この記事の読了時間: 52

議決 決議 違い 意味 使い分け

 

今回は
議決」と「決議
の違いを解説していきます。

 

「法案を議決する」

「国会の決議

どちらも政治や法律など、
似たような場面で使われている印象ですね。

そのため、
どのような違いがあるのか
非常に困惑すると思います。

一体どう使い分ければいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

議決の意味

 

まず、「議決」の方を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【議決(ぎけつ)】

合議して決定すること。また、その決定された事柄。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

議決」とは、
合議して決定すること・決定した内容」という意味です。

 

合議(ごうぎ)」とは、
「2人以上の者が集まって相談すること」だと思ってください。

つまり、
「会議などで集まって相談し、決定すること」
または「その決定された内容」を「議決」と言うわけですね。

 

一般的には、
「議決」は前者の「決定する
という意味で使うことが多いです。

言いかえれば、
動詞として使う」と言ってもいいでしょう。

 

では、実際の使い方は
どのようになっているのでしょうか?

以下は、憲法の一文です。

両議院は、各々その総議員の三分の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。(憲法第56条)

この場合は、「議事」を開いたときに、
「出席人数の数が三分の一以上なければ決定できない
ということですね。

このように、「議決」というのは、
多数決によって会議の意思を決定する場合に使うのです。

決議の意味

 

続いて、
「決議」の意味です。

【決議(けつぎ)】

会議である事柄を決定すること。また、その決定した内容。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

決議」とは、
会議で決定すること・決定した内容」という意味です。

「決議」は、一般的には、後者の「決定した内容
という意味で使うことが多いです。

 

例えば、
以下のような使い方です。

内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。(憲法第69条・内閣不信任決議より抜粋)

決議案」とは、
決定した内容の案」という意味です。

つまり、
こちらは「名詞」として使われている
ということですね。

 

「衆議院」は、日頃から
会議によって法律を決めています。

その中の一つに、
内閣不信任決議」というのがあります。

「内閣不信任決議」とは、簡単に言うと、
国会が「今の内閣は信用しない」と決定した内容です。

この「決定した内容(決議)」を、
内閣側が可決したり否決したりするわけですね。

スポンサーリンク

議決と決議の違い

議決 決議 違い

 

では、ここまでの内容を整理しておきましょう。

 

議決」=合議(ごうぎ)して決定すること・決定した内容。

決議」=会議(かいぎ)で決定すること・決定した内容。

 

比較すると分かるように、
「議決」も「決議」も同じような記述です。

よって、
「両者の意味自体には、ほとんど差はない」
ということが分かるかと思います。

あえて違いを述べるならば、実際の使われ方です。

 

議決」は、「決定する」という意味の
「動詞」として使われることが多いです。

 

一方で、「決議」は、
決定した内容」という意味の
「名詞」として使われることが多いです。

これは、両者の漢字の構成を
比較すると納得できるでしょう。

 

「議決」は、
議して決する」と読みます。

つまり、
「議」が「動詞」の役割をしているのです。

これと同じ構成の言葉としては、
「議定・議案・議題」などがあります。

 

一方で、「決議」は
を決する」と読みます。

この場合の「議」は名詞の役割です。

同じ構成の言葉としては、
「異義・提議・発議」などがあります。

 

したがって、

議決」=動詞としての役割。

決議」=名詞としての役割。

という結論になるわけですね。

 

ただし、
上記の原則はあくまで一般論です。

場合によっては、
区別なく使われることもあります。

 

例えば、
「定款の変更」や「事業報告書」
「財産目録の承認」などに書かれる文言です。

 

この場合は、
「総会の議決を経なければならない」
と書く法律もあれば、
「総会の決議を経なければならない」
と書く法律もあります。

 

簡単に紹介すると、以下のようなものです。

議決を用いる例】

  • 水産業協同組合法(第四十八条)
  • 土地改良法(第三十条)

決議を用いる例】

  • 農業協同組合法(第四十四条)
  • 商品取引所法(第六十七・六十八条)

 

上記の法律については、
明確な意味の違いを設けていません。

つまり、
名詞としても動詞としても使っている
ということです。

このような場合は、
「議決」と「決議」のどちらでも
特に問題はないことになります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【議決の使い方】

  1. 国会の話し合いで、核兵器の禁止が議決された。
  2. 税金に関する法案が、満場一致で議決された。
  3. 株主総会で、配当が増額されることが議決された。
  4. 化学兵器禁止について、各国が国連で議決した。

 

【決議の使い方】

  1. 教育費無償についての、決議案が提出された。
  2. 内閣不信任決議によって、衆議院が解散された。
  3. 安保理決議に基づき、北朝鮮に対して経済制裁が行われた。
  4. 新しい取締役が、株主総会の決議によって選任された。

 

基本的には、どちらも
政治や外交などの場面で多く使われます。

また、民間だと
株主総会などで使うこともあるでしょう。

名詞で使われているのか?それとも
動詞で使われているのか?をそれぞれの文から判断してください。

関連:>>召集と招集の違いとは?意味や使い分けも

関連:>>公布と施行の違いとは?適用や制定の意味も

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

議決」=合議して決定すること・決定した内容。

決議」=会議で決定すること・決定した内容。

「議決」は動詞として使うことが多く、「決議」は名詞として使うことが多い。

ということでしたね。

 

実際の法律では、両者は区別されないことも多々あります。

その場合は、あまり神経質に考えないようにしましょう。

では、今回は以上です。

スポンサーリンク