この記事の読了時間: 538

線が細い 意味 女性 男性 使い方 例文

 

「あの人は線が細い

線が細い芸能人だ」

「線が細い」という言葉は、
普段から何気なく耳にしますね。

 

ところが、
「女性と男性のどちらに使うか分からない」
という人も多いのではないでしょうか?

また良い意味で使っていいのかも気になる所ですね。

 

そこで今回は、
線が細い」という慣用句について詳しく解説しました。

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

線が細いの意味

 

まずは、
基本的な意味の確認です。

【線が細い(せんがほそい)】

ほっそりとしていて、ひ弱な感じである。また、繊細で少し頼りない感じがする。

出典:慣用句・ことわざ辞典(成美堂出版)

線が細い」には2つ意味があります。

1つ目は、
ほっそりしていて、ひ弱な様子」という意味です。

 

こちらは、
人の身体的な特徴」を表したものですね。

イメージ的には、
「華奢な人」「やせすぎている人」などを
想像すると分かりやすいでしょう。

 

そして2つ目は、
繊細で少し頼りない様子」という意味です。

 

この意味の場合は、
人の内面的な特徴」を表したものとなります。

つまり、
「その人の性格を表したもの」
ということですね。

 

整理すると、「線が細い」には

肉体的な特徴

性格的な特徴

の2つの意味があることになります。

 

どちらの意味でも使えますが、
両方ともネガティブな使い方をする
と考えてください。

言い換えれば、
「決して褒め言葉として使うものではない」
ということですね。

線が細いの語源

 

次に、「線が細い」の
「語源」を確認しておきましょう。

 

まず、「線」には、
以下のように多くの意味があります。

 

  • 光線
  • 放射線
  • 電線
  • 路線
  • 物事の区切り
  • 方針・道筋
  • 物の輪郭
  • 外見や言動から分かるその人の印象

 

今回はこの中でも最後の2つ、
物の輪郭」「その人の印象
という2つの意味に当てはまりますね。

 

そして、
「細い」にも同じく複数の意味があります。

 

  • 小さい
  • 狭い
  • ケチケチした
  • 勢いが弱い
  • 弱々しい
  • やせた
  • 気が小さい
  • 繊細だ

 

「細い」の方は
やせた・弱々しい・気が小さい・繊細だ
などの意味に当てはまります。

 

まとめると、

輪郭がやせていたり、弱々しい印象を与えること

が「線が細い」の原義ということになりますね。

女性と男性、どちらに使う?

 

ところで、この言葉は
女性と男性のどちらに使うのでしょうか?

 

結論から言うと、
男性に対して使う言葉」だと思ってください。

まれに女性に対しても使うことがありますが、
「ほぼ男性にしか使わない」と思って頂いて構いません。

 

なぜかと言うと、先に説明した通り
この言葉は悪い意味として使うからです。

よく芸能人やモデルなどでスラっとした女性がいますが、
やせている女性に対しては、普通、
「スタイルがいい」「ウエストが細い」などと言いますよね?

 

「線が細い」なんてのは、聞いたことがありません。

つまり、「細い」という言葉があるからといって、
女性に対して安易に使っていいわけではないのです。

 

したがって、もしもモデル体型の女性がいたとしても、
「あなたは線が細いですね~」などとは決して言わないようにしましょう。

場合によっては、「相手をバカにした侮辱発言」
と捉えられる可能性もありますからね。

スポンサーリンク

線が細いの類語

線が細い 類語 対義語

 

続いて、「線が細い」の
「類語」を見ていきましょう。

 

【肉体的な意味の類語】

  • 華奢な
  • ガリガリの
  • ヒリョリとした
  • なよなよした
  • 棒のような
  • 痩せこけた
  • 骨の浮いた
  • 骨と皮だけの

 

【性格的な意味の類語】

  • 繊細な
  • デリケートな
  • ナイーブな
  • 傷つきやすい
  • 神経質な
  • メンタルが弱い
  • 脆(もろ)い
  • ガラスのハートの

 

どちらもネガティブな意味の言葉
と言うことが分かるでしょう。

 

ちなみに、
「線が細い」の対義語は
線が太い」と言います。

これは文字通りなので分かりやすいですね。

 

意味としては、

①「体格がしっかりしていて剛健であること

②「強靭な精神力を持っていること

の2つとなります。

 

どちらもポジティブな意味として使います。

決して、「太っている様子」
を表す言葉ではないので注意してください。

線が細いの英語

 

続いて、「英語訳」です。

「線が細い」は、
「英語」だと次のような単語があります。

 

slim(華奢な)」

thin(ほっそりした)」

haggard(やせこけた)」

sensitive(傷つきやすい)」

fragile(もろい・虚弱な)」

feeble(弱い・弱々しい)」

unreliable(頼りない)」

 

この中でもよく使われるのが、
「thin」「sensitive」の2つですね。

 

例文だと、
以下のような言い方です。

He is a thin man.(彼は線の細い男だ。)

Ken is a sensitive student.(ケンは線の細い生徒だ。)

スポンサーリンク

線が細いの使い方・例文

 

では、「線が細い」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. あの程度で涙を流すなんて、線が細い男だね。
  2. 昨日の一言をまだクヨクヨしているなんて、線が細いよ。
  3. 線が細いタイプなので、強く当たるのはやめとこう。
  4. 彼は線が細いので、いざという時に頼りになりそうにない。
  5. だいぶ線が細い人だけど、あなたを守れるのかい?
  6. 今はまだ線が細いので、トレーニングが必要だね。

 

「線が細い」は、「その人の性格的な特徴
を表す時に使うことが多いですね。

実際の文章では、肉体的な特徴を
表す時にはあまり使いません。

多くは、
「弱々しい性格の人」を対象とします。

 

具体例を挙げると、

  • ちょっとした言葉で、すぐ傷ついてしまう
  • 困難に会うと、すぐへなへなと心が折れる
  • 気が小さくて、すぐに元気をなくしてしまう
  • いざという時に全く頼りにならない

といった感じです。

 

要するに、
人間的な大きさを感じられない」ということですね。

一言で、「脆い」「打たれ弱い」
などと覚えてもよいでしょう。

関連:>>取り付く島もないの意味とは?使い方や例文・語源を解説

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容をまとめると

線が細い」=①ほっそりしていて、ひ弱な様子。繊細で少し頼りない様子。

使い方」⇒どちらもネガティブな使い方をするが、②(性格的な特徴)の意味で使うことが多い。

対象」⇒多くは男性を対象とし、女性にはほぼ使わない

類語」=「華奢な・痩せこけた・繊細な・神経質な・傷つきやすい」など。

英語」=「thin」「sensitive」など。

ということでした。

 

「線が細い」は、
一見すると簡単な言葉にも見えます。

しかし、実際には
「使い方に十分注意する必要がある」
ということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク