この記事の読了時間: 613

素案 草案 違い 意味 使い方 

素案」と「草案

どちらも同じような読み方なので、
非常にまぎらわしいと思います。

さらに、
原案」という言葉も聞きますね。

 

実はこれらの言葉は、ビジネスでよく使うのです。

この記事では、
素案」「草案」「原案」の違い・使い分け
を詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

素案の意味

 

まずは、
「素案」の意味です。

【素案(そあん)】

ごく大まかな案。

出典:三省堂 大辞林

素案(そあん)」とは、
大まかな案のこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 素案を示す
  • 素案を考える

 

「素案」は、
初期段階の案」という点がポイントですね。

 

そもそも、「」という字は
「素材」「素朴」などがあるように
手を加えていない」という意味があります。

そして、「案」とは
「考え」や「計画」という意味です。

 

つまり、
まだほどんど手を加えていない考え」なので、
「素案」と言うわけですね。

 

どんな大きな計画でも、
まずは元となる考えが必要です。

したがって、
「最初に大まかな案を練っていく」という意味で
「素案」を使うわけです。

 

ちなみに、
「素案」よりも大ざっぱな案のことを
骨子案(こっしあん)」と言います。

「骨子案」は、
ビジネスの企画書などでよく使う言葉ですね。

草案の意味

 

続いて、
「草案」の意味です。

【草案(そうあん)】

規約などの文章の下書き。草稿。

出典:三省堂 大辞林

草案(そうあん)」とは、
文章の下書きのこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 草案を練る
  • 憲法草案

 

草案」は、
素案をさらに詳しく説明したもの
だと思ってください。

 

「素案」は、
「大ざっぱな案」のことでした。

この「素案」を、
さらに具体的なものへ改良した案が「草案」なのです。

 

こちらも語源を確認しておくと、

「草案」の「」は、
「草原」「雑草」などがあるように
やわらかい植物」を意味します。

言いかえれば、
「まだ発達しきれていない状態」
とも言えるでしょう。

ここから、
「文章を完成させる前の下書き」
を表す言葉になったわけですね。

原案の意味

 

続いて、
「原案」の意味です。

【原案(げんあん)】

討議・検討を加えるための最初の案。修正案などに対していう。

出典:三省堂 大辞林

原案」とは、
最初の案のこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 原案を提出する
  • 原案を修整する

 

「原案」は、
最終案の一歩手前の案
と考えると分かりやすいでしょう。

 

辞書の説明だと「最初の」と書かれていますが、
これは「案を提出した時点の」という意味だと考えてください。

 

会議などで案を提出しても、
必ずしもその通りに賛成されるわけではありません。

場合によっては、
修正されたり否決されたりすることもあります。

 

そんな時に、
「最初の案に戻る」という意味で
「原案」を使うわけです。

多くは「修正案」に対して使う言葉なので、

原案」=「修正案の対義語

と覚えてもよいでしょう。

スポンサーリンク

素案・草案・原案の違い

素案 素案 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

素案」=大まかな案。

草案」=文章の下書き。

原案」=最初の案。

ということでした。

 

つまり、「案」というのは、

素案」⇒「草案」⇒「原案」の流れで練るわけですね。

 

分かりやすい例を出しましょう。

 

学校教育でのペーパーレス化
を目的とした案を出すとします。

 

まず、「素案」よりも前に
骨子案」が必要ということでした。

なので、
「どのようにペーパーレス化するのか?」
というざっくりとした骨組みを決めます。

今回は、
タブレットを使って、印刷物をゼロにする
という概要にしましょう。

 

次に、大まかな案として
素案」を出していきます。

 

例を挙げると、

  • いつから始めるのか?
  • 何年生を対象とするのか?
  • 費用はいくらまで出すのか?

といったことです。

 

「素案」は、初期段階の案なので、
そこまで詳しく決める必要はありません。

あくまで、
「完成までの素材を集める段階」
だと思ってください。

 

続いて、「草案」です。

 

「草案」というのは、
「文章の下書きのこと」でしたね。

そのため、
今まで出した情報を集めて文章を作成していきます。

東京都の中学生を対象に、ペーパーレス化を行う。

タブレット費用が20億ほどかかるが、
年間5億円のコスト削減が期待できる。

来年の4月1日開始を予定とする。

大事なのは、
「草案は素案よりも詳しく説明する」
ということでしたね。

したがって、なるべく
具体的に文章を書くようにしましょう。

 

最後に、「原案」です。

 

「原案」は、
「最終案の一歩手前の案」ということでした。

なので、
最終案として議題に出せる状態まで
しっかりと仕上げていきます。

もちろん、
誤字・脱字などがあってはいけません。

来年の4月1日から、
東京都の中学生を対象にペーパーレス化を行います。

導入費用としては、
タブレットだけで20億ほどかかる試算です。

しかし、同時に
年間5億円のコスト削減効果が期待できます。

自宅からタブレットを持ってこれる人は、
持ってきてもらう予定です。

これで、
最終的な案を作成することができましたね。

 

大まかな流れを理解できたでしょうか?

 

必ずしもこのような流れで作るわけでありませんが、
一つの参考になったかと思います。

 

ちなみに、場合によっては、
「草案」と「原案」を似たような意味で使うこともあります。

その場合は、ある程度割り切って
「草案」≒「原案」と考えてください。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【素案の使い方】

  1. 会社の事業計画の素案を作成する。
  2. 骨子案を元に、まずは素案を出してください。
  3. 文部科学省は、新学習指導要綱の素案を発表した。
  4. 午後の会議で使うプレゼンの素案をまとめよう。

 

【草案の使い方】

  1. 夏に行われるイベントの草案を作成する。
  2. 大事な会議に備えて、草案を作成しておこう。
  3. 憲法草案が作成され、国民投票で可決した。
  4. 市が合併したので、新しい条例の草案が作成された。

 

【原案の使い方】

  1. 原案を2回修正した後、最終案が決定した。
  2. 原案通り、新しい法律が可決されたようだ。
  3. 原案を会議に提出して、評価を待つ。
  4. 原案が出されたが、反対多数で否決された。

 

用例としては、
やはりビジネスで使われることが多いと言えますね。

ただし、最近では、
政治関連のニュースでも登場することが多いです。

 

当たり前のことですが、
国会では日々、議員が案を出しています。

法律などは、まさに案を練った結果生まれるものですよね。

したがって、
「法律や憲法・条例などにもよく使う言葉」
と覚えておくとよいでしょう。

関連記事:>>提言と提案の違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

骨子案」=全体の骨組みとなる大まかな案。

素案」=大まかな案。(初期段階の案)

草案」=文章の下書き。(素案を具体的なものへ改良したもの)

原案」=元になる案。(最終案の一歩手前の案)

骨子案」⇒「素案」⇒「草案」⇒「原案」の順で進める。

ということでした。

 

ビジネスでは、
企画を練ることは避けて通れません。

今後、会議などで案を出す人は、
ぜひ大まかな流れを理解しておきましょう。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク