この記事の読了時間: 619

年季が入る 意味 例文 使い方 語源 類語

 

年季が入る」という慣用句を聞いたことがありますか?

「年季が入った服だ」

「年季を入れたピアノだ」

何となく「古い」という意味なのかな?とは思いますが、
多くの人が正確なイメージを掴めていないかと思います。

 

そこで、今回は
「年季が入る」の意味・語源・類語・使い方
などを詳しく解説しました。

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

年季が入るの意味

 

まずは、基本的な意味です。

【年季が入る(ねんきがはいる)】

長い間修練を積んで確かな腕をしている。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

年季が入る」とは、
長い経験や修行によって、腕が上達していること」を言います。

 

例えば、
以下のように使います。

「あの寿司屋の大将は、年季が入っているのでとても信頼できるね。」

いくら寿司職人といっても、
全員が全員キャリアがあるわけではありません。

場合によっては、
5年や6年など中途半端な職人もいるでしょう。

つまり、この場合の大将は、
経験が長くてしかも腕がいい職人なので信頼できる
ということですね。

 

「年季が入った人」は、
経験によって色々な知識や技術を持っている人と言えます。

したがって、
「年季が入った人」=「経験豊富なベテラン」
と覚えてもよいでしょう。

 

また、辞書の説明にはありませんが、
年季が入る」は「使い込まれた・古びた」という
意味で使うこともあります。

この場合は、
人ではなく「」に対して使うと考えてください。

例えば、

  • 年季が入った車(使い込まれた車)
  • 年季が入った家(古びた家)

といった形です。

 

多くの辞書にはこの用例は載っていませんが、
実際の文章では、この意味で使われることが非常に多いですね。

なぜかというと、
一種の比喩表現を使っているからです。

 

比喩(ひゆ)」とは、
何かを他の何かに置きかえて表現すること」を意味します。

 

要するに、「比喩」を使うことにより、
長い経験や修行をした家」のように
家を人に置き換えて表現している」わけですね。

さすがにこのままでは伝わりにくいので、
古びた家」という意味になるのです。

 

整理すると、

年季が入る」=長い経験や修行によって、腕が上達していること。

に対して使う場合」⇒使い込まれた・古びた。

となります。

スポンサーリンク

年季が入るの語源・由来

 

ところで、「年季が入る」という言葉は、
どこから来ているのでしょうか?

 

まず、「年季」の語源は、
年季奉公(ねんきぼうこう)
という四字熟語からきています。

 

年季」とは、「年を単位として定めた、奉公する年数

そして、「奉公(ほうこう)」とは、
他の家に一定期間住み込みで働くこと」を意味します。

つまり、「年季奉公」とは、
一定の年数を単位として住み込んで働くこと
を言うわけです。

 

また、「入る」は「水が入る」「ガソリンが入る」などのように、
何かが注入されている」というイメージで考えてください。

 

すわなち、
「年季が入る」は働く年数が長く注入されているので、
「経験があって腕が立つ」という意味になるわけですね。

 

ちなみに、
よく間違えやすい使い方として、
「年期が入る」があります。

年期」とは、
「一年を単位とする期間のこと」を言い、
「決算の年期」などの使い方が一般的です。

 

この「年期」には、
「年季」のように「奉公(働く)」
という意味は含まれていません。

言いかえれば、
「単に期間を表した言葉」ということです。

したがって、
年期が入る」という表現は、
全くの間違いであることが分かるかと思います。

スポンサーリンク

年季が入るの類語・対義語

年季が入った 類語

 

続いて、
「年季が入る」の「類語」と「対義語」を紹介します。

まずは、「類語」からです。

【熟す・熟成する・円熟する】

人や果物が、長い年月をかけて成長すること。

【時代がつく】

時を経て、古びた感じや古風な趣がつくこと。

【時代掛かる(じだいがかる)】

長い年月により、古風な感じが出ること。

【時代めく】

時を経て、古風な趣が出てくること。

【味が出る】

長い年月を経て、独特な雰囲気を醸し出すこと。

【レトロな】

昔懐かしい様子のこと。

全部で6つ類語を紹介しました。

いずれの類語も、
古びた」「趣が出た」など
長い年月をかけている点が共通点となります。

 

逆に、「対義語」としては、
以下のような言葉が挙げられます。

【未熟(みじゅく)】

経験や技術が足りないこと。

【青二才(あおにさい)】

経験が浅くて若い男。

【新米(しんまい)】

仕事などに慣れていないこと。仕事の日数が少ないこと。

【駆け出し(かけだし)】

物事を始めたばかりの人。

【くちばしが黄色い】

年が若くて経験の足りないこと。

※ひな鳥のくちばしは黄色いことから。

こちらも代表的なものを5つ挙げました。

経験が浅い・物事に慣れていない
といった意味の言葉が反対語となりますね。

補足すると、上記の言葉は「人」に使うのが基本ですが、
モノに使うような場合は「新しい」「最新の」などが対義語となります。

年季が入るの英語

 

続いて、英語訳です。

「年季が入る」は英語だと次のような言い方があります。

 

skilled(熟練した)」

experienced(経験を積んだ)」

old(古い)」

archaic(古風な・昔風の)」

 

前半2つは、「人」に対して使う表現です。

一方で、後半2つは「モノ」に対して使う表現です。

 

英語では「年季」という概念はないので、
単純に「経験を積んでいること」や「古びた様子」
を相手に伝えればよいでしょう。

それぞれの例文も紹介しておくと、次のような形です。

He is a skilled driver.(彼は熟練した腕の立つドライバーだ。)

She is an experienced teacher.(彼女は経験を積んだ教師だ。)

That  building is very old.(あのビルはとても古びているね。)

Some of these manners  are archaic.(これらの作法は古びているよ。)

スポンサーリンク

年季が入るの使い方・例文

 

では最後に「年季が入る」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. それなりの年季を入れないと、一人前の寿司職人にはなれない。
  2. あいつは10年ほど師匠の元で学んでいるため、さすがに年季が入っているね。
  3. 彼はサッカーには、だいぶ年季を入れていたようだ。
  4. 紹介された物件は、ずいぶんと年季の入ったアパートだった。
  5. 年季の入った木製のバットで素振りをする。
  6. 年季の入った中古車だったが、安かったため購入した。
  7. この地域は、年季の入ったビルが多いね。
  8. 年季の入ったピアノで、演奏を開始する。

 

「年季が入る」は、
人よりも物に使う場合が多いという印象ですね。

特に、家やビルなどの古い建築物に
使われることが多いです。

 

ここで大事なのは、「物」の場合は
語尾が「年季の(が)入った~」のようになる点です。

間違っても、「年季が入るビル」のように
使わないように注意しましょう。

モノに使うような場合は、
「年季が入った」と受け身の形で使うのが基本だと思ってください。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

年季が入る」=長い経験や修行によって、腕が上達していること。使い込まれた・古びた。

語源」=「働く年数が長く注入されていること」ため。(年季は「年季奉公」から)

類語」=「熟す・時代がつく・時代めく・味が出る・レテロな」など。

対義語」=「未熟・青二才・新米・駆け出し・くちばしが黄色い」など。

英語」=「skilled」「experienced」「old」「archaic」

ということでしたね。

 

日常生活を振り返ると、
「使い込まれたもの」というのは意外とあふれています。

この記事をきっかけに、
「年季が入る」を使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク