この記事の所要時間: 58

 雲外蒼天 意味とは 使い方 由来 英語

「習字」や「書道」などに
よく使われる四字熟語があります。

雲外蒼天の極み」

雲外蒼天の気持ち」

一般的には上記のように言いますね。

最近では、「座右の銘」として
掲げている人も多いようです。

 

実はこの言葉は、
様々な場面で使えて便利なのです。

この記事では、
雲外蒼天」の意味・使い方・語源・類語
などを詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

雲外蒼天の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【雲外蒼天(うんがいそうてん)】

試練を乗り越えていき、努力して乗り越えれば快い青空が望める、という意。

出典:コトバンク

雲外蒼天」とは、
試練を乗り越えて努力していけば、快い青空が望めること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

大学に落ちたって?雲外蒼天の気持ちでがんばれば、報われるよ。

この場合は、簡単に言うと
「大学に落ちた友人を励ました文章」
となっています。

 

「受験」というのは、当然ながら
学生にとって一番の試練ですよね?

特に、大学受験は
中学や高校に比べれば何倍もきついと言われています。

しかしながら、
地道な努力を毎日継続していけば、
「合格」という良い結果が待っているはずです。

 

このように、
困難を乗り越えた先に、明るい未来が待っていること
を表す時に「雲外蒼天」を使うわけですね。

イメージ的には、
励ましの言葉」「激励の言葉
などと覚えれば分かりやすいでしょう。

雲外蒼天の由来・語源

 

「雲外蒼天」は、
雲外に蒼天あり」とも言います。

「雲」というのは、
様々な困難や障害」を意味します。

これは、「雨雲」などの
どんよりした雲をイメージすれば
分かりやすいでしょう。

 

そして、「青い天」は「青い空」、
すなわち「明るい未来」を指します。

 

つまり、「雲外蒼天」を分かりやすく訳すと
困難や障害の外には、明るい未来がある
という意味になるわけですね。

 

考えてみれば、
雨雲自体はどんよりしていても、
「雲の上」は常に青空が広がっています。

たとえ、地上に雨が降ろうと
この事実は変わりません。

 

よって、「雲外蒼天」の語源を見ていくと、
雲の上は常に明るい」という意味が
込められていることに気づかれると思います。

 

私たちは、目先の不幸や困難に直面すると、
それが全てのように錯覚してしまいますよね?

ところが、「長い人生」という広い視野で考えれば、
「天上は常に明るい」という気持ちを持つことも
大事なのかもしれませんね。

 

ちなみに、
「雲外蒼天」という言葉の
明確な出典は現在の所ありません。

「いつ・誰が作ったか?」ということも不明なため、
多くの辞書にも載せられていないです。

そのため、
詳しい由来は特に気にする必要はない
と言えるでしょう。

スポンサーリンク

雲外蒼天の類語

雲外蒼天 類語 反対語

 

「雲外蒼天」の
「類語」は以下の通りです。

 

  • 開雲見日(かいうんけんじつ)
  • 撥雲見日(はつうんけんじつ)
  • 撥雲見天(はつうんけんてん)

 

3つとも共通しているのは、
心配ごとがなくなり、将来に希望が持てるようになる
という意味ですね。

 

また、似たような四字熟語としては、
旭日昇天(きょくじつしょうてん)」もあります。

意味としては、
朝日が天にのぼるように、勢いが盛んな様子
を表します。

こちらは、不安や心配事などがなくなり、
さらに勢いよく上昇する様子を表した言葉ですね。

関連記事:>>万里一空の意味とは?使い方や例文・語源も解説

 

逆に、「反対語」としては、
暗雲低迷(あんうんていめい)」が挙げられます。

「暗雲低迷」とは、
悪い状態がずっと長く続く様子
という意味です。

主に、政治や経済などの
社会情勢に使う言葉と考えてください。

雲外蒼天の英語

 

続いて、英語訳です。

「雲外蒼天」は、
英語だと次のように言います。

 

sky beyond the clouds azure sky」(蒼天の雲を超えた青空)

 

一つずつ説明すると、

「sky」=「空」

「beyond」=「~を超えた」

「cloud」=「雲・曇り」

という意味です。

「azure」は「空色・淡青色」という意味ですが、
「sky(空)」を付け加えることにより、
「蒼天・青空」という訳になります。

 

また、「雲外に蒼天あり」だと、
以下のような言い方もできますね。

There is always light behind the clouds.
(雲の向こう側には、常に光がある。)

If you go outside the clouds, you can see the blue sky.
(雲の向こう側にいけば、青空を見れるだろう。)

実際の用例だと、こちらの2つの方が
多いと言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

雲外蒼天の使い方・例文

 

では、「雲外蒼天」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 雲外蒼天の意志で、政治家になる決意をした。
  2. 雲外蒼天の心境で、日々精進していくつもりです。
  3. 卒業式で、先生から「雲外蒼天」という言葉を頂いた。
  4. 雲外蒼天、あきらめずに努力すれば必ず光は見えてくるはずだ。
  5. 10年越しの夢が叶ったなんて、雲外蒼天の極みと言えるだろう。
  6. 雲外蒼天を信じてここまでやってきたので、本当に嬉しいです。

 

例文のように、「雲外蒼天」は
受験や卒業式・ビジネスだと
様々な場面で使うことができますね。

 

「自分の周りの人が苦しんでいる」
というケースは日常生活でもよくあります。

なので、
「人生をポジティブに好転させる」
という意味で使いやすいわけですね。

 

もしも自分に対して使う場合は、
「弱気になってはいけない!」「絶望してはいけない!」
と励ますような場合に使うのがよいでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

雲外蒼天」=試練を乗り越えて努力していけば、快い青空が望めること。

語源」=(困難や障害)のには、蒼天(明るい未来)がある。

類語」=「開雲見日・撥雲見日・撥雲見天」など。

ということでした。

 

人は生きていれば、少なからず
「困難」や「障害」にぶち当たります。

しかしながら、
困難を乗り越えた時に初めて人として成長できる
と言えるのではないでしょうか?

「雲外蒼天」は、そのような人生の悟りを
教えてくれる四字熟語なのかもしれませんね。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク