この記事の読了目安: 420

柔らかい 軟らかい 違い 使い分け 意味

 

「やわらかい」を漢字で書く場合、二通りの書き方があります。

柔らかい毛布」「軟らかいお肉」

両方ともよく見る表記ですが、この二つはどう使い分ければいいのでしょうか?本記事では、「柔らかい」と「軟らかい」の違いを詳しく解説しました。

スポンサーリンク

柔らかい・軟らかいの意味

 

まず、「やわらかい」という語を辞書で引いてみます。

【柔らかい/軟らかい】

ふっくらとして堅くない。また、しなやかである。

おだやかである。柔和である。

堅苦しくない。融通がきく。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「やわらかい」の意味は全部で三つあります。

主な意味としては①の「ふっくらとした・しなやかである」、②の「おだやかである」がよく使われます。

それぞれの使い方は、①「やわらかい食べ物」、②「やわらかい人柄」などが多いです。つまり、物や人に対して使われることが多い言葉ということになります。

このように、物や人に対してよく使われる「柔らかい・軟らかい」ですが、多くの辞書ではどちらも一つの項目として統一されています。そのため、どちらを使ってもよいと思う人もいるかもしれません。

ただ、一般的には使い分けがされているようです。辞書の記述がすべてではないということになります。

スポンサーリンク

柔らかいと軟らかいの違い

柔らかい 軟らかい 違い

 

両者の漢字を比較してみると、「」という字は「柔毛・柔和・柔道・柔弱」などの熟語があります。元々は「曲げても折れない、しなやかさ」という意味が「柔」の由来と言われています。

一方で、「」という字は、「軟体・軟球・軟骨・軟鉄」などの熟語があります。こちらは元々、「手ごたえがない」という意味からきています。もっと簡単に言えば「ぐんにゃりした」という意味です。

よって、両者の本来の意味は次のようになります。

柔らかい」=しなやかな。(おだやかな)

軟らかい」=ぐんにゃりした。(手ごたえがない)

イメージとしては、「柔らかい」は「ふわっとしたやわらかさ」、「軟らかい」は「グニャッとしたやわらかさ」と考えれば分かりやすいでしょう。

スポンサーリンク

柔らかいと軟らかいの使い分け

 

以上の事から考えますと、両者の使い分けは以下のように定義できます。

力を加えた後、形が元に戻るかどうか

「柔らかい」は、形が元に戻る場合に使います。一方で、「軟らかい」は、形が元に戻らない場合に使います。

具体例を挙げますと以下の通りです。

【形が元に戻る場合】

  • 柔らかい枕。
  • 柔らかい布団。
  • 柔らかいイス。
  • 柔らかいボール。

【形が元に戻らない場合】

  • 軟らかい肉。
  • 軟らかいご飯。
  • 軟らかい土。
  • 軟らかい地盤。

「柔らかい」の方は、ふわっとしていて、なおかつ乾燥しているようなやわらかさです。そのため、手で押しても形がある程度は元の状態に戻ります。

対して、「軟らかい」の方は、グニャッとしていて、水分が入ったような湿ったやわらかさです。したがって、こちらは強く押すと形は戻らなくなってしまうのです。

まとめると、

柔らかい」=(手で押しても)形が元に戻る。

軟らかい」=(強く押すと)形が元に戻らない。

となります。

基本的には上記のような使い分けで問題ありません。ただ、場合によっては両者の線引きは曖昧になることもあります。

例えば、「柔軟剤」や「柔軟体操」などの言葉です。「柔軟(じゅうなん)」という言葉は「柔」と「軟」が合わさっており、いわば両者が混合してできたものです。

このように、「具体的にどれだけやわらかいか?」という基準が曖昧になる場合もあります。したがって、もしもどちらを使うか迷った場合は、「柔らかい」を使っておく方が無難と言えるでしょう。なぜなら、「柔らかい」の方が意味も広く、使用例も多いからです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を例文で確認しておきます。

 

【柔らかいの使い方】

  1. 柔らかいベットの上で、一日の疲れを癒した。
  2. 柔らかいイスに腰かけて、友達と会話しました。
  3. 柔らかいゴム製のバットで野球をするつもりです。
  4. 怪我防止のため、柔らかいゴムボールを選択した。
  5. 彼女は人当たりが柔らかく、相手に良い印象を与える。

【軟らかいの使い方】

  1. 雨が降ったため、グラウンドがだいぶ軟らかくなった。
  2. 圧力鍋で煮込んだたため、魚の骨は軟らかくなっていた。
  3. マグロの大トロは赤身と比べると身が軟らかい部位である。
  4. 彼女は硬いご飯よりも軟らかいご飯の方が好みのようだ。
  5. この土地は軟らかい土壌なので、作物を育てるのに適している。

 

補足すると、両者の対義語は「」⇔「」、「」⇔「」です。

「剛」という字は「剛球」「剛毛」「剛健」などがあるように「力強さ」や「勇ましさ」を表します。そのため、「しなやかさ」を表す「柔」の反対語となります。

一方で、「硬」の方は、「硬球」「硬貨」「硬材」などがあるように「物理的な硬さ」を表した字です。したがって、「手ごたえがない様子」を表す「軟」が反対語となります。

まとめ

 

以上、本記事のまとめです。

柔らかい」=しなやかな・おだやかな。(ふわっとしたような乾燥したやわらかさ)

軟らかい」=ぐんにゃりした・手ごたえがない。(グニャッとしたような湿ったやわらかさ)

どちらも「やわらかさ」を表すことに変わりはありません、ただ、力を加えて元に戻るのが「柔らかい」、逆に力を加えて戻らないのが「軟らかい」だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)