この記事の読了時間: 645

就任 着任 違い 赴任 新任 意味 使い分け

 

就任」と「着任

どちらも、
会社の人事異動などでよく見る言葉ですね。

 

「社長に就任する」

「取締役に着任する」

 

さらに、似たような言葉で
赴任」や「新任」も使われているようです。

これらの言葉は、
一体どう使い分ければよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

就任の意味

 

まず、「就任」の意味を調べると
次のように書かれています。

【就任(しゅうにん)】

ある地位や役職につくこと。 ⇔ 退任

出典:三省堂 大辞林

就任(しゅうにん)」とは、
新しい地位や役職につくこと」を言います。

主に、会社の役職やチームの担当などに
つく時に使う言葉です。

その中でも、
高い地位や役職につく時に使うことが多い
と考えてください。

 

例えば、
以下のような役職ですね。

  • 企業であれば「社長」「取締役
  • 政治であれば「首相」「大臣
  • 野球であれば「監督」「GM

 

したがって、以下のような場合は、
「就任」とは言いません。

  • 「平社員」から「主任」になる場合
  • 「主任」から「係長」になる場合

 

「主任」や「係長」は、比較的低い役職です。

よって、
この場合は「就任」よりも、
昇進」や「昇格」の方を使うのです。

着任の意味

 

続いて、
「着任」の意味です。

【着任(ちゃくにん)】

新しい任地に到着すること。また、新しい任務につくこと。⇔離任。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

着任」とは、
新しい任地に到着すること
新しい任務につくこと」などを言います。

 

任地(にんち)」とは、
「仕事をされた土」という意味です。

簡単に言うと、
勤務地」のことですね。

 

つまり、
新しい勤務地に到着したり、新しい勤務地で任務に着くこと」を
着任」と言うのです。

 

使い方としては、以下の通りです。

  • A支店の山田課長は、B支店へ着任した。
  • 田中先生は、A中学校からB中学校へ着任した。

 

「着任」は、「移動をする
という点がポイントだと思ってください。

そもそも、「着任」の「着」は、
「到着」「たどり着く」などの言葉があります。

すなわち、
新しい場所に到着して役割を任される」ということです。

 

ここから、「移動をして任務につく」
という意味になるわけですね。

 

また、「着任」は
「必ずしも昇進するわけではない」と考えてください。

 

場合によっては「左遷」かもしれないし、
同じ地位かもしれません。

もちろん、昇進する可能性もあります。

この辺りは、状況によって
判断する必要があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

就任と着任の違い

就任 着任 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

就任」=新しい地位や役職につく。

着任」=新しい勤務地に到着する。新しい勤務地で任務に着く。

ということでした。

 

どちらも「新しい任務につく
という意味では使えます。

しかし、
両者には決定的な違いが2つあります。

 

1つ目は、
移動をするかどうか」です。

 

「就任」は
移動をせずに任務につきます。

具体的には、
働く場所や住む場所が変わらずに、
新しい任務につくということですね。

 

一方で、「着任」は
どこかに移動をして任務につきます。

つまり、こちらは
別の店舗や地域などに移動して、
新しい環境の元で任務につくのです。

 

2つ目は、
到着するという意味でも使うかどうか」です。

 

着任」の方は「単に到着する
という意味でも使えます。

この場合は「地位や任務につく」のではなく、
「新しい勤務地に到着したこと」を強調したい場合に使います。

一方で、「就任」は
このような使い方はしません。

 

まとめると、

就任」=移動をせずに新しい任務につく。

着任」=移動をして新しい任務につく。

着任」の方は、
新しい勤務地に到着する」という意味でも使える。

となります。

スポンサーリンク

 

赴任の意味

 

似たような言葉の
赴任」も確認しておきましょう。

【赴任(ふにん)】

任地へ赴くこと。

出典:三省堂 大辞林

赴任」とは、
任地へおもむくこと」を言います。

簡単に言うと、
勤務地へ行くこと」ですね。

 

主な使い方は以下の通りです。

  • 「東京から埼玉へ赴任する」

 

「赴任」は単に「行く
という動作を表した言葉です。

したがって、
「地位や役職などの任務につく」
という意味までは含まれていません。

 

この点が、
「就任」や「着任」との一番の違いですね。

 

また、細かい違いですが、
「着任」は「着く」という意味ですが、
「赴任」は「行く」という意味です。

 

これらを整理すると、

着任」=着く。すでに到着した状態

赴任」=行く。これから向かう状態

とも言うことができるでしょう。

 

よって、それぞれの使い方としては、
以下のようになります。

  • 「本日、着任しました田中です」
  • 「これから赴任する予定の山本です」

こちらは意味というよりも文法的な違いですね。

新任の意味

 

さらに、紛らわしい言葉で
「新任」もあります。

【新任(しんにん)】

ある職務に新しく任ぜられること。また、その人。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

新任」とは、
ある職務に新しく任じられること」を言います。

この説明だけだと、
ほぼ「就任」と一緒にも聞こえますね。

しかし、両者は微妙に意味が異なります。

 

まず、「新任」は
昇進や昇格という意味は特に含まれていません。

もちろん、
降格という意味も特に含まれていないです。

 

つまり、昇格や降格というよりも
単に新しい役職や役割につくことを強調する時に言葉
なのです。

この点が、「就任」との一番の違いですね。

 

もっと言えば、
「新任」は広い意味を持った言葉だと思ってください。

ビジネスでの役職以外にも、
教師や先生などの職業に対しても使います。

なので、イメージ的には、
新任の中に就任が含まれる
と考えると分かりやすいでしょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で紹介しておきます。

 

【就任の使い方】

  1. 新しい社長に、山田氏が就任することになった。
  2. 彼が取締役に就任したのは、今から3年前のことだ。
  3. トランプ大統領の就任がニュースを通じて発表された。
  4. WBCの日本代表監督として、稲葉氏が就任した。

 

【着任の使い方】

  1. 埼玉エリアの課長から関東エリアの部長へ着任した。
  2. 本日付けで、千葉から着任いたしました田中と申します。
  3. 部長着任のあいさつとして、今後の抱負を述べた。
  4. 着任したばかりなので、右も左も分からない状況だ。

 

【赴任の使い方】

  1. 東京から大阪へ、単身赴任をすることになった。
  2. 最初に、赴任の挨拶をするようにしてください。
  3. 海外でビジネスを行っている人が、赴任先から帰ってきた。

 

【新任の使い方】

  1. 本日付で、新任となった教師です。
  2. 新任の課長に仕事をすべて任せた。
  3. 新任の大使が来るまで待っていてください。

 

例文のように「就任」は、
ビジネスや政治・スポーツなど
幅広い分野に使うことができます。

同じく、「新任」も広い分野に使うことができます。

 

対して、「着任」や「赴任」は
ほぼビジネスにしか使わない言葉
ということが分かるでしょう。

注意しないといけないのは、これらの言葉は、
履歴書」や「職務経歴書」でも意外と使うという点ですね。

例えば、
「令和元年 〇〇店舗部長 着任」
「令和2年 〇〇会社取締役 就任」
といった感じです。

これらの書き方は、
しっかりとそれぞれの違いを
把握したうえで書くようにしましょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容をまとめると、

就任」=新しい地位や役職につく。(高い地位に昇格する時に使う。)

着任」=新しい勤務地に到着する。新しい勤務地で任務に着く。

赴任」=(単に)勤務地へ行くこと。

新任」=ある職務に新しく任じられること。(昇格や降格の意味は特に含まれない。)

ということでしたね。

 

一番紛らわしい2つについては、

就任」は移動をしないが、「着任」は移動をする。

と覚えておきましょう。

 

ちなみに、
「就任」の対義語は
辞任」もしくは「退任」です。

「辞任」や「退任」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>辞任と解任の違いとは?退任の意味も解説

スポンサーリンク