この記事の読了時間: 526

「事」と「こと」  使い分け 違い 形式名詞 具体例

 

こと」という言葉を使う場合、二通りの書き方が存在します。

「珍しいが起こる。」

「そんなことはない。」

前者は「漢字」、後者は「ひらがな」での表記です。

この2つの違いはどこにあるのでしょうか。

今回は、「事」と「こと」の違いについて
具体例を交え分かりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

「事」の意味

 

まずは、「事」の意味からです。

」には、
普通名詞」としての意味があります。

「普通名詞」とは、「固有名詞」の対義語を指し、
犬・りんご・車・ボールペンなどのように普通の一般的な名称のことを意味します。

言い換えると、
本来の言葉の意味として使われている名詞」ということです。

今回の「事」であれば、元々は、
「事件」や「出来事」の意味として使われていることが当てはまります。

 

「普通名詞」は、文法だと
単独で主語になることができ、前に修飾語が必要ないのが特徴だと言えます。

【例】⇒「大変なが起こる。」

上の例文だと、「大変な」という部分を除いて、
「事が起こる。」という文だけでも成立します。

このように、「事」には、
前の修飾語を省いても単独で意味が通じるという特性があるのです。

「こと」の意味

 

続いて、「こと」の意味です。

こと」には、「形式名詞」としての意味があります。

形式名詞」とは、
それ自身では実質的意味を持たず、常に連体修飾語を受けて名詞としての機能を果たす語」のことを指します。

【例】⇒「これから出かけるところだ」の「ところ」、

   ⇒「海に行くときは車で行く」の「とき」など。

これと同様に、
「こと」にも「形式名詞」としての役割があります。

例えば、以下のような使い方です。

【例】⇒「そんなことはないです。」「思ったことを言いなさい。」

「形式名詞」には、「必ず前に修飾語が付く」という特徴があります。

上記の例文だと、「そんな」や「思った」などの修飾語が前に付くということです。

もし仮に修飾語を除いてしまうと、
文としての意味が通じなくなってしまいます。

なぜかと言いますと、形式名詞は実質的な意味を持たず、
漠然とした内容しか表していないからです。

そのため、形式名詞の「こと」を使うような場合は、
「こと」単体で主語になるようなことはできないのです。

スポンサーリンク

「事」と「こと」の違い

「事」 「こと」 使い分け 違い

 

以上の解説から考えると、
「事」と「こと」の違いは次のように定義できます。

」=普通名詞。単独で主語になれて、前に修飾語がいらない。

こと」=形式名詞。単独で主語になれず、前に修飾語が必ず付く。

 

「事」を使う場合は、前に修飾語がなくても意味が通じます。

一方で、「こと」の場合は必ず前に修飾語が付くのが特徴です。

簡単に判別する方法としては、
「こと」に「事件」を当てはめて意味が変わるかどうか?】というものがあります。

例えば、「大変なが起こる」という文があったとして、
「大変な事件が起こる」に置き換えたとしましょう。

この場合、元の文と後の文の基本的な意味が変わらないので、
「普通名詞」だということが分かります。

 

対して、「そんなことはない」という文に対して同様に
「事件」を当てはめてみるとします。

「そんなことはない」⇒「そんな事件はない」

この場合は、元々の文の意味からは大きくかけ離れているので、
上記の「こと」は「形式名詞」と判断できるわけです。

必ずしもこの判別方法が適用できるわけではありませんが、
一つの目安として使うのがよいでしょう。

 

一番良いのは漢字本来の意味から覚えていく方法です。

「事」という漢字は、
元々「事件」や「出来事」の「事」を由来とする字でした。

したがって、単独でもある程度、
具体的なイメージを持つことができる言葉となります。

ところが、「こと」という言葉は、
実体や内容がはっきりしていません。

そのため、「こと」の方は具体的なイメージではなく、
抽象的なイメージを表すような時に使うのです。

スポンサーリンク

公用文での表記・使い分け

 

「事」と「こと」については、
「公用文」でも使い分けがされています。

公用文に関しましては、
内閣訓令において以下のような原則を定めています。

次のような語句を()の中に示した例のように用いるときは、原則として仮名で書く。

ある(その点に問題がある。)

いる(ここに関係者がいる。)

こと(許可しないことがある。)

できる(だれでも利用ができる。)

とおり(次のとおりである。)

とき(事故のときは連絡する。)

ところ(現在のところ差し支えない。)

とも(説明するとともに意見を聞く。)

ない(欠点がない。)

なる(合計すると1万円になる。)

ほか(そのほか…,特別の場合を除くほか…)

もの(正しいものと認める。)

ゆえ(一部の反対のゆえにはかどらない。)

わけ(賛成するわけにはいかない。)

~以下略~

出典:「公用文における漢字使用等について」内閣訓令第1号

上記3文目の箇所に、
「許可しないことがある。」のように用いる時には、
原則として仮名(こと)で書く。と表記されています。

すなわち、「公用文」についても私文書と同様に、
形式名詞の場合はひらがなで書くことが推奨されているということです。

 

ただし、これはあくまで国が推奨しているという話であり、
必ずしも厳格に使い分けが徹底されているわけではありません。

最近では、普通名詞でも
漢字ではなくひらがなで書く傾向も見られます。

特に「こと・もの・ところ」などについては、
その傾向が強いようです。

 

これは世の中の流れとして、漢字ではなく、
なるべく分かりやすいひらがなを書くことの方が好まれているからだと思われます。

いずれにせよ、「普通名詞は漢字」「形式名詞は仮名」
という決まりができたのは戦後のことです。

そのため、昔の小説(特に戦前)などでは、
形式名詞にも関わらず作品の中で漢字で書かれている場合もあります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後に両者の使い方を例文で確認しておきましょう。

 

【事の使い方】

  1. もし相手に知られたら、である。
  2. まずは、の推移を見守ることにしよう。
  3. なきを得る」とは、よく言ったものだ。
  4. 争いを生むだけなので、喧嘩はよしてくれ。
  5. 勉学だけでなく、遊びをすることも時には重要だ。

 

【ことの使い方】

  1. 仕事は前もって準備することが重要である。
  2. 今回の問題については、うまいこと処理してください。
  3. 手ぶらで仕事現場に来る奴など、聞いたことがない。
  4. あんなことになって、本当に申し訳なかったです。
  5. 私の本音を言うならば、勝手なことをするなと言いたい。

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

」=普通名詞。単独で主語になれて、前に修飾語がいらない。

こと」=形式名詞。単独で主語になれず、前に修飾語が必ず付く。

公用文での使い方」⇒「形式名詞」の場合はひらがなで書くことを推奨。

ということでした。

 

「事」は「具体的なイメージの言葉」、

「こと」は「抽象的なイメージの言葉」と覚えておきましょう。

では今回は以上となります。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)