この記事の読了時間: 532

白羽の矢が立つ 意味 使い方 例文 類語

 

白羽の矢が立つ」という慣用句があります。

文章よりもドラマやスポーツなどでよく聞く印象ですね。

ところが、
この言葉を「いい意味・悪い意味」の
どちらで使うか迷う人も多いのでないでしょうか?

 

そこで今回は、多くの人が誤用しやすい
「白羽の矢」について詳しく解説しました。

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

白羽の矢が立つの意味

 

まず、意味を辞書で引くと
次のように書かれています。

【白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)】

多くの人の中から犠牲者として選ばれる。

多くの人の中から特に選ばれる。

出典:三省堂 大辞林

白羽の矢が立つ」には2つ意味があります。

①は「悪い意味」、②は「いい意味」として使うと考えてください。

 

ただし、多くの場合
②の「いい意味」として使われることの方が多い
です。

すなわち、
多くの人の中から選ばれる」ということですね。

 

使い方としては、以下の通りです。

代表監督として、A氏に白羽の矢が立った

この場合は、
「色んな監督候補の中から選ばれた」
という意味だと思ってください。

このように、多くの人の中から指名され、
誰かが選び出されるような時に
白羽の矢が立つ」と言うわけですね。

 

では、なぜ①の悪い意味としては
あまりよく使われないのでしょうか?

そのあたりの理由を詳しく見ていきましょう。

白羽の矢が立つの語源・由来

 

「白羽の矢」という言葉は、
日本古来の風習である人身御供という儀式」に由来します。

人身御供(ひとみごくう)」とは、
「人間を神様への生贄(いけにえ)とすること」
だと思ってください。

要するに、
「神様のために、死人を差し上げる」
ということですね。

 

昔から、災いや不幸を防ぐためには
生贄を神様に捧げることが必要と信じられてきました。

そして、日本古来の伝承によれば
生贄を求める神は対象とする少女の家の屋根に
「白い羽の矢」を立てた
そうです。

 

このことから、
「白羽の矢が立つ」=「犠牲者が選ばれる」
という意味が生まれたわけですね。

実際には神様が矢を立てたなんてのは作り話でしょうが、
何はともあれ、これが正式な由来です。

 

しかし、
時代と共にこの話のイメージも
移り変わっていくことになります。

現在では、
「白羽」=「不吉」なんていう
イメージを持つ人はいませんよね?

 

」といえば、
聖なる色」「潔白な色
なのでむしろ良いイメージです。

この良いイメージが広まるにつれ、次第に
多くの人の中から、優れた人が選ばれる
という意味が主流になっていったのです。

慣用句やことわざの世界では、このように
元々の意味から派生していくのはよくある話と言えるでしょう。

スポンサーリンク

白羽の矢が当たるは誤用?

 

ところで、「白羽の矢」で検索すると、
「白羽の矢が当たる」という言葉が必ず出てきます。

結論から言うと、
白羽の矢が当たる」は誤用です。

このような言い方は存在しません。

 

なぜかと言うと、
この場合の「矢」というのは
的(まと)などに当てる矢ではないからです。

先ほども説明した通り、
「白羽の矢」は家の屋根に立てたものです。

したがって、
白羽の矢が当たる」「白羽の矢が刺さる
などは全て間違いだと思ってください。

 

ちなみに、文化庁が発表した
「国語の世論調査(H29)」によると、

本来の「白羽の矢が立つ」を選んだ人が75.5%

誤用の「白羽の矢が当たる」を選んだ人が15.1%

だったそうです。

 

現在でも間違えている人が一定数います。

もしもこの問題が国語のテストなどで出題されたら、
引っかからないうように注意が必要ですね。

白羽の矢が立つの類語

白羽の矢が立つ 類語 対義語

 

続いて、「白羽の矢が立つ」の
「類語」を確認しておきましょう。

 

  • 選ばれる
  • 決められる
  • 選択される
  • 選定される
  • 選抜される
  • 抜擢(ばってき)される
  • 貧乏くじを引かされる
  • お鉢(はち)が回る

 

この言葉自体が、「選ばれる」という
受け身の意味を持った慣用句です。

そのため、基本的には
~される」が後ろに付く形になりますね。

 

補足すると、
最後の2つは悪い意味の「類語」です。

貧乏くじを引かされる」とは、
損な役割を与えられること」を意味します。

また、「お鉢(はち)が回る」とは、
面倒な役割が回ってくること」ですね。

白羽の矢が立つの英語

 

続いて、英語訳です。

「白羽の矢が立つ」は、
「英語」だと次の2つの言い方があります。

 

The choice falls on.

to be selected from among many people

 

「choice」は「選択」

「falls on」は「降りかかる」という意味なので

「選択が降りかかる」⇒「特に選ばれる」

という訳になります。

 

また、後者の方は
「多くの人々の中から選ばれる」という訳ですね。

こちらの方が長いですが、元の意味としては分かりやすいです。

 

例文だと、
以下のような言い方になります。

The choice fell on him.(彼に白羽の矢が立った。)

The manager was selected from among many people.
(その監督は、多くの人の中から選ばれた。)

スポンサーリンク

白羽の矢が立つの使い方・例文

 

最後に、「白羽の矢が立つ」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 首相として、意外な人物に白羽の矢が立った
  2. 開幕スタメンとして、ルーキーに白羽の矢が立った
  3. 彼に白羽の矢が立ったのは、もやは当然と言えるだろう。
  4. 店舗の責任者として、彼女に白羽の矢が立った
  5. 訴訟回避のため、敏腕弁護士に白羽の矢が立った
  6. 攻撃を受けるおとり役として、私に白羽の矢がたってしまった。

 

用例としては、ほとんどの場合
良い地位・高い地位などに選ばれる人
に対して使いますね。

例えば、

「10人の中から厳選されて選ばれた」

「老若男女の中から投票で選ばれた」

といった感じです。

 

もしも自分に対して
「白羽の矢が立つ」ような場合は
大変光栄なことと認識してよいでしょう。

なぜなら、
厳選に厳選を重ねた結果、
選ばれたのがその人だからです。

 

他に良い人がいてもその人を選ぶ

このような時に、
「白羽の矢」を使うと考えてください。

関連:>>正鵠を射るとは?意味や類語・語源も解説

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

白羽の矢」=多くの人の中から特に選ばれる。

語源・由来」=生贄を求める神が、家の屋根に白羽の矢を立てたことから。

類語」=「選ばれる・決められる・抜擢される」など。

英語」=「The choice falls on」「to be selected from among many people」

 

「白羽の矢が当たる」は、原則としていい意味で使います。

ただし、本来の語源としては
「悪い意味で使われていた」ということは覚えておきたいですね。

スポンサーリンク