が来場者に対して、感謝の意を込めた言葉」
ということですね。

 

ここで大事なのは、「満員御礼」を使う時は、
必ずしも観客が満員である必要はないということです。

後で詳しく解説しますが、本当に満員になった時は、
「札止め」という言葉を使います。

なので、あくまで「一定数以上に達した時」
に使える言葉だと思ってください。

満員御礼の由来・語源

 

「満員御礼」という言葉は、
大相撲の世界から生まれた言葉です。

相撲が行われる場所、両国国技館では、
約1万人の収容スペースがあります。

この約1万人の90%以上、すなわち、
だいたい9000人以上の観客が入った日を
「満員御礼」と言っていました。

 

そしてさらに、完全に満員になった場合は、
札止め(ふだどめ)」とも言っていました。

「札止め」とは、
「観客が一杯なので、もう入場できませんよ」
という意味の禁止の札を指します。

これらの言葉は、
大相撲が発展していくと共に使われるようになったものです。

そして現在では相撲に限らず、スポーツイベントや
音楽イベント、飲食イベントなど様々な興行に対して
「満員御礼」は使われています。

それも全て、日本の国技である相撲が由来ということですね。

 

ちなみに、相撲の場合は入場率90%以上が目安となっていますが、
他の業界では必ずしもそうとは限りません。

85%以上の場合もありますし、95%以上の場合もあります。

なので、「満員御礼」という言葉には、
明確な基準があるわけではない
と考えて下さい。

スポンサーリンク

満員御礼の類義語・対義語

満員御礼 類語 対義語

 

続いて、「満員御礼」の
「類語」と「対義語」を紹介します。

まずは「類語」からです。

【商売繁盛(しょうばいはんじょう)】

商売が繁盛して、にぎやかであること。

【千客万来(せんきゃくばんらい)】

多くの客が次々にやってくること。

【門前成市(もんぜんせいし)】

多くの人の出入りがあり、にぎわっている様子。

基本的には、
人や客がたくさん来て、にぎわっている様子
を表す言葉が類語となります。

いずれも良い意味として使うのが特徴と言えるでしょう。

 

逆に、「対義語」としては、
門前雀羅」が挙げられます。

【門前雀羅(もんぜんじゃくら)】

訪れる人がいなく、ひっそりと寂しい様子。

「雀羅」とは、
「雀(すずめ)を捕まえる時に使う網のこと」を指します。

「網を張ってすずめを捕まえられるほど、門前に人がいない様子」
からできた四字熟語です。

満員御礼の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「満員御礼」は英語だと次のように言います。

 

Thank you for giving us a full house today.

 

直訳すると、
「私たちに、家一杯の今日を与えてくれてありがとう」
となります。

つまり、「会場を満員にしてくれてありがとう」
ということですね。

英語では「御礼」のことを
「thank you(ありがとう)」で言い表します。

その後に、「~を与えてくれて」と続くのが一般的です。

 

また、もっとくだけた言い方だと、
次のような言い方をすることも可能です。

Sold out, thank you!

これは、「満席だよ、ありがとう!」
という意味の言い方です。

コンサートや講演などのチケットが
売り切れた時によく使う表現です。

決まり文句のように使うので覚えておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

満員御礼の使い方・例文

 

では、最後に「満員御礼」の使い方を
例文で確認しておきます。

  1. 大相撲の千秋楽は、予定通り「満員御礼」の垂れ幕が下がった。
  2. 力士たちの白熱した取り組みを見ようと、今日は満員御礼となった。
  3. 大相撲では、満員御礼になると大入袋が配られる。
  4. 今夜のイベント会場は、おかげさまで満員御礼となりました。
  5. 満員御礼の講座として有名な先生の授業を受ける。
  6. そのセミナーは、巷の噂通り、満員御礼でした。

 

「満員御礼」は、スポーツやコンサートなどのように、
催し物であれば基本的に使うことができます。

また、最後の例文のように、
セミナーなどの講演会にも使うことがありますね。

したがって、
基本的に人を集めて何かを行うものであれば、
使える言葉だと思って頂いて構いません。

 

使い方としては、
「主催者側」「来場者側」、どちらの観点からも使うことができます。

「主催者側」が使う時は、
たくさんの来場客に対して、感謝する」という意味で使います。

一方で、「来場者側」が使う時は、
単に「人が大勢来ている」という状況を表す時に使います。

どちらの意味でも使えますので、
文脈によって判断するようにしてください。

関連:>>主客転倒の意味とは?使い方や例文・類語を解説

関連:>>千客万来の意味とは?例文や使い方・英語を解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

満員御礼」=入場者が一定数以上に達したことに感謝すること

語源・由来」=大相撲で、一定以上の来場があった時に使われたことから。

類語」=「商売繁盛・千客万来・門前成市」「対義語」=「門前雀羅」

英語」=「Thank you for giving us a full house today.」

ということでした。

 

「満員御礼」は、ビジネスをやっている人であれば、
今後使う機会があるかもしれません。

その時は、
お客さんへの感謝の意も込めてぜひ使ってみて下さい。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)