この記事の読了時間: 457

半信半疑の意味とは 使い方 例文 類語

 

人の心理を表す言葉があります。

一般的には、
半信半疑で聞く」「半信半疑の面持ち」
などと言いますね。

有名な四字熟語なので、
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

小説や随筆などでもよく出てくる言葉です。

 

この記事では、
半信半疑」の意味・使い方・類語・対義語など
を解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

半信半疑の意味

 

まずは、基本的な意味です。

【半信半疑(はんしんはんぎ)】

半分は信じているが、半分は疑っている状態。うそか本当か判断に迷う様子。

出典: 三省堂 新明解四字熟語辞典

半信半疑」とは、
半分信じているが、半分疑っている状態」のことを言います。

要するに、
ウソか本当か分からない状態」ということですね。

 

簡単に短文を紹介すると、以下のようになります。

彼の話は少しできすぎているよ。半信半疑で聞いておこう。

この場合は、簡単に言うと
「彼の話が疑わしい」ということです。

具体的には、

  • 現実味がない話
  • どこかで聞いたような話
  • ドラマのような嘘くさい話

といったことですね。

このように、
相手のことを信じきれず、疑っているような時
「半信半疑」を使うと考えてください。

半信半疑の語源

 

次に、「半信半疑」の語源を確認していきましょう。

 

まず「半信」は「半分信じる」と書くので、
相手のことを半分だけ信じる様子」を意味します。

そして「半疑」は「半分疑う」と書くので、
相手のことを半分だけ疑うこと」を意味します。

このことから、「半信半疑」は、
「信じること」と「疑うこと」が半分半分な様子
ということが分かりますね。

両者の心理がちょうど拮抗した状態。

それが、「半信半疑」という四字熟語なのです。

 

私たちの日常は、
疑わしい人・疑わしい話などであふれています。

  • 人が良すぎる人
  • 話が上手すぎる人
  • 笑顔が嘘くさい人

 

そんな人と出会った時に、

本当に信頼できるだろうか?

何か怪しい・・・

何か裏があるのでは?

と思った経験は誰しもあるでしょう。

「半信半疑」とは、そのような
「ウソか本当か?という心理が混ざった状態」を表すわけのです。

半信半疑の類語・対義語

半信半疑 類語 対義語

 

続いて、「半信半疑」の
「類語」を紹介します。

【疑心暗鬼(ぎしんあんき)】

疑心があると何でもないものまで恐ろしくなる。

※「疑心が暗鬼を生む」の略。

【杯中蛇影(はいちゅうのだえい)】

疑う心が生じれば、つまらないことでも神経を悩ませる。

※蛇を飲んだと思って病気になった男が、
弓の影であると説明されるとすぐ治ったことから。

【眉(まゆ)に唾(つば)をつける】

だまされないように用心すること。

【人を見たら泥棒(どろぼう)と思え】

他人をうかつに信用せずに、いったんは疑ってかかるべきだ。

四字熟語や慣用句で
全くの同義語というものはありません。

この中では、「疑心暗鬼」が一番近い意味だと言えますね。

一般的な言葉だと、
疑心」「疑い」「猜疑(さいぎ)」「不信感
などが近い意味と言えるでしょう。

 

逆に、「対義語」としては
以下のような言葉が挙げられます。

  • 「信頼」
  • 「信用」
  • 「確信」
  • 「妄信」

いずれも共通しているのは、
何の疑いもせずに信じている
ということですね。

 

「半信半疑」は、2つの心理が混合したような状態です。

したがって、
一つの心理状態のみを表すのが
「反対語」と言えるでしょう。

半信半疑の英語

 

続いて、
「英語訳」です。

「半信半疑」は英語だと次のように言います。

 

half in doubt

dubious

 

「half」は「半分」という意味です。

これに「疑い」を表す「doubt」が加わることで、
「半分疑う」という意味になります。

また、「dubious」は形容詞で
「疑っている・疑わしい」という意味です。

こちらはもっと簡易的な言い方ですね。

 

例文だと、それぞれ以下のような言い方です。

He was half in doubt.(彼は半信半疑だった。)

I feel dubious about this matter.
(私はこの件に関して半信半疑だ。)

 

ちなみに、「believe」を使って
「only half believe(半分だけ信じる)」などの表現もあります。

こちらは「疑う」のではなく
「信じる」方からの言葉ですね

複数の言い方があるので、
場面によって使い分けるようにしてください。

半信半疑の使い方・例文

 

では、最後に「半信半疑」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. うさんくさい話なので、半信半疑で聞いておこう。
  2. 最初は半信半疑だったが、彼の実力が本物だと気づいたよ。
  3. 初対面なので、半信半疑の気持ちで相手の話を聞いていた。
  4. 私は占いに対して半信半疑です。全てが当たるとは思っていません。
  5. 営業マンが売り込みにきた?半信半疑で聞いといたほうがいいよ。
  6. 本当に成功するのか、彼らはずっと半信半疑な気持ちだった。

 

「半信半疑」は、
「信じること」と「疑うこと」が
半分半分の状態ということでしたね。

そのため、
人の心の中で「ウソか本当かどっちか?
と判断しかねるような時に使います。

 

ただし、実際の用例としては
必ずしも正確な半分というわけではありません。

あくまで、
「相手のことを疑っている状態」を指す言葉です。

したがって、
うそじゃない?」「本当なの?
という心理であれば基本的に使える言葉と考えてください。

関連:>>直情径行の意味とは?例文や使い方・対義語も解説

関連:>>一進一退の意味とは?使い方や例文・類語を解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると

半信半疑」=半分信じているが、半分疑っている状態。(ウソか本当か分からない状態)

類語」=「疑心暗鬼・眉に唾をつける・人を見たら泥棒と思え」など。

英語」=「half in doubt」「dubious」

ということでした。

 

もちろん、時には相手を信用することも大事でしょう。

しかし、人間は疑うことによって
未来のリスクを回避してきました。

この四字熟語によって、
「まずは相手を疑うこと」を試してみるのもよいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)