この記事の読了目安: 441

心身一如 意味とは 読み方 使い方 英語 東洋医学

心身一如」という四字熟語をご存知でしょうか?

別の言い方だと「身心一如」とも言いますね。

実はこの言葉は、
ヨガや漢方など東洋医学の世界ではよく使われているのです。

今回は、「心身一如」の意味や語源・由来・類語などを解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

心身一如の読み方・意味

 

まず、読み方と基本的な意味です。

【心身一如(しんしんいちにょ)】

身心ともに充実していること。物事に一心に集中しているさま。また、身体と精神は一体であって、分けることはできず、一つのものの両面にすぎないという仏教の考え。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

心身一如」は、「しんしんいちにょ」と読みます。

「心身」は「しんじん」とも読めるので、
「しんじんいちにょ」と読む場合もありますが、
多くの場合「しんしんいちにょ」と読みます。

 

意味としては、簡単に言うと、
心と身体は一つであること」を表します。

言い換えれば、
「心と身体はつながっている」ということですね。

 

例えば、
私たちはストレスがたまり心に悪影響が出ると、
胃腸の調子が悪くなったりします。

逆に、病気や怪我などがずっと続き、
身体の傷が直らない状態が長引くと心がおかしくなったりします。

このような現象は、まさに心と身体が一つであることの証であるので「心身一如」であると言えるのです。

 

ちなみに、辞書の説明にもあるように、
「心身一如」は「心身ともに充実していること・物事に集中している様子」という意味も含んでいます。

ただし、この意味で使うことは少ないと考えて下さい。

心身一如の語源・由来

 

心身一如」の由来は、
鎌倉時代初期の禅僧である「道元(どうげん)」の言葉までさかのぼります。

彼は自らが執筆した仏教の思想書、
『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』の中で次のようなことを述べました。

「仏法にはもとより心身一如にして性相不二なり」

これを簡単に訳すと、
「仏の教えでは、心と身体は一つであり、性相(しょうそう)は別々ではない」となります。

要するに、
「心と身体は別々に分けられるものではない」と言ったわけです。

 

元々この考え方は、仏教の教えが元になっています。

仏教では、「心」と「体」は密接に関わっており、
お互いがお互いに影響し合うものだと考えられてきました。

現在でも、漢方治療や鍼・お灸などの東洋医学の分野では、
この考え方が元になっています。

例えば、ストレスをためると胃腸に良くない。

怒ると肝臓に良くない。恐怖は腎臓に良くない。

これらの考え方はまさに、
現在の東洋医学の考え方の根本になっています。

心身一如」はこのように、
現在でも様々な場面で応用されている四字熟語なのです。

スポンサーリンク

心身一如の類語

心身一如 類語

 

心身一如」の類語は次の通りです。

【不離一体(ふりいったい)】

両者が一つになりお互いが離れないこと。

※「一体不離」とも言う。

【一心同体(いっしんどうたい)】

多くの人が心も体も一つの人間であるかのように、強い絆を持つこと。

【精神統一(せいしんとういつ)】

気持ちを一つの物事に集中させること。

【生死一如(せいしいちにょ)】

「生」と「死」は切手も切り離せないこと。

以上、4つの類語を紹介しました。

基本的なイメージとしては、
「心と身体が一つである様子」となります。

そこから派生して、
精神を集中させる言葉である「精神統一」
なども類語に含まれると考えて下さい。

また、冒頭でも説明したように、
「心身」の「心」と「身」を入れ替えて「身心一如」と言う場合もあります。

この場合は全く同じ意味なので「同義語」と考えてよいでしょう。

心身一如の英語訳

 

続いて、「心身一如」の英語訳です。

 

mind-body unity

the same in mind and body

 

「mind」は「心・精神」を表し、
「body」は「体・肉体」を表します。

「unity」は「単一」や「統一」を表すので、
「心と身体の統一」すなわち「心身一如」と訳すことができます。

また、「same」は「同じ」という意味なので、
後者のように「心と身体は同じである」と訳すこともできます。

どちらも言っていることは同じので、
文脈によってうまく使い分けるようにしてください。

スポンサーリンク

心身一如の使い方・例文

 

では、最後に「心身一如」の使い方を例文で確認しておきましょう。

 

  1. 仏教の教えを説いたもの、それが心身一如である。
  2. 東洋医学では、陰陽五行、心身一如などを意識して患者を治療する。
  3. マッサージやヨガは、心身一如を実践したものだと言える。
  4. よく「病は気から」と言うけど本当だね。心身一如を強く感じたよ。
  5. スポーツは、体を鍛えるだけではダメで心身一如の精神を持つことが重要だ。
  6. 「心身一如」、メンタルを疎かにすると体にも影響が出ますよ。

 

「心身一如」は、
普段の日常会話で使われることは多くありません。

上記のように、
東洋医学やマッサージなど健康面について
話をする時に使われることが多いです。

特に、最近では健康ブームと言われるほど、
世の中では健康を意識することが重視されています。

そういった場面で、
「人間の心と体は、深く結びついている」ということを
伝えたい時に「心身一如」は使いやすいでしょう。

関連:>>心身二元論とは?例や問題点をわかりやすく解説

関連:>>全身全霊の意味とは?使い方や例文・類語を解説

まとめ

 

以上、今回の内容を簡単にまとめると、

心身一如(しんしんいちにょ)」=心と身体は一つであり、別々には分けられないこと。

語源・由来」=道元の仏教思想書である『正法眼蔵』から。

類語」=「不離一体・一心同体・精神統一・生死一如」など。

英語」=「mind-body unity」「the same in mind and body」

ということでした。

 

「心身一如」は、
人間の体の性質、心の性質を両局面から表した四字熟語です。

古くからある言葉ですが、現在でも使われていますので、
これを機会に意味を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)