この記事の読了時間: 547

 大台に乗る 意味 年齢 使い方 例文 類語

 

大台に乗る」という慣用句は、
日常会話でもよく耳にしますね。

 

「ついに大台に乗った

「私も50歳という大台に乗ったよ

 

特に、年齢に対して使う人が
多いのではないでしょうか?

今回はそんな「大台に乗る」について
詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

大台に乗るの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【大台に乗る(おおだいにのる)】

数量が大きな境目を越すこと。

出典:慣用句・ことわざ辞典(成美堂)

大台に乗る」とは、
金額や数量などが大きな境目を越すこと
を言います。

 

例えば、

  • 個人の貯金であれば、1億円を超えた場合
  • 持っている本の数だと、1000冊を超えた場合

といった感じですね。

 

いずれも普通の数字とは、
一段階も二段階もケタが上ですよね?

このように、非常に大きな境目をクリアすることを
「大台に乗る」と言うわけです。

 

ポイントは、「大きい」という点ですね。

「大台」は、文字通り「大きい台」と書くので、
ちょっとやそっとの数量に対しては使いません。

周りから見ても、
「すごいな~」と思うほど
大きい数量になった時に使うのです。

大台に乗るの語源

 

ところで、
「大台に乗る」の語源は
どこから来ているのでしょうか?

 

実はこの言葉は、
株式の用語」から来ているんです。

株の世界では、
数字の桁のこと」を「」と言います。

 

もっと詳しく言うと、

」=「10円単位で示す値段の区切り

大台」=「100円単位で示す値段の区切り

のことを指します。

 

例えば、株価が80円から90円に上がったとしましょう。

この場合、
10円単位で値段に区切りがついたので、
台に乗る」と言います。

 

一方で、
株価が900円から1000円になったとすると、

100円単位で区切りがついたので、
大台に乗る」と言うのです。

 

つまり、
100円単位の株価が上昇し、大きな区切りを超える時
「大台に乗る」と表現するわけですね。

 

実際に、1000円や2000円、1万円などを
超えると大きな経済ニュースになることが多いです。

日経平均株価などは、2万円を超えた時に
よく「大台に乗った」と言いますからね。

 

ちなみに、
大台を超えて株価が下がった場合は
大台を割った」と言います。

大台から降りた」などとは言いません。

 

これは、株ならではの理由と言えるでしょう。

株の上昇・下降は、基本的に
チャート(線)というグラフによって表します。

そのため、
「線を割る」という意味で
「大台を割る」と言うのです。

スポンサーリンク

大台に乗るの使い方

 

次に、具体的な使い方を見ていきましょう。

「大台に乗る」は様々な数量に対して使えますが、
日常会話では「年齢」と「年収」の2つに使うことが多いです。

大台は何歳くらいを指す?

 

まず、「年齢」についてですが、
「年齢」の場合は、「40歳」を指すことが多いですね。

ただし、これはあくまで一般論であり、
性別や独身、既婚の有無などによっても異なってきます。

 

例えば、
女性の30歳は結婚適齢期ということもあり、
30歳でも大台を使うケースがあります。

また、人生を100歳と考えるなら
50歳は折り返し地点になるので、
50歳を大台と言うこともあるでしょう。

 

いずれにせよ、年齢の場合は
「高齢になった」というニュアンスが
含まれることになります。

したがって、
10代、20代などにはまず使わないと考えてください。

使うとしたら、
「30歳~60歳のどれか」になるのが普通ですね。

大台の年収はいくらから?

 

「年収」の場合は、
1000万円」を超えた時に使うことが多いです。

これは、日本人の平均年収を考えれば
分かりやすいでしょう。

 

日本人の平均年収は、
だいたい450万前後と言われています。

この次に桁を大きく超えるのは、1000万円ですからね。

一般的にも、年収が1000万円を超えると、
周りからすると一目置かれる数字になります。

大台に乗るの類語

大台に乗る 類語 対義語

続いて、「大台に乗る」の
「類語」を確認していきましょう。

 

  • 桁が上がる
  • 突破する
  • 突き破る
  • クリアする
  • 達成する
  • 打ち破る
  • 大きな桁になる

 

イメージとしては、
「(何かの障壁を)突き抜けるような言葉」
が類語となりますね。

 

逆に、「対義語」としては
以下のものが挙げられます。

 

  • 下落する
  • 低下する
  • 桁が下がる
  • 転落する
  • 落下する
  • 小さな桁になる

 

こちらは、ある基準点から
何かが転げ落ちるようなイメージとなります。

大台に乗るの英語

 

続いて、英語訳です。

「大台に乗る」は、
「英語」だと次のような言い方をします。

 

reach a certain mark

reach a certain level

 

どちらも「reach(着く・到達する)」を使いますね。

「a certain」は、「ある一定の」という意味です。

これに「水準」を表す
「mark」や「level」を使うことで
「ある一定の水準」という訳になります。

 

例文だと、
次のような感じです。

The price of a stock reached a certain mark.(株価は大台に達した。)

The visitors have finally reached a certain level.
(観光客はついに大台に達した。)

スポンサーリンク

大台に乗るの例文

 

では、最後に「大台に乗る」を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 累計発行部数が、ついに100万部の大台に乗った
  2. 40歳という大台に乗ると同時に、部長へ昇格した。
  3. こんなにも早く、大台に乗るとは思わなかったよ。
  4. 売上げが100億円の大台に乗ったので、上場を目指そう。
  5. 60歳という大台に乗った今、定年後のことを考え始めています。
  6. A社の株価は、異例の速さで2000円の大台に乗った

 

「大台に乗る」は、原則として
良い意味で使うことが多いと考えてください。

売上や株価などが大きくなるのは、
基本的には望ましいことです。

したがって、
どの文章も喜ばしくて華やかなイメージとなるわけです。

 

ただし、「年齢」に対しては
必ずしも良い意味で使うとは限りません。

特に、女性の年齢に対してはそうですね。

 

女性は年齢を気にする人が多いので、
あまり面と向かっては言わない方がよいでしょう。

もしも使う場合は、女性自身が
自分に対して使う分には問題ないです。

関連:>>乗せると載せるの違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

大台に乗る」=金額や数量などが大きな境目を越すこと。

語源」=100円単位の株価が上昇し、大きな区切りを超えることから。

類語」=「桁が上がる・突破する・クリアする」など。

英語」=「reach a certain mark」「reach a certain level」

 

大台に乗ることは、人生において必ずやってきます。

もしもあなたが40代・50代になった時に、
自分の立ち位置をどう表現するか迷う時もあるでしょう。

そんな時は、この慣用句を使ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク