この記事の所要時間: 446

 

皆さんは、
蓋然性」と「可能性
の違いを説明できますか?

 

どちらの言葉も、
漠然としたイメージは持っていると思います。

しかし、
「いざ人に説明する」となると多くの人が
つまづいてしまうのではないでしょうか?

そこで今回は、
蓋然性と可能性の意味・違い・使い方など
を解説していきたいと思います。

 

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

蓋然性の意味

 

まずは、
「蓋然性」の意味です。

【蓋然性(がいぜんせい)】

ある事柄が起こる確実性や、ある事柄が真実として認められる確実性の度合い。確からしさ。これを数量化したものが確率。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

蓋然性(がいぜんせい)」とは、
それが現実になる確実性がどのくらいあるか
という意味です。

分かりにくく感じる人は、
確率」とほぼ同じ意味だと思ってください。

 

使い方としては、
以下のように使います。

「明日は雨になる蓋然性は高い」

この場合は、
「雨になる確実性が高い」ということですね。

 

「蓋然性」は、
一般的には「高い」「低い」のように言います。

 

ただし、場合によっては
「蓋然性がある」「蓋然性がない」
という使い方もします。

蓋然性」≒「確率」なので、
この場合、「確率が0であるか、0ではないか」
ということですね。

可能性の意味

 

続いて、
「可能性」の意味です。

【可能性(かのうせい)】

物事が実現できる見込み。

事実がそうである見込み。

潜在的な発展性。

④認識論で、ある命題が論理的に矛盾を含んでいないという側面を示す様態。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

可能性」とは、
それが現実になることがありえるかどうか
という意味です。

見込み」とほぼ同じ意味
だと思ってもらっても結構です。

 

使い方としては、
以下のように使います。

「株式投資は、失敗する可能性もある」

投資というのは、
全員が成功できるわけではありません。

必ず失敗する人が出てきます。

 

このように、「可能性」とは、
何かの現象が起こるか起こらないかを
伝えたいときに使うのです。

 

一般的には、
「可能性がある」「可能性がない
という使い方が多いです。

ただし、場合によっては
「可能性が高い」「可能性が低い」
という使われ方もします。

スポンサーリンク

蓋然性と可能性の違い

蓋然性 可能性 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

蓋然性」=それが現実になる確実性がどのくらいあるか。確率」とほぼ同義。

可能性」=それが現実になることがありえるかどうか。見込み」とほぼ同義。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
大まかに数値化できるかどうか
となります。

 

「蓋然性」は、
確実性がどれくらいあるかを表した言葉です。

つまり、
「蓋然性」を使うときは、
大まかに数値化できるのです。

 

例えば、
天気予報というのは
降水確率が発表されます。

よくあるセリフとして、
「明日は降水確率70%です」
のように伝えますよね?

このように、
客観的なデータがある場合は、
確実性が高いと判断することができます。

 

したがって、
天気予報などの場合は、
「明日は雨になる蓋然性は高い」
のように使えるわけです。

 

一方で、「可能性」も
似たような意味で使うこともできますが、
必ずしも数値化できるとは限りません。

 

例えば、
以下のような文があったとします。

「彼はお笑い芸人として成功する可能性がある」

この場合、
お笑い芸人として成功する可能性を、
具体的な数値で表すことが難しいです。

なぜなら、彼が成功するためには、
笑いのセンス・見た目・努力・運など
数字では測れない様々な要因があるからです。

 

このように、
確実性がどれくらいかを数値化しにくい場合は、
「可能性」を使うのです。

 

まとめると、

蓋然性」⇒大まかに数値化できる時に使う。

可能性」⇒数値化できるとは限らない。

となります。

関連記事:>>偶然と必然の意味の違いとは?使い方や例文も

関連記事:>>兆候と徴候の違いとは?意味や使い分けも

 

補足すると、

主観的か客観的か」という違いも
押さえておくとよいでしょう。

関連記事:>>主観的と客観的の違いとは?意味や例文も解説

 

「蓋然性」は、
客観的な要因を考えて判断します。

したがって、
必ずそうなるわけではありませんが、
ある程度の確実さを表した言葉なのです。

 

一方で、「可能性」は
主観的な希望のような意味が
含まれる場合があります。

したがって、
そうなる見込みはありますが、
そうはならない面も意識した言葉なのです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

それぞれの使い方を、
改めて確認しておきましょう。

 

【蓋然性の使い方】

  • 明日の予報は降水確率が70%なので、雨が降る蓋然性は高い。
  • 1対1のじゃんけんで、10回連続あいこが続く蓋然性は極めて低い。
  • 東大模試でA判定が出ている生徒は、合格できる蓋然性は高いと言える。

 

【可能性の使い方】

  • 教育をもっと充実させて、若者の夢を実現できる可能性を高めていきたい。
  • 三日連続で暴飲暴食をしてしまったため、明日以降は体調が悪くなる可能性がある。
  • 彼女の大事な私物を汚してしまったため、怒られる可能性がある。
  • 打率3割の一流バッターが、20打席連続凡退の可能性はあるが、蓋然性は低い。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

蓋然性」=それが現実になる確実性がどのくらいあるか。確率」とほぼ同義。

可能性」=それが現実になることがありえるかどうか。見込み」とほぼ同義。

両者の違いは、

蓋然性」⇒大まかに数値化できる時に使う。(ある程度の確実さを表した言葉)

可能性」⇒数値化できるとは限らない。(確実性を判断しにくい場合に使う)

ということでしたね。

 

この記事をきっかけに、
ぜひ使い分けができるようになってください。

今回は以上となります!

スポンサーリンク