この記事の読了時間: 455

地団駄を踏むの意味とは 語源 例文 類語

 

人の感情を伝える時に便利な言葉があります。

使い方としては、

地団駄を踏む

地団太を踏んだ

などと言いますね。

有名な慣用句なので一度は
聞いたことがあるかもしれません。

ところが、
「この言葉の由来が気になる」
という人が多いようです。

 

そこで今回は、
「地団駄を踏む」の意味・語源・使い方
などを詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

地団駄を踏むの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【地団駄を踏む(じだんだをふむ)】

悔しがったり怒ったりして、激しく地を踏む。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

地団駄を踏む」とは、
悔しさや怒りで、激しく地面を踏むこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

当たりくじを外した彼は、しばらく地団駄を踏んでいた。

この場合は、
彼の悔しさや怒りを表した表現
となっています。

具体的には、

  • 「お金を失った悔しさ」
  • 「運が悪いことへの怒り」

といったものですね。

 

このように、「地団駄を踏む」は
自分の感情を露骨に表現する時に使う言葉
だと思ってください。

 

私たち一般人も、普段の生活で
ストレスがたまることはありますよね?

  • 「仕事がうまく行かない」
  • 「勉強がはかどらない」
  • 「人間関係がよくならない」

 

そんな時は、
大声で叫んだり物に八つ当たりしたり
してしまうかもしれません。

もちろん、人によって様々な
感情表現の方法があるでしょう。

しかし、あくまでこの言葉は
地面を激しく踏みならすこと
で感情を表に出すわけですね。

地団駄を踏むの語源

 

「地団駄」の語源は
どこから来ているのでしょうか?

 

元々この言葉は、
じだたら(地蹈鞴)が転じたもの」
と言われています。

「じだたら」とは、
金属の加工や精錬に必要な空気を送り込む送風機
のことです。

 

当時の送風機は、
足で踏むことにより風を送るものでした。

その時の足で踏みつける動作が、
怒ったり悔しがったりする仕草と似ていた
のです。

ここから、
「じだたらを踏む」がだんだんと
「じだんだを踏む」に転じたと言われています。

 

つまり、
元々の意味としては怒りや悔しさなどの感情は
特に含まれていなかったわけですね。

あくまで、
「送風機のペダルを足で踏む動作」
を表していたのです。

このように、元々の言葉の意味から派生して
全く違う意味の慣用句になるのは
よくあることだと言えるでしょう。

 

補足すると、
現在でも似たような言葉で
じんだら」という方言が残っています。

使い方としては、
「じんだらを踏む」「じんだらをこねる」
などと言いますね。

「じんだら」についても同様に、
じだたらが変化したものだと思ってください。

スポンサーリンク

地団駄を踏むの類語

 

「地団駄を踏む」の
「類語」は以下の通りです。

【悔悟(かいご)をかみしめる】

悔しいことが起きて、残念がること。

「悔悟」とは、
「自分の過ちを悔いること」を言います。

【ほぞを噛(か)む】

ひどく後悔すること。

「ほぞ」とは「へそ」のことを指します。

※自分のへそをかもうとしても、届かないことから。

【頭(あたま)に血(ち)がのぼる】

ひどく怒って興奮すること。

【怒髪(どはつ)天を衝(つ)く】

激しい怒りの表情になること。

怒りで髪が天まで逆立つ様子から。

共通しているのは、
「悔しがったり怒ったりする」
ということですね。

慣用句で、
「足を踏み鳴らす動作」
をするものはありません。

したがって、
「全くの同義語はない」と言ってよいでしょう。

 

一般的な言い方だと、
激しく悔しがる」「激しく怒る
などの表現が分かりやすいのではないでしょうか。

 

ちなみに、
体の一部を使った慣用句としては
以下の2つの記事もおすすめです。

>>目くじらを立てるの意味とは?例文や語源・類語も解説

>>木で鼻をくくるの意味とは?語源や例文・類語も解説

ぜひ、使い方を
チェックしておきたいですね。

地団駄を踏むの英語

 

続いて、英語訳です。

「地団駄を踏む」は
「英語」だと次のように言います。

 

「to stamp one’s feet in frustration」

「to stamp one’s feet in anger」

 

「stamp」は
「~を踏みつける」という意味です。

そして、
「frustration」は「失敗」

「anger」は「怒り」という意味ですね。

 

直訳すると、

「失敗で地面を踏みつける」

「怒りで地面を踏みつける」

という意味になります。

例文だと、
以下のような表現です。

He stamped his feet in anger.
(彼は怒りの余り、地団駄を踏んでいた。)

スポンサーリンク

地団駄を踏むの使い方・例文

 

では、「地団駄を踏む」の
例文を確認しておきましょう。

 

  1. 普段は冷静な彼だが、地団駄を踏むほど悔しがっていた。
  2. 怒って地団駄を踏むのではなく、ひとまず冷静になろうよ。
  3. 彼女は地団駄を踏みながら、怒りをあらわにした。
  4. 地団駄を踏むなんて、よっぽど悔しかったんだろうね。
  5. 周りに人がいたので、叫ぶことも地団駄を踏むこともできなかった。
  6. 僅差で負けた少年たちは、悔しさのあまり地団太を踏んでいた。

※最後の文のように、
「地団」と簡略的に書く場合もあります。

どちらを使っても、
意味自体は全く同じだと考えて下さい。

 

用例としては、改まった場よりも
フランクな場で使うことが多いですね。

「怒り」や「悔しさ」は、
日常生活でも頻繁に起こる感情です。

したがって、「地団駄を踏む」は
慣用句の中でも比較的使いやすい言葉と言えるでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

地団駄を踏む」=悔しさや怒りで、激しく地面を踏むこと。

語源」=「じだたら(送風機)」が転じたもの。

ということでした。

 

人の感情を伝える時に、
単に「怒った」「悔しがった」だと
なんだか味気ない印象ですよね。

そんな時は、「体(足)を使った言葉」で、
人の感情を表現してみてはいかがでしょうか?

今回は以上です!

スポンサーリンク