この記事の読了時間: 549

お釈迦になる 意味とは 語源 由来使い方 類語 英語 例文

 

お釈迦になる」という慣用句があります。

初めて聞いた人は方言かと思うかもしれませんが、
実はれっきとしたことわざの一種です。

ただ、そもそもなぜ「お釈迦」という言葉を使うのか
疑問に思った人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、
「お釈迦になる」の意味や語源・由来・類語
などを詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

お釈迦になるの意味・読み方

 

まずは、基本的な意味と読み方です。

【お釈迦になる(おしゃかになる)】

だめになる、出来損ないになる、使い物にならなくなる、といった意味の言い回し。

出典:三省堂 大辞林

お釈迦になる」は、「おしゃかになる」と読みます。

意味としては、
だめになること・使い物にならなくなること」などを表した言葉です。

例えば、以下のように使います。

衝突事故でせっかくの新車がお釈迦になった。本当に不運だったよ。

この場合はつまり、
「車が壊れて使い物にならなくなった」ということですね。

「お釈迦になる」はこのように、
製品などが使い物にならなくなること」を表す言葉だと思ってください。

多くは、二度と使えなくなったモノを嘆くような時に使います。

 

補足すると、「お釈迦になる」は、
作る過程で失敗し、製品として役に立たないものになる
という意味で使う場合もあります。

要するに、「失敗作になった」ということですね。

こちらの意味は先ほどの辞書の説明には書かれていませんが、
念のため覚えておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

お釈迦になるの語源・由来

 

「お釈迦になる」の由来は諸説ありますが、
一般的には次の3つの内のどれかと言われています。

 

鋳物職人が間違ってお釈迦様を作ってしまったことから。

人が死ぬことを「お釈迦になる」と言ったため。

お釈迦様の誕生日「4月8日」をもじったことから。

 

一つずつ見ていきましょう。

まず最初に、
鋳物職人が間違ってお釈迦様を作ってしまった」という説です。

昔、ある鋳物職人が阿弥陀象(あみだぞう)を作ろうとしていました。

しかし、実際にできあがったのは阿弥陀象ではなく、
お釈迦様の顔にそっくりだったそうです。

いくらお釈迦様と言っても、
注文したものと全く違っていては使い物になりません。

この事から「お釈迦になる」=「使い道がないこと
を表す言葉になったと言われているのです。

 

そして2つ目は、
人が死ぬことを”お釈迦になる”と言った」という説です。

昔からお釈迦様のことを「仏様」とも言っていました。

そして仏教の世界では、
「仏になること」は「死ぬこと」を意味していました。

死んでしまっては、人として何もすることができません。

このことから同じく、
「お釈迦になる」=「使い物にならない」になったとも言われているのです。

 

最後の3つ目は、
お釈迦様の誕生日「4月8日」をもじった」という説です。

江戸っ子の鋳物師が焼き物を作る際、
火力が強すぎて失敗したことがありました。

この時に「火が強かった」と言う所を
言い間違えて「シガツヨウカ(4月8日)」と言ってしまったという説です。

4月8日というのは、お釈迦様の誕生日として有名です。

このことから
「4月8日が失敗の原因」⇒「お釈迦になる」⇒「ダメになる」
という意味に派生していったというものです。

 

以上、3つの由来を紹介しました。

個人的には最後の説はかなりのこじつけにも聞こえますが、
この説が最も有力と主張する人もいるようですね。

いずれにせよ、
それぞれの語源には全てツッコミどころがあるので、
明確にどれが正しいとは言えないというのが現状でしょう。

スポンサーリンク

お釈迦になるの類語

御釈迦になる 類語

続いて、
「お釈迦になる」の「類語」を紹介します。

【お陀仏(だぶつ)になる】

死ぬこと。また、壊れてだめになること。

【おじゃんになる】

進行中の物事が途中でだめになること。また、計画が失敗に終わること。

【ご破算(はさん)になる】

今までの行いが無駄に終わること。

【水の泡(あわ)となる】

せっかくの努力が無駄になること。

以上、4つの類語を紹介しました。

基本的には、
壊れてだめになること・無駄に終わること
などの意味を持つ言葉が類語となりますね。

一般的な言葉で言い換えるなら、
台無しになる」「役に立たなくなる
などの表現が分かりやすいのではないでしょうか。

 

ちなみに、「お釈迦になる」は
漢字だと「御釈迦になる」と書きます。

どちらを使っても構いませんが、
必ず前に「お(御)」をつけるようにしてください、

省略して「釈迦になる」とは言いません。

お釈迦になるの英語

 

続いて、英語訳です。

「御釈迦になる」は、英語だと次のような言い方があります。

 

①「break down(壊れる)」

②「end up a failure(失敗に終わる)」

③「be destroyed(破壊される・破損される)」

 

①は簡易的なモノから複雑な機械まで、
「壊れる」という意味で幅広く使えます。

また、②は「物事が失敗に終わる」という意味で、
形のない計画などに使うことができます。

③は「物理的に何かを破壊される」という意味で、
こちらは形があるモノを激しく壊されたような時に使います。

 

例文だと、それぞれ以下のような言い方です。

My car broke down on the street.(私の車はその道でお釈迦になった。)

After all , his plan ended up a failure.(結局、彼の計画はお釈迦になった。)

The room was destroyed by an earthquake.(その部屋は地震によってお釈迦になった。)

スポンサーリンク

お釈迦になるの使い方・例文

 

では、最後に「お釈迦になる」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 大事なグラスを誤って落とし、お釈迦にしてしまった。
  2. 新品の家電を壊してしまった。お釈迦になるとはこのことだね。
  3. お釈迦になるようなことがないよう、割れ物は注意深く運んでください。
  4. 丁寧に描いた絵だが、最後でミスしてお釈迦にしてしまったよ。
  5. お気に入りの時計をお釈迦にしてしまったので、最悪の気分です。
  6. 機械を使っていたら動かなくなった。どうやらお釈迦になったみたいだ。

 

上記のように、「お釈迦になる」は
大事なものを壊してしまった時に使います。

特に、家具や家電、アクセサリーなど
具体的な機能を持っている製品を対象とすることが多いですね。

また、すでに説明した通り、
「自分で作る過程で失敗作を完成させてしまった」
という意味で使う場合もあります。

例文だと4.です。

いずれにせよ、製品が壊れたり完成しないということは
その人にとって好ましいことではありません。

なので、この慣用句は原則良くない意味として使うと考えて下さい。

関連:>>もんどりうつの意味とは?語源や由来・例文を解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

お釈迦になる」=だめになること・使い物にならなくなること

語源・由来」=①鋳物職人が誤ってお釈迦様を作った。②「人の死」を「お釈迦になる」と言った。③お釈迦様の誕生日「4月8日」のいずれか。

類語」=「お陀仏になる・おじゃんになる・ご破算になる・水の泡となる」など。

英語」=「break down」「end up a failure」「be destroyed」

ということでした。

 

「お釈迦になる」は、
現在でもよく使われている言葉です。

正しい意味を学んだからには、実生活で使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)