この記事の読了時間: 615

 

木で鼻を括(くく)る」という慣用句をご存知ですか?

「腹をくくる」「たかをくくる」
などの言葉は聞いたことがありますね。

ただ、「木で鼻?」となると
なかなか聞かない表現なのでイメージがわきにくいと思います。

そこで今回は、
木で鼻をくくる」の意味や由来・短文・使い方
などを詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

木で鼻をくくるの意味

 

まずは、この言葉の意味です。

【木で鼻を括る(きではなをくくる)】

無愛想な、素っ気無い、冷淡な態度のこと。

出典:実用日本語表現辞典

木で鼻をくくる」とは、
無愛想な態度や素っ気ない態度のこと」を言います。

簡単に言うと、
冷たい態度のこと」ですね。

 

使い方としては、以下のように使います。

「あの店員は、木で鼻をくくるような接客態度だね。店長はちゃんと指導しているのだろうか?」

この場合は、要するに、
店員の態度が無愛想で冷たい」ということです。

具体的には、

  • 「笑顔が一切ない」
  • 「明るさを感じられない」
  • 「返事をちゃんとしない」

といった感じです。

 

このように、
「相手に対してぶっきらぼうに接する態度のこと」を
「木で鼻を括る」と言うわけです。

したがって、この慣用句は、
基本的にはあまり良い意味では使いません。

主に、相手に対して不機嫌な対応や
冷たい対応をする人を批判して言うことが多いです。

木で鼻をくくるの語源・由来

 

ところで、「木で鼻をくくる」の語源は、
どこから来ているのでしょうか?

 

まず、「くくる」ですが
これは漢字だと「括る」と書きます。

意味としては、
何かをひもで縛りつけたりまとめたりすることです。

しかし、
実際に木で鼻を縛りつけることなど、痛すぎてできませんよね?

やわらかい木ならできなくもありませんが・・・

 

実は、「くくる」は「こくる」の誤用が慣習化したもの
だと言われています。

 

こくる」とは、「こする」という意味の動詞です。

つまり、
木で鼻をこする」が元々の言い方だったのです。

 

それがいつの間にか、
「木で鼻をくくる」という言い方に変わっていったのです。

ことわざの世界では、
このように本来の言い方から派生し、
言いやすい表現へ変わることがよくあります。

 

では、「木で鼻をこする」とはどういう意味だったかと言うと、
これは「人が鼻水をかむ様子」だと言われています。

 

昔は、紙自体が貴重品であったため、
木で鼻をこすって鼻水を処理していました。

もちろん木で鼻をこすったら、痛くて顔がゆがむでしょう。

その時の不機嫌な顔が、
現在の「無愛想な様子」の由来だと言われています。

 

流れをまとめると、

「木で鼻をくくる」⇒元々は「木で鼻をこする」
⇒「痛くて顔がゆがむ」⇒「不機嫌な顔」⇒「無愛想・冷たい

このように考えると分かりやすいかと思います。

スポンサーリンク

木で鼻をくくるの類語

木で鼻をくくる 類語

 

続いて、「木で鼻をくくる」の
「類語」を紹介します。

【杵(きね)で鼻をこくる】

無愛想な態度のこと。

「杵(きね)」とは、
穀物や木の実をすりつぶすための道具です。

「杵」を使って鼻をこすっても当然痛いため、
同じような意味になりました。

【擂粉木(すりこぎ)で鼻をこくる】

無愛想な態度のこと。

「擂粉木(すりこぎ)」とは、
すり鉢(ばち)で物をすりつぶすのに用いる棒のことです。

同じく、鼻に使っても痛いため、
無愛想という意味になりました。

【拍子木(ひょうしぎ)で鼻をこくる】

無愛想な態度のこと。

「拍子木(ひょうしぎ)」とは、
リズムをとるために叩く木の棒のことです。

(同じく、棒で鼻をこすっても痛いため)

以上、3つの「類語」となります。

共通しているのは、
どれも木を使ったものということですね。

これらのことわざは全て、
「木で鼻をくくる」を言い間違えた結果、
生まれたものだと言われています。

 

また、木を使ったもの以外だと
以下の言葉も「類語」と言えるでしょう。

  • にべもない
  • けんもほろろ
  • 冷淡な
  • 取り付く島もない

いずれも、
相手からの相談や要求に対して、
無愛想にふるまう場合に使います。

 

逆に「対義語」としては
以下のような言葉が挙げられます。

  • 愛想がよい
  • 人当たりが良い
  • 温和な
  • 柔和な
  • ソフトな

こちらは相手に対して柔らかい印象を与える言葉ですね。

反対語なので、
基本的にはポジティブな意味で使います。

 

ちなみに、四字熟語だと
木鼻答弁(きはなとうべん)」があります。

「木鼻答弁」とは、
「相手を小バカにして、質問に答えない様子」という意味です。

「木で鼻をくくる」とは微妙に意味が異なりますので、
両者を混同しないように注意してください。

木で鼻をくくるの英語訳

 

続いて、英語訳です。

「木で鼻をくくる」は英語だと次のように言います。

 

give a blunt answer(manner).」

 

直訳すると、
ぶっきらぼうな答え(態度)を与える」となります。

「blunt」は「無愛想な」、
「answer」は「返事」「manner」は「態度」という意味です。

これらを組み合わせることで、
「無愛想な態度をする」という訳になります。

 

例文だと、以下のような形ですね。

「She gave me a blunt answer.(彼女は無愛想な返事をした)」

 

また、「blunt」以外だと「curt」を使うこともできます。

「curt」とは、「そっけない・ぶっきらぼうな」などの意味です。

こちらも同じように
give a curt answer.」のように使います。

どちらも使うことができますが、
「cur」の方がより冷淡なイメージの言葉だと考えてください。

スポンサーリンク

木で鼻をくくるの使い方・例文

 

では最後に、「木で鼻をくくる」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. お気に入りの店に行ったが、木で鼻をくくるような接客をされた。
  2. 木で鼻をくくるような挨拶に、続きを話す気持ちが失せてしまった。
  3. 彼女はアイドルにもかかわらず、木で鼻をくくるような態度が目に付くね。
  4. あの人にメールを送っても、いつも木で鼻をくくるような返事をされるよ。
  5. 部下たちの木で鼻をくくったような挨拶にはびっくりした。
  6. 木で鼻をくくるような態度なので、あいつは面接に落ちたに違いない。
  7. 飲み会を毎回断るなんて、あいつは木で鼻をくくるような奴だ。

 

「木で鼻をくくる」は上記のように、
人の態度や言動に対して使う言葉だと思ってください。

特に多いのが、会話や挨拶、接客など
人同士が基本的なコミュニケーションをとるような場合ですね。

これらの場面で、
「冷たい態度をとる人」「そっけない態度をとる人」といった意味で使われます。

 

基本的には日常生活で使うことが中心ですが、
最近ではビジネスでも使われているようです。

ビジネスでは、
「無愛想」といった意味に付け加え、
不親切・非社交的」といったニュアンスも含まれます。

例えば、最後の例文では、
「飲み会を毎回断る非社交的な人」という意味で使われていますね。

このように、ただ無愛想な人というイメージではなく、
相手と積極的にコミュニケーションを取ろうとしない人
というイメージも頭に入れておくとよいかと思います。

関連:>>にべもないの意味とは?使い方や由来・例文を解説

関連:>>如才ないの意味とは?語源や使い方・例文を解説

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

木で鼻をくくる」=無愛想な態度や素っ気ない態度のこと。

語源」=⇒木で鼻をこすると、痛くて顔がゆがむ様子から。(「くくる」は「こする」の誤用が広まったもの)

類語」=「杵で鼻をこくる・擂粉木で鼻をこくる・拍子木で鼻をこくる」など。

英語」=「give a blunt answer(manner)」

 

なかなか面白い語源でしたが、いかがだったでしょうか?

この記事をきっかけに、ぜひ使い方を覚えておきたいですね。

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)