この記事の読了時間: 52

賽の河原 石積み 意味 場所 使い方

 

賽の河原」と聞くと、
何だか不吉なイメージがしますね。

実はこの言葉は、
仏教では死後の世界に登場するのです。

では、なぜ死後の世界で
石積みをしないとけないのでしょうか?

今回は、多くの人が疑問に思っている
「賽の河原」について詳しく解説しました。

スポンサーリンク

賽の河原の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【賽の河原(さいのかわら)】

無駄な努力。きりがないこと。独身者。荒涼とした地帯。

出典:三省堂 大辞林

賽の河原」は、
さいのかわら」と読みます。

意味としては複数ありますが、
一般的には「無駄な努力」という意味で使われます。

したがって、まずは
「無駄な努力をすること・きりのない努力をすること」
などを「賽の河原」と言うと考えてください。

賽の河原の語源・由来

 

次に、「語源・由来」を確認していきましょう。

 

「賽の河原」とは、
親よりも先に死んだ子供が、あの世で行く場所
を指します。

具体的に言うと、
三途の川の手前ら辺」だと言われていますね。

 

「三途の川」とは、皆さんご存知の通り
「あの世とこの世をつなぐ川」のことです。

一度渡ってしまうと、
二度と現世には戻ってこれない川のことです。

 

そして、親よりも先に亡くなった子供は、
この三途の川付近で石積みをすることになります。

石を積み上げていき、一段一段と塔を完成させていくのです。

 

なぜこのようなことをするかと言うと、
仏教では親よりも先に亡くなることは
一番の親不孝だとされているから
です。

 

どんなに苦しいことがあっても、
子は親よりは先に死んではいけないのです。

だから、親を悲しませた子供は
罪を償うために石を積み上げるわけですね。

 

ところが、残念なことに、
いくら石を積み上げたとしても、
完成しそうになると鬼が石の塔を壊しに来ます。

それでも、
子供は極楽浄土に行けるように
石積みを懸命に続けます。

「一つ積んでは父のため・・・二つ積んでは母のため・・・」

そうして、最終的には、
子供は石の塔を作るために永遠と作業を
することになります。

 

この話が元になり、
賽の河原」=「きりのない努力をすること
という意味になったのです。

 

ちなみに、「法華経(ほけきょう)」の中に
童子の戯れに沙(すな)を聚(あつ)めて仏塔を作る
という一文があります。

「法華経」とは、
大乗仏教の代表的な経典のことです。

この一文が、賽の河原の正式な由来だと言われていますね。

スポンサーリンク

賽の河原の類語

賽の河原 類語 対義語

 

続いて、
「賽の河原」の「類語」です。

【馬の耳に念仏(うまのみみにねんべつ)】

いくら意見をしても全く効き目のない様子。

【豚に真珠(ぶたにしんじゅ)】

価値の分からない者には、貴重なものも意味がないこと。

【犬に論語(いぬにろんご)】

何の効果もないことの例え。

【焼け石に水(やけいしにみず)】

少ない努力では効果が上げられないこと。

【徒労に終わる(とろうにおわる)】

苦労が報われずに終わること。

慣用句以外だと、
無益・無意味・無駄骨
などの言葉も当てはまりますね。

「行った行為に対して、対価を得られない様子」
であれば「類語」と呼べるでしょう。

 

逆に、「対義語」としては
以下の3つが挙げられます。

【えびで鯛を釣る(えびでたいをつる)】

わずかな労力で、価値のあるものを手に入れる。

【濡れ手で粟(ぬれてであわ)】

苦労せずに多くの利益を得ること。

【雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)】

小さな努力でも根気よく続ければ、最後には成功する。

こちらは、簡単に言うと
「行った努力が報われる」ということですね。

賽の河原の英語

 

続いて、英語訳です。

「賽の河原」は、
「英語」だと次のように言います。

 

the Children’s Limbo

 

「Limbo」とは、「地獄の辺土」という意味で、
「洗礼を受けなかった子供の霊魂が住む所」を意味します。

英語圏では仏教ではなくキリスト教が主流なので、
厳密な英訳はなかなか難しいと言えるでしょう。

なので、「徒労」という意味で
以下の2つを使う方法もあります。

 

vain effort(無駄な努力)」

wasted efort(無益な努力)」

 

例文だと、以下のような感じです。

I made a vain effort.(私は無駄な努力をした。)

The work was a wasted efort.(その作業は無益な努力だった。)

こちらの方が比較的よく使われていますね。

スポンサーリンク

賽の河原の使い方・例文

 

では、「賽の河原」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 賽の河原は、幼くして死んだ子供達が行く場所である。
  2. 働いても働いても成果が出ない。まさに、賽の河原と言える。
  3. 賽の河原は、元は魂の信仰場所と言われていた。
  4. 賽の河原の石積みのように、いつ終わるか分からない作業だ。
  5. いつまで賽の河原の石積みのようなことをしているんだ?
  6. 終わりのないゴール。まさに賽の河原の石積みと同じだね。

 

「賽の河原」は、
日常的な文章ではあまり登場しません。

主に使われるのは小説文などですね。

特に死後の世界を題材とした
近代的な文章にはよく登場する印象です。

 

使い方としては、
「実際の三途の川付近の場所そのもの」と
「無駄な努力」の2つがほとんどです。

なので、どちらを使っているかは
文脈で判断するようにしてください。

 

ちなみに、辞書の説明だと
賽の河原」=「独身者
という意味も書かれています。

理由としては、
「幼くして死んだ子供」=「結婚していない人」
とみなされるからですね。

この意味で使われることは少ないですが、
念のため覚えておきましょう。

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

賽の河原」=無駄な努力。きりがないこと。独身者。

語源・由来」=親よりも先に死んだ子供が、あの世で行く場所。

類語」=「馬の耳に念仏・豚に真珠・犬に論語・徒労に終わる」など。

英語」=「the Children’s Limbo」「vain effort」「wasted efort」

 

「賽の河原」は、
普通の河原ではなく特別な意味がある場所です。

あなたも絶対に行かないとは断言できないでしょう。

この慣用句をきっかけに、
人生について深く考えてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク