この記事の読了時間: 69

食指が動く 意味とは 由来 例文 使い方

 

食指が動く」という慣用句があります。

気になるのは、この言葉の由来ではないでしょうか?

なぜ「食指」という言葉を使うのか、
多くの人が疑問に思っていることでしょう。

 

そこで今回は、この言葉の語源を含め、
意味や使い方などを詳しく解説していきたいと思います。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

食指が動くの意味

 

まずは、基本的な意味と読み方です。

【食指が動く(しょくしがうごく)】

食欲が起こる。転じて、ある物事に対し欲望や興味が生じる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

食指が動く」とは、
食欲が起こること」「欲望や興味が生じること」などを意味する言葉です。

 

例えば、
以下のように使います。

あまりにおいしいもうけ話に、思わず食指が動く彼であった。(欲望)

新作映画の人気っぷりに、彼女は食指が動くほど興奮していた。(興味)

前者は、「お金を儲けられるかもしれない!」
という彼の欲望を表した文となっています。

一方で、後者は、
「新しい映画を早く見たい!」
という彼女の興味を示した文となっています。

このように、
欲に目が行ったり興味が湧いたりするような時に、
「食指が動く」と言うわけですね。

 

ちなみに、辞書の説明にもあるように、
「食指が動く」は「食欲が起こる」という意味で使う場合もあります。

この意味では使うことは、
どちらかと言うと少ないですね。

実際には、食欲以外の幅広いもの使われることの方が多いです。

食指が動くの語源・由来

 

次に、「食指が動く」の
「由来」を確認しておきましょう。

 

まず、「食指(しょくし)」とは、
中国語で「人差し指」のことをいいます。

その理由は、
食べ物をつかむときに必ず使う指だからだそうです。

つまり、食べ物を必ずつかむ指なので、
「食べる指」と書き「食指」になったわけですね。

 

では、「その人差し指が動く」とは、
一体どういうことでしょうか?

 

ここからの話は、春秋時代にさかのぼります。

 

「春秋時代」とは、紀元前700年頃の中国の時代です。

その当時、『春秋』の注釈書である、
『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』
と呼ばれる書物がありました。

 

その中の一部に、以下のような故事が書かれています。

昔々、楚国(そこく)の人が、
「鄭(てい)」という国の「霊公(れいこう)」という人に、
スッポンを献上した。

ちょうどその時、
「子公(しこう)」と「子家(しか)」が、
「霊公」の屋敷を訪れようとしていた。

その時、子公の人差し指がぴくりと動いたので、
子公は子家にそれを示してこう言った。

私の人差し指がこうなる時は必ずごちそうにありつけるんだ!

二人が霊公の屋敷に入ると、
なんと料理人がちょうどスッポンを
さばいているところだった。

※「子公(しこう)」とは、霊公の家臣の一人です。

簡単に説明すると、こんな話です。

 

つまり、
子公の人差し指がぴくりと動いたのは、
ごちそうにありつける前兆を感じたからですね。

そして実際に、その前兆は当たったわけです。

ここで大事なのは、前兆を感じたということは、
当然、感じたものへの欲望や興味がわくということです。

なので、この言葉は
欲望や興味がわく」という意味で使われるようになったのです。

スポンサーリンク

食指が動くの誤用

食指が動く 誤用例

 

ところで、「食指が動く」は、
誤った使い方をする人が非常に多いことをご存知ですか?

 

例えば、よく間違われるものとして、
食指をそそられる」があります。

文化庁が発表した
H23年度「国語に関する世論調査」によると、

間違った使い方の「食指をそそられる」を使った人が、
全体の31.4%もいたそうです。

 

これはおそらく「食欲をそそられる」
と混同した人が多いからだと思われます。

世の中の3人に1人は
間違えていることになりますので注意しましょう。

 

ちなみに、
食指が伸びる」も間違った使い方です。

 

腕を伸ばすことから来た表現なのか、
それとも「触手を伸ばす」と混同したのかは分かりませんが、
いずれにせよこのような慣用句は存在しません。

間違って使わないように注意してください。

 

補足すると、
「触手を伸ばす」は実際にある慣用句です。

意味としては、
「欲しいものを得ようとして働きかけること」を言います。

 

これらの間違えは、しっかりと整理しておきたいですね。

  • 食指が動く→
  • 食指をそそられる→×
  • 食指が伸びる→×
  • 触手を伸ばす⇒

スポンサーリンク

食指が動くの類語

 

続いて、「食指が動く」の類語を紹介します。

 

  • 欲が湧く
  • 興味が湧く
  • 意欲が湧く
  • 求める
  • 欲しがる
  • 欲しくなる
  • 欲を書く
  • 購買意欲が湧く
  • 自分のものにしたくなる
  • 色気が出る

 

「類語」で慣用句的な表現というのは、
ほとんどない印象ですね。

「欲」や「興味」を湧くような言葉であれば類語となります。

そこから派生して、「何かを買いたくなったりする様子」も
類語と呼べるでしょう。

 

逆に、「対義語」としては、
無欲」「無関心」「平常心」などが挙げられます。

これらの言葉は、物事に対して、
一切反応を示さないような様子を表しますね。

食指が動くの英語

 

続いて、英語訳です。

「食指が動く」は英語だと次のような言い方があります。

 

make me curious(興味が湧く)」

make me hungry(食欲が湧く)」

 

「make」には、「~させる」という意味があります、

これに、「curious(興味がある)」や「hungry(お腹がすいた)」
などの形容詞を後ろに持ってくることにより、表現していますね。

 

例文だと、
以下のような形です。

The incidents made me curious.(その事件は私に興味を抱かせた。)

You’re making me hungry.(あなたのおかげでお腹が減って来たよ。)

遠回しな言い方かもしれませんが、英語では
「欲」や「興味」を表現したい時はこのように言います。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後に「食指が動く」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. おいしそうなハンバーグを見て、思わず食指が動いた
  2. 良い投資物件を見つけため、食指が動いたよ。
  3. かっこいい洋服があったため、つい食指が動いてしまった。
  4. 今回の企画は、食指が動くほどワクワクするものだ。
  5. あのプラモデルは今半額なんだって?思わず食指が動くよ。
  6. 転職先を紹介されたが、残念ながらあまり食指が動かなかった

 

「食指が動く」は、欲望や興味の対象であれば
基本的に何に対しても使えると考えて下さい。

食べ物はもちろんのこと、服や商品などのモノ、
転職先などの仕事、不動産などあらゆる対象に使えます。

そういう意味では、「食指が動く」は、
非常に便利で汎用性がある慣用句と言えるでしょう。

日々の生活の上で、
「欲しい」「買いたい」などと感じた時に使えるわけですからね。

ただし、前述したように
間違った使い方をする人が非常に多い言葉ですので、
その点だけは注意するようにしてください。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

食指が動く」=「食欲が起こること」「欲望や興味が生じること

語源・由来」=「子公の食指(人差し指)がぴくりと動き、ごちそうにありつける前兆を感じたことから。

誤用」=「食指をそそられる・食指が伸びる

類語」=「欲が湧く・興味が湧く・求める・欲しがる・購買意欲が湧く」など。

英語」=「make me curious」「make me hungry」

ということでしたね。

 

語源や間違った使い方も説明したので、
理解が深まったのではないでしょうか?

この記事をきっかけに、
正しい「食指」の使い方をして頂ければと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)