この記事の読了時間: 61

同工異曲 意味とは 由来 語源 例文 使い方 対義語

 

同工異曲」という四字熟語があります。

漢字だけを見ると「曲」が入っているので、
音楽に関係していそうですね。

ただ、実際には様々な場面で使われている言葉でもあるのです。

もしも使い方を覚えられれば、
表現の幅が広がることは間違いないでしょう。

この記事では、「同工異曲」の意味や短文、
使い方・語源などを詳しく解説しました。

さっそく、確認していきます。

スポンサーリンク

同工異曲の意味・読み

 

まずは、基本的な意味と読み方です。

【同工異曲(どうこういきょく)】

音曲・詩文などの技巧は同じであるが、趣が異なること。

ちょっと見ると見かけは違うようでも、内容は同じであること。

出典:三省堂 大辞林

同工異曲」は、「どうこういきょく」と読みます。

意味としては、2つあります。

1つ目は、
技巧は同じだが、趣(おもむき)が異なること」という意味です。

この場合は、
音楽や詩・絵画などの芸術作品に対して使うと考えて下さい。

【例】⇒一見同じ曲に聞こえるけど、実際は同工異曲だ。全く異なるよ。

 

そして2つ目は、
見かけは異なるが、内容は同じであること」という意味です。

【例】⇒君たちの意見はどれも同工異曲だ。もっと斬新なアイディアを出さないと。

この場合はつまり、
「一見違うように見えるけども、どれも似たり寄ったりな意見」ということです。

 

以上、2つの意味を紹介しました。

比較しても分かるように、
お互いが正反対の意味を持っています。

1つ目は、
表向きは似ているが、中身や奥深さが異なること

2つ目は
表向きは異なるが、中身は同じであること」という意味です。

後者の方は前者の意味から派生したものですが、
現在ではこちらの意味として使うことの方が多いです。

ただし、前者の意味として使うこともあるため、
最終的には文脈によって判断する必要があります。

同工異曲の語源・由来

 

次に、「同工異曲」の語源と由来を確認していきます。

 

まず「同工」とは「作り方や手際が同じであること」を意味します。

」という字は、「加工」「工作」「工夫」
などの言葉があるように「技量」や「巧みさ」を表します。

このことから、「同工」は
「同じような技量で作られたこと」を意味するようになったのです。

 

そして、「異曲」は文字通り「異なる曲」と書くので、
出来上がりが異なる完成品」のことを意味します。

ここから派生し、現在では
「中身や内容が異なること」という意味でも使われています。

以上のことから考えると、「同工異曲」の本来の意味は
作り方は同じでも、出来上がりが異なる完成品」ということが分かるかと思います。

 

元々この四字熟語は、
中国、唐代の詩人である「韓愈(かんゆ)」が書いた
『進学解(しんがくかい)』に登場したのが最初です。

以下、実際の文です。

「子雲、相如、同工異曲

これを簡単に訳すと、
「子雲や司馬相如(しばしょうじょ)など、同じ作りだが異なる曲がある。」となります。

つまり、
同じ作り方でも、実際は違う曲調に聞こえる」と言っているわけですね。

ここから、「違うように見えて、同じようなもの
という意味でも使われるようになったのです。

本来の意味からは少し飛躍しているようにも聞こえますが、
四字熟語の世界ではこのように意味が変わっていくのはよくある話です。

スポンサーリンク

同工異曲の類語・対義語

同工異曲 類義語 対義語

 

続いて、「同工異曲」の「類語」を紹介します。

【大同小異(だいどうしょうい)】

細かい点に違いはあるが、だいたいは同じであること。

【換骨奪胎(かんこつだったい)】

外見や外形は元のままで、中身だけを取り換えること。

【異曲同工(いきょくどうこう)

「同工異曲」の前後を入れ替えた言葉。同義語。

【五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)】

少しの違いはあっても、本質的には同じであるということ。

補足すると、「換骨奪胎」とは、
「人の骨を取り換え、さらに胎盤を奪い取って自分のものとすること」からできた言葉です。

転じて、現在では、
「古人の詩文の表現を基にしながら、自分独自の作品を作り上げる」
という意味で使われることが多いです。

最終的には、詩の中身である
趣や風情が異なることになるので類語と言えますね。

 

また、「大同小異」とは、
「似たりよったりでほとんど大差のないこと」という意味です。

この四字熟語が言いたいのは、
結局は同じである」ということです。

「五十歩百歩」などもこの類に含まれます。

対して、「換骨奪胎」は
結局は異なる」という意味の言葉です。

「同工異曲」は、2つの意味を持っているため、
どちらの意味でも類語になるということです。

 

ちなみに、この四字熟語の
「対義語」と明確に定義できるものはありません。

なぜかと言うと、この言葉自体に
正反対の2つの意味が含まれているからです。

同工異曲の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「同工異曲」は英語だと次のように言います。

 

be practically the same(実際は同じである)」

much the same(似たり寄ったり・大同小異の)」

 

「practically」は、「実際には・ほとんど」などを意味する副詞です。

これに「同じ」という意味の「same」をつけることで、
「ほとんど同じであること」を伝えることができます。

また、「much」には「ほぼ・だいたい」などの意味があります。

これは、類似する語句を修飾する時に使われる表現です。

一種の熟語表現と同じなので、
「much the same」=「ほぼ同じ」と覚えても構いません。

 

例文だと、それぞれ以下のような言い方です。

This problem is practically the same.(今回の問題は、本質的には同じである。)

The results were much the same.(その結果は、ほぼ同じであった。)

スポンサーリンク

同工異曲の使い方・例文

 

では、最後に「同工異曲」の使い方を例文で確認しておきましょう。

 

  1. 最近の映画はどれも同工異曲なので、皆が飽きてきているね。
  2. 同工異曲の質問ばかりで、こちらも少し疲れてきたよ。
  3. 同工異曲の商品ではなく、もっとオリジナリティーを出すべきだ。
  4. 小説と言っても、同工異曲じゃ意味がない。誰かの二番煎じはやめよう。
  5. 応募作品の中には同工異曲のものもあったが、全体としては新鮮さに欠けた。
  6. 楽器は同じでも、演奏者が異なるとここまで変わるのか。まさに同工異曲だね。

 

上記のように、「同工異曲」は、
見かけは異なるが、結局、中身が似通っている
という意味で使われることの方が多いです。

この場合は、オリジナリティーがないものを
皮肉を込めて否定するような時に使います。

本来の語源としての「実際は趣がある」という意味で
使われることもあります(例文5・6)が、この使い方をすることは少ないです。

したがって、一般的な使い方としては、
「同工異曲」=「ネガティブな言葉」と考えて問題ないでしょう。

なお、「同工異曲」を
「同巧異曲」と書くのは誤りです。

よくある書き間違えなので注意してください。

関連:>>已己巳己の意味や読み方は?使い方・例文も解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

同工異曲」=①「技巧は同じだが、趣が異なること」②「見かけは異なるが、内容は同じであること

語源・由来」=「作り方は同じでも、出来上がりが異なる完成品」(韓愈の『進学解』)

類語」=「大同小異・換骨奪胎・異曲同工・五十歩百歩」など。

英語」=「be practically the same」「much the same」

ということでした。

 

「同工異曲」は、元々は音楽や詩文から来た四字熟語です。

しかし、現在では様々な場面で使える言葉ですので、
この機会にぜひ使ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)