この記事の読了時間: 415

柔らかい 軟らかい 違い 使い分け 意味

今回は
柔らかい」と「軟らかい
の違いを解説していきます。

「やわらかい」という言葉は日常的に使われていますね。

柔らかい毛布」

軟らかいお肉」

この2つは、一体どう使い分ければよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

柔らかい・軟らかいの意味

 

まずは、基本的な意味からです。

【柔らかい/軟らかい】

ふっくらとして堅くない。また、しなやかである。

おだやかである。柔和である。

堅苦しくない。融通がきく。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「やわらかい」の意味は全部で3つあります。

主な意味としては、
①の「ふっくらした・しなやか
②の「おだやか」がよく使われます。

それぞれの使い方は、

①⇒「やわらかい食べ物」

②⇒「やわらかい人柄」

のように使います。

つまり、
物や人に対して使われることが多いということですね。

 

このように、物や人に対してよく使われる両者ですが、
多くの辞書ではどちらも一つの項目として統一されています。

「じゃあどっちを使ってもいいの?」と思う人もいますが、
一般的には使い分けがされているようです。

「辞書の記述が全てではない」ということですね。

スポンサーリンク

柔らかいと軟らかいの違い

柔らかい 軟らかい 違い

 

両者の漢字を比較してみると、「」という字は、
柔毛・柔和・柔道・柔弱」などの熟語があります。

元々は「曲げても折れない、しなやかさ
という意味が「柔」の由来と言われています。

一方で、「」という字は、
軟体・軟球・軟骨・軟鉄」などの熟語があります。

こちらは
手ごたえがない」という意味からきています。

もっと簡単に言うと「ぐんにゃりした」という意味です。

 

よって、
両者の本来の意味は以下のようになるわけです。

柔らかい」=しなやかな。(おだやかな)

軟らかい」=ぐんにゃりした。(手ごたえがない)

となります。

イメージ的には以下のような感じですね。

柔らかい」=ふわっとしたやわらかさ。

軟らかい」=グニャっとしたやわらかさ。

柔らかいと軟らかいの使い分け

 

 

以上の事から考えると、
両者の使い分けは以下のように定義できます。

 

力を加えた後、形が元に戻るかどうか

 

柔らかい」は形が元に戻る場合に使います。

一方で、「軟らかい」は、
形が元に戻らない場合に使うのです。

 

具体例を挙げると以下の通りです。

【形が元に戻る場合】

  • 柔らかい枕。
  • 柔らかい布団。
  • 柔らかいイス。
  • 柔らかいボール。

【形が元に戻らない場合】

  • 軟らかい肉。
  • 軟らかいご飯。
  • 軟らかい土。
  • 軟らかい地盤。

 

「柔らかい」の方は、ふわっとしていて、
なおかつ乾燥しているようなやわらかさです。

そのため、手で押しても形がある程度元の状態に戻ります。

一方で、「軟らかい」の方は、
水分が入ったようなグニャとしたやわらかさです。

したがって、
強く押すと基本的に形は戻らなくなってしまうのです。

 

まとめると、

柔らかい」=(手で押しても)形が元に戻る。

軟らかい」=(強く押すと)形が元に戻らない。

となります。

基本的には、
上記のような使い分けで問題ありません。

ただし、場合によっては
両者の線引きは曖昧な部分もあります。

 

例えば、
「柔軟剤」や「柔軟体操」などの言葉です。

「柔軟(じゅうなん)」という言葉は、
「柔」と「軟」が合わさってできており、
いわば両者が混合しているものです。

このように、場合によっては
両者の境界があいまいな場合もあります。

したがって、もしもどちらを書くか迷った場合は、
柔らかい」を使っておく方が無難と言えるでしょう。

なぜなら、
「柔らかい」の方が意味も広く、使用例も圧倒的に多いからです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では最後にそれぞれの使い方を
例文で確認しておきます。

 

【柔らかいの使い方】

  1. 柔らかいベットの上で、一日の疲れを癒す。
  2. 柔らかいイスに腰かけて、友達と会話する。
  3. 柔らかいゴム製のバットで野球をする。
  4. 怪我防止のため、柔らかいゴムボールを選択した。
  5. 彼女は人当たりが柔らかく、とてもいい人だ。

 

【軟らかいの使い方】

  1. 雨が降ったため、グラウンドがだいぶ軟らかくなった。
  2. 圧力鍋で煮込んだたため、魚の骨は軟らかくなっていた。
  3. 大トロは、赤身と比べると身が軟らかい部位である。
  4. この土地は軟らかい土壌なため、作物を育てやすい。
  5. 硬いご飯よりも軟らかいご飯の方が好みです。

 

補足すると、両者の対義語は

」⇔「

」⇔「

となります。

「剛」という字は、
「剛球」「剛毛」「剛健」などがあるように
「力強さ」や「勇ましさ」を表します。

そのため、「しなやかさ」を表す「柔」の反対語となります。

一方で、「硬」の方は、
「硬球」「硬貨」「硬材」などがあるように
「物理的な硬さ」を表した字です。

したがって、
「手ごたえがない様子」を表す「軟」が反対語となります。

関連:>>食料と食糧の違いとは?意味や使い分けを解説

関連:>>温めると暖めるの違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

柔らかい」=しなやかな・おだやかな。(ふわっとしたイメージ)

軟らかい」=ぐんにゃりした・手ごたえがない。(グニャっとしたイメージ)

ということでした。

力を加えて元に戻るのが「柔らかい」、戻らないのが「軟らかい」
と覚えておきましょう。

では今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)