この記事の読了時間: 459

 小康状態 意味 使い方 例文 類義語

 

病気やケガなどの人に使う言葉があります。

小康状態を保つ

小康状態です

普通に生活する上では、
なかなか聞かない四字熟語ですよね?

ところが、実際は病気以外にも
天気・経済・外交などにも使われているのです。

 

この記事では、
小康状態」の意味・使い方・語源などを
詳しく解説しました。

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

小康状態の意味

 

まず、意味を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【小康状態(しょうこうじょうたい)】

一旦悪くなっていたものがやや回復して落ち着いている状態のこと。

「小康を保っている」などとも言われる。

出典:実用日本語表現辞典

小康状態(しょうこうじょうたい)」とは、
いったん悪くなったものが回復し、落ち着いている状態のこと
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

祖母が昨日倒れて入院しました。しかし、現在は小康状態です。

この場合は、
「祖母の容体が、とりあえずは落ち着いている状態」
という意味ですね。

 

「小康状態」は、
危篤(きとく)の人の容体が少し回復した程度です。

したがって、
その人の完全な回復を示すものではありません

あくまで最悪の状態は脱したものの、
危険であることに変わりないのです。

 

もしもこの言葉を医者から言われたとしても、

  • 「依然として注意を要する状態」
  • 「いつ容体が急変してもおかしくない状態」

だと考えてください。

小康状態の語源

 

次に、語源を確認しておきましょう。

 

まず、「小康」の「」は、
小さい・わずかな」という意味です。

そして、「」は、
「健康」という言葉があるように、
無事・すこやか・安らか」などの意味です。

すわなち、
小康」とは「わずかな無事」を表すことになります。

 

一方で、「状態」は
「ある時点での人やモノの様子」のことです。

こちらは普段からよく使うので大丈夫ですね。

 

整理すると、
小康状態」=「小さな無事が続く様子」となります。

ここから、現在の
「いったんは落ち着いている状態」
という意味になるわけですね。

語源からみても、「小康状態」は
「まだまだ安心できない状態」ということが分かるでしょう。

スポンサーリンク

小康状態の類語

小康状態 類語

 

続いて、「類語」です。

【下げ止まり(さげどまり)】

これ以上下がらない状態まで達すること。

※相場や価格の下落などに対して使います。

【一段落(ひとだんらく)】

物事に区切りがつくこと。

※「いちだんらく」と読む場合もあります。

【若干の回復(じゃっかんのかいふく)】

わずかだけ物事が回復すること。

いずれも、「最悪の状態からは脱する」
という意味が含まれていますね。

 

ちなみに、よく似た間違えやすい言葉として
危篤(きとく)」と「快方に向かう」があります。

危篤」とは、
病気の症状が重く、今にも死にそうな状態」のことです。

例えば、
「脳卒中で急に倒れて意識不明の人」などが挙げられます。

 

また、「快方に向かう」とは、
病気がどんどんと回復するような状態」のことですね。

どちらも医療の現場でよく使うので
覚えておくとよいでしょう。

小康状態の対義語

 

「小康状態」の厳密な対義語は存在しません。

 

しいて挙げるならば、
悪化」や「良化」ですね。

病気の状態であれば、
「回復」なども類語に近いと言えるでしょう。

 

「小康状態」は、
「しばらくの間は落ち着いている状態」です。

よって、
「そこから大きく動き出すこと」
「急に事態が変化し出すこと」
などの意味が反対語となりますね。

小康状態の英語

 

続いて、英語訳です。

「小康状態」は、
「英語」だと次の2つの言い方があります。

 

lull(小やみ・小康)」

remission(軽減・緩和・鎮静)」

 

「lull」は、動詞だと
「やわらげる・静める」などの意味です。

転じて、物事が沈静化した時などに
「名詞」としても使われます。

また、「remission」は主に
「(刑の)免除・減免」などを意味する単語ですが、

怪我や病気の痛みを
一時的に軽減するような時にも使えます。

 

例文だと、
それぞれ以下のようになりますね。

The rain became a lull.
(雨は小康状態になった。)

There has been a remission in her illness.
(彼女の病気は小康状態だ。)

スポンサーリンク

小康状態の使い方・例文

 

では、「小康状態」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 祖母の容体は、小康状態に入ったと聞きました。
  2. 小康状態から一変、容体は急に悪化した。
  3. 危篤状態を脱し、現在は小康状態です。
  4. 小康状態を保つように、事態は落ち着いていった。
  5. 雨が小康状態になったので、さっさと帰宅しよう。
  6. 小康状態を保つように、米中は急接近した。

 

「小康状態」は、
「基本的に病気などの医療に対して使う」
と考えてください。

ただし、あくまでこの言葉は
医療用語ではなく一般用語です。

そのため、
他の対象に対して使うことも当然あります。

 

よく使われるのが「天気」ですね。

天気の場合は、
大雨や暴風が弱まった場合などに使います。

【例】

「雨」⇒「大雨だったのが、小降りになってきた時」

「風」⇒「暴風がおさまり、風が弱くなってきた時」

 

また、最後の例文のように
国と国の関係」に対して使うこともあります。

これはよく新聞などで使われるのですが、
「いったんの危機的状況は脱した」という意味ですね。

両国が最悪の関係から脱した時などによく使われる表現です。

いずれにせよ、
小康状態は様々な状況・状態に対して使える言葉
と考えて問題ありません。

関連:>>状況と状態の違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

では、今回のまとめをしておきます。

 

小康状態」=一旦悪くなったものが回復し、落ち着いている状態。

語源」=「小さな無事が続く様子」から。

類語」=「下げ止まり・一段落・若干の回復」など。

英語」=「lull」「remission」

 

物事には色々な状態があります。

「最悪の状態」「普通の状態」「最高の状態」

「小康状態」とは、
「最悪の状態から少し脱した状態」だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク