この記事の所要時間: 457

千客万来 意味 例文 使い方 英語

 

千客万来」という四字熟語を
聞いたことがあるでしょうか?

千客万来の繁盛」

千客万来のにぎわい」

漢字だけを見ると、「千」と「万」が
何の数を表しているのか気になりますね。

実はこの言葉は、
「商売」に対してよく使うのです。

 

この記事では、
千客万来」の意味・由来・例文など
を詳しく解説していきたいと思います。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

千客万来の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【千客万来(せんきゃくばんらい)】

来客が多いこと。大勢の客がひっきりなしにつめかけること。

出典:学研 四字辞典熟語

千客万来」とは、
たくさんの客が次々にやってくること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

年末年始なので、今日の百貨店は千客万来でした。

当たり前のことですが、
百貨店はいつも繁盛しているわけではありません。

ところが、年末年始になると
多くの人がお店にやってきますよね?

場合によっては、休む暇もなく
一日中お客さんが来ることもあるでしょう。

 

このように、
絶え間なく常にお客が来る様子」を
「千客万来」と言うわけですね。

 

「千客万来」は、一般的には
せんきゃくばんらい」と読みます。

ただし、場合によっては
せんかくばんらい」と読むこともあります。

どちらの読み方でも、
意味自体は全く同じと考えてください。

千客万来の語源・由来

 

「千客万来」は、
「先客」と「万来」が
合わさってできた言葉です。

 

千客」は「千人の客」

すなわち、
お客の数が多いこと」を表します。

 

そして、
万来」は「万人が来る」と書くので、
たくさんの人(客)が来ること
を意味します。

つまり、どちらも
「数の多さを表した言葉」
ということですね。

 

数字の「千」と「万」をあえて重ねることにより、
お客の多さを強調しているわけです。

元々この言葉は、
商売人が店先に掲げるようになってから、
広まったと言われています。

 

商売では、
「お客がたくさん来るかどうか」は
まさに死活問題ですよね?

なので、「一人でもお客が来るように」
という意味をこめて看板などに使っていたのです。

まさに、
「商売人の願いがつまった言葉」と言えますね。

スポンサーリンク

千客万来の類語・対義語

千客万来 類語 対義語

 

続いて、「千客万来」の
「類語」を確認しておきましょう。

「千客万来」の
「類語」は次の3つが挙げられます。

【門前成市(もんぜんせいし)】

多くの人の出入りがあり、にぎわっている様子。

【商売繁盛(しょうばいはんじょう)】

商売が繁盛した状態を表す言葉。

【満員御礼(まんいんおんれい)】

飲食店・イベント会場などが、人でいっぱいになること。

補足すると、「門前成市」は
場が立する」と書きます。

よって、
「門前が商人や客であふれかえる様子」
からできた言葉だと思ってください。

主に、権威や名声が盛んなことを表す時に使います。

 

逆に、「対義語」としては、
門前雀羅」が挙げられますね。

【門前雀羅(もんぜんじゃくら)】

訪れる人もなく、ひっそりと寂しい様子。

「雀羅」とは、
雀(すずめ)を捕まえる時に使う
網(あみ)のことを指します。

「網を張ってすずめを捕まえられるほど、
門前に訪問者がいない様子」からできた言葉です。

千客万来の英語表現

 

続いて、英語訳です。

「千客万来」は、
「英語」だと次の2つの言い方があります。

 

①「flood of customers(お客の洪水)」

②「roaring business(大繁盛の仕事)」

 

それぞれの単語は、

「flood」=「洪水」

「customer」=「顧客・お客」

「roaring」=「大繁盛の・活気のある」

「business」=「仕事・営業」

という意味です。

 

①は「お客が洪水のようにやって来る」ので、
「大勢のお客」という訳になります。

また、②の「roaring」は、
「うなること・ほえること」が主な訳ですが、

ここでは、
「(商売などが)活発な
という意味で使われていますね。

 

例文だと、
それぞれ次のような言い方です。

Yesterday was flood of customers.
(昨日は千客万来だった。)

That department store is doing a roaring business.
(あの百貨店は、千客万来の賑わいだ。)

スポンサーリンク

千客万来の使い方・例文

 

では、「千客万来」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. おかげさまで、本日は千客万来の繁盛でした。
  2. 優勝記念セールなので、終日、千客万来でしたよ。
  3. 千客万来に備えて、お店の内装を整えておきましょう。
  4. 連休中は多くのお客が来て、千客万来の賑わいでした。
  5. 千客万来の飲食店の秘密を教えてください。
  6. 千客万来を願い、神社にお参りに行く予定です。

 

「千客万来」は、多くの場合
商売が繁盛している様子を表す時に使います。

よって、基本的には
ビジネスに対して使う言葉」と覚えてよいでしょう。

 

ただし、場合によっては
神社」や「お寺」などの縁起物
に対しても使うこともあります。

 

「初詣」などのお参りでは、
その年のお願い事をしますよね?

金運や恋愛運などを上げるために、
誰しもお願い事をしたことがあるかと思います。

したがって、
「今年一年、商売がうまくいきますように」
という意味で絵馬などに書くわけですね。

 

いずれにせよ、「千客万来」は、
「おめでたい意味を持ったポジティブな言葉」
と考えて問題ありません。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

千客万来」=たくさんの客が次々にやってくること。

語源」=「」と「」を重ねて、数の多さを強調した所から。

類語」=「門前成市・商売繁盛・満員御礼」など。

対義語」=「門前雀羅

英語」=「flood of customers」「roaring business」

ということでしたね。

 

「千客万来」は、縁起のいい意味を持った言葉です。

今後、あなたが商売を始める際には、
ぜひ使ってみてはどうでしょうか?

では、今回は以上です!

スポンサーリンク