この記事の読了時間: 527

板につく 付く 着く 意味とは 使い方 語源 由来 例文

 

板につく」という慣用句があります。

この言葉の由来が気になる人が多いようですね。

また、漢字だと「板に着く」と「板に付く」のどっちだろう?
と思った人も多いのではないでしょうか。

実は、「板につく」は
使い方にも注意が必要な慣用句です。

正しい意味や用例をしっかりと学んでおきましょう。

スポンサーリンク

板につくの意味

 

まずは、基本的な意味からです。

【板につく(いたにつく)】

積み重ねの結果として立場や境遇が似合ってくる、または、ふさわしい技術が身に付くこと。

出典:実用日本語表現辞典

板につく」とは、
立場や境遇が似合ってくる・ふさわしい技術が身に付く」などの意味です。

例えば、以下のように使います。

彼が大工を教わってから3年が経った。最初はぎこちなかったけど、ようやく板についてきたようだね。

例文では、彼のことを
「大工をしている姿が似合ってきた」とほめています。

最初は違和感のあった作業着姿も、
大工の技術がつくことにより、しっくりくるようになった
ということですね。

「板につく」とはこのように、
経験を積むことで、その人の職業や立場がふさわしくなること」を表す言葉だと思ってください。

 

ちなみに、
この言葉を漢字で書く場合は
板に付く」と書きます。

板に着く」と間違えやすいので注意が必要です。

「着く」と書くと「たどりつく」という意味になり
慣用句の意味が変わってしまいますので注意しましょう。

板につくの語源・由来

 

次に、この言葉の成り立ちを確認していきます。

板につく」は、
役者が舞台上で経験を積み、一人前になる様子」から生まれた言葉です。

 

まず、「」とは「舞台」という意味です。

舞台の床は、「板」を張って作られていますよね。

このことから、
「板」と「舞台」は同じ意味として使われているのです。

そして、「つく」とは、
物と物が触れて離れなくなること」という意味です。

転じて、「身につく」のように
「ある能力・技術が備わる」という意味でも使われます。

 

整理すると、
板につく」=「舞台の上で、ある能力・技術が備わる
というのが元々の意味となります。

ここから、
「立場や境遇がふさわしくなる」という意味になるわけですね。

 

実際に、優れた役者さんは芝居の経験を積むことで、
舞台の雰囲気に慣れて成長していきました。

こうした役者の成長を見て、観客がほめる様子から
「板につく」という言葉が生まれたわけです。

スポンサーリンク

板につくの類語

板に着く 類語 対義語

 

続いて、「板につく」の類語を紹介します。

【様になる(さまになる)】

それに相応しい様子になること。

「様」とは「それなりの姿・形」という意味です。

【堂に入る(どうにいる)】

学問や技芸が優れていること。技術的に熟練していること。

「堂に入りて室に入る」を省略した言葉です。

「堂」は中国における「応接間」、「室」は「奥の間」を表します。

【身につく(みにつく)】

知識・習慣・技術などが、自分自身のものとなること。

「身」とは「自分自身」という意味です。

【物にする(ものにする)】

取得すること。自分自身のものにすること。

「物」とは「自分の能力・知識」を表します。

以上、4つの類語を紹介しました。

基本的には、
「技術などを自分のモノにする・職業などがふさわしくなる」
などの意味を持つ言葉が「類語」となりますね。

 

逆に、「対義語」としては
以下のような言葉が挙げられます。

  • 「未熟な」
  • 「初心者の」
  • 「経験不足の」
  • 「素人の」
  • 「青二才の」
  • 「見習いの」

 

こちらは主に、
「経験や技術が浅い」といった意味の言葉です。

「板につく」の反対語なので、
相手を否定したりするような時に使います。

板につくの英語訳

 

続いて、「英語訳」を確認しましょう。

「板につく」は、英語だと2つの言い方があります。

 

①「to get used to~(板につく)」

②「to be at home in~(板につく)」

 

まず、「get used to~」とは「~に慣れる」という意味の熟語です。

「物事に慣れる」という様子を表すため、
「板につく」の「英語訳」と言えますね。

また、「be at home in~」は「家にいる」という意味です。

こちらは「自分の家にいることのように、(物事に詳しくなる)」
という意味から、同じく「板につく」ことを表します。

 

例文だと、それぞれ以下のような言い方です。

You seems to have got used to driving a car.
(あなたの車の運転ぶりは板についてきたようだ。)

She is now quite at home in English.
(彼女の英語もすっかり板についてきた。)

「get used to~」は「used to~(かつて~していた)」とよく間違われます。

必ず「get」を入れるようにしてください。

スポンサーリンク

板につくの使い方・例文

 

では、最後に「板につく」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. あの役者は、初日と比べて演技が板についてきたようだ。
  2. 先生から、委員長が板についてきたとほめてもらった。
  3. 上京して10年、標準語もすっかり板についたようだ。
  4. 最初は慣れなかった英会話も、今ではすっかり板についてきた。
  5. 包丁さばきも板についてきたので、新しい料理を教えよう。
  6. 息子が社会人になって3年目。スーツ姿が板についてきたようだ。

 

すでに説明した通り、
「板につく」は、経験を積むことで動作や態度が
職業にふさわしいものになることを言います。

そのため、基本は相手をほめる場面で使うと考えて下さい。

誰かの成長に気がついたら、ほめ言葉として使ってみましょう。

 

ただし、1つだけ注意点があります。

それは、
「板につく」はほめ言葉ですが、目上の人に対しては使わないということです。

必ず、部下・子ども・教え子など、
あなたより下の立場の人に使うようにしてください。

例えば、上司に対して
「ゴルフ姿が板についていますね」と言うのは大変失礼ですので、
こうした場合は「ゴルフがお上手ですね」など敬語を使うようにしましょう。

 

元々、「板につく」は
役者の成長を「観客」がほめる様子から生まれました。

なので、成長した人よりも上からの目線で使うのが正しいのです。

関連:>>堂に入るの意味とは?使い方や例文・語源を解説

関連:>>微に入り細を穿つの意味は?由来や使い方・類語を解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

板につく」=経験を積むことで立場や境遇が似合ってくる。ふさわしい技術が身に付く。

語源・由来」=役者が舞台上で経験を重ね、舞台の雰囲気をつかむ様子から。

類語」=「様になる」「堂に入る」「身につく」「物にする」など。

英語」=「to get used to~」「to be at home in~」

ということでした。

 

この記事をきっかけに、
ぜひ仕事などで「板についてきた」と言われるように成長してきたいですね。

では今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)