この記事の読了時間: 515

三々五々とは 意味 使い方 類語 例文

 

数字を使った面白い四字熟語があります。

三々五々に集まる」

三々五々に解散する」

漢字だけを見ると、
何か小学校でも習いそうな簡単なイメージですね。

しかし、
実際はこの言葉は飲み会やパーティーなど
改まった場でもよく使われるのです。

 

この記事では、
三々五々」の意味・使い方・語源などを
詳しく解説しました。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

三々五々の意味

 

まず、
「三々五々」の意味を調べると
次のように書かれています。

【三々五々(さんさんごご)】

あちらに三人、こちらに五人というように、人が行く、また、人がいるさま。また、物があちこちに散らばっているさま。ばらばらと、ちらほらと。

出典: 三省堂 新明解四字熟語辞典

三々五々(さんさんごご)」とは、
あちこちに散らばる様子のこと」だと思ってください。

一言で、「ばらばらと」と覚えても構いません。

 

主な使い方は、以下の通りです。

飲み会が終わった後は、三々五々解散してください。

この場合は、
「それぞれバラバラに解散してください」
ということですね。

具体的には、

  • 「2人組なら2人組」
  • 「3人組なら3人組」
  • 「5人組なら5人組」

といった感じです。

 

このように
少人数のグループに別れ、行動を促すような時」に
「三々五々」を使うわけですね。

 

「三々五々」は、一般的には
人が解散する時に使うことがほとんどです。

ただし、場合によっては
人が集まってくる」という意味で使うこともあります。

 

例えば、
以下のような使い方です。

新規オープン店は、三々五々で忙しいです。

つまり、
「あちこちから少人数が集まってきて忙しい」
ということですね。

ここから派生して、
モノが集まってくる
という意味で使うこともあります。

 

いずれにせよ、
少数のまとまりが、散らばったり集まったりする様子」を
「三々五々」と言うわけです。

三々五々の語源

 

「三々五々」の語源は、
どこから来ているのでしょうか?

 

元々この言葉は、
李白」の書いた「採蓮曲(さいれんきょう)
という詩が由来です。

その中の一節に、
次のような記述があります。

「岸上 誰が家の遊冶郎ぞ/三三五五 垂柳に映ず」

これを簡単に訳すと、

岸辺を行くのはどこの誰だろうか?三人のグループが来たと思えば、今度は五人のグループが来た。

となります。

 

「李白」の作品では、
岸辺で蓮(はす)の花を摘む美しい女性がいました。

そして、彼女に対して
若い男性達(3人・5人)が声をかけようと
あちこちから来たり帰ったりします。

 

どことなく感傷的な気分になりますね。

 

ここでも、「三々五々」は
少人数のまとまりのこと」を表しています。

つまり、
この男性たちの人数が元になり、
現在の意味になったわけですね。

 

ちなみに、
「三々五々」は元々は
三三五五」と記述されていました。

したがって、
「三三五五」と書いても決して間違いではありません。

現在ではどちらも使われていますが、一般的には
「三々五々」と書くことの方が多いようですね。

スポンサーリンク

三々五々の類語

三々五々 類語

 

続いて、
「三々五々」の「類語」
を確認しておきましょう。

【三々両々(さんさんりょうりょう)】

あちこちに散らばっている様子。

「両々」とは、
「あれとこれも・両方とも」という意味です。

【四分五散(しぶんごさん)】

ばらばらになること。調和が崩れて乱れること。

※主に「秩序」などが乱れる時に使います。

【散り散りばらばら(ちりぢりばらばら)】

あちこちに散って、離れ離れになること。

【まちまち】

散らばっていて、数にまとまりがないこと。

※意見が異なる場合などにも使います。

この中で一番意味が近いのが、
「三々両々」ですね。

イメージ的には、
ばらばら・分散」といった
言葉が分かりやすいでしょう。

三々五々の英語

 

続いて、「英語訳」です。

「三々五々」は、
「英語」だと次のように言います。

 

by twos and threes(2~3人(個)で)」

in groups(少人数で・グループで)」

 

英語で少人数を表す場合は、
「2人~3人」が基本です。

この場合は、
「three」や「five」は
使わないので注意してください。

 

また、「group」には
「集まり・群れ・小党派」
などの意味があります。

ここから、「少数のまとまり」
という意味で使えるわけですね。

 

例文だと、
次のような言い方です。

The students began to left by twos and threes.
(生徒達は、三々五々出発し始めた。)

Please go to the station in groups.
(三々五々、駅へ向かってください。)

スポンサーリンク

三々五々の使い方・例文

 

では、「三々五々」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. パーティー終了後は、三々五々、解散しましょう。
  2. 観覧ゲストとして集まった人達は、三々五々に帰って行った。
  3. これで本日の飲み会は終了です。三々五々、各自ご帰宅ください。
  4. 約束の時間になると、三々五々にメンバーが集まってきた。
  5. ゲームの時間は、三々五々、子供たちが群がってきますよ。
  6. 他チームの出場者も、三々五々到着したようですね。
  7. 宅配業界は、この時期、三々五々でとても忙しい。

 

基本的な使い方としては、
①「解散」と②「集合」の2つに
分けるとわかりやすいですね。

どちらも少人数が移動する時に使えます。

ただし、すでに説明した通り、
「解散」の方が使う頻度は多いです。

 

また、使う場面としては
「飲み会」や「パーティー」
などが最も一般的でしょう。

これらのイベントでは、
「解散」と「集合」を繰り返し行いますよね?

そのため、ビジネスシーンでも
「三々五々」はよく使われているのです。

関連:>>三寒四温の意味とは?使い方や例文・時期も解説

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

三々五々」=あちこちに散らばる(集まる)様子。ばらばらと。

語源・由来」=男性(3人・5人)が美女に話しかける様子から。

類語」=「三々両々・四分五散・散り散りばらばら・まちまち」など。

英語」=「by twos and threes」「in groups」

 

「三々五々」は、
一見すると簡単なイメージですが、
なかなか奥が深い四字熟語でしたね。

人が集まったり散ったりする状況は、
世の中にあふれています。

この記事をきっかけに、
ぜひ日常生活でも使ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク