この記事の所要時間: 445

直喩 隠喩 意味 違い 例文

 

皆さんは、
直喩」と「隠喩
の違いを説明できますか?

 

どちらも中学や高校の国語で
勉強する内容ですよね。

しかし、
「何となくややこしくて難しい」
という印象だと思います。

そこで今回は、
この2つの違いを分かりやすく
簡単に解説していきたいと思います。

 

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

直喩の意味

 

まずは、
「直喩」の意味です。

【直喩(ちょくゆ)】

比喩法の一。「ようだ」「ごとし」「似たり」などの語を用いて、二つの事物を直接に比較して示すもの。「雪のような肌」「蜜に群がる蟻 (あり) のごとく集まる」の類。明喩。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

直喩」とは、
「~のようだ」等の語を使って他を例える方法
だと思ってください。

 

例えば、
以下の文は「直喩」を使った表現
だと言えるでしょう。

「彼女の肌は、まるで雪のようだ

この場合、
彼女の肌がいかに白いかということを
雪を使って例えています。

 

もしも「直喩」を使わずに、

「彼女の肌は白い」

という言い方だった場合、
読者にはイメージが伝わりにくいですよね?

例文のように、
「まるで雪のようだ」と表現することにより、
具体的に想像することができるのです。

 

また、「直喩」のその他の表現としては、
以下のものがあります。

  • ~のような・~のように
  • ~のごとく・~のごとき・~のごとし
  • ~みたいな・~みたいに・~みたいだ

 

いずれも共通しているのは、
これらの語を使って他を例えるということですね。

 

ちなみに、
「直喩」のことを「明喩(めいゆ)
と呼ぶ場合もあります。

スポンサーリンク

隠喩の意味

 

続いて、
「隠喩」の意味です。

【隠喩(いんゆ)】

比喩法の一。「…のようだ」「…のごとし」などの形を用いず、そのものの特徴を直接他のもので表現する方法。
「花のかんばせ」「金は力なり」の類。暗喩。隠喩法。メタファー。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

隠喩」とは、
「~のようだ」等の語を使わないで他を例える方法
だと思ってください。

 

例えば、以下の文は
「隠喩」を使った表現だと言えるでしょう。

「彼女は天使だ」

この場合、彼女という人物を
「~のようだ」を用いずに天使と言っています。

冷静に考えると、
「彼女」=「天使」ではありません。

 

ところが、「隠喩」というのは、
本来イコールで結びつくはずのないものを
「○○は××だ」という形で言い切る
のです。

 

逆に、言い切ることによって、
聞き手に対して両者の関係を
暗示的に想像させることができます。

暗示的(あんじてき)」とは、
物事をはっきりと示さずに、それとなく知らせること」です。

 

それとなく知らせることにより、
逆に読者にインパクトを与えるわけですね。

 

そのため、「隠喩」のことを
暗喩(あんゆ)」とも言います。

他には、
メタファー(metaphor)
と言う場合もありますね。

「メタファー」はよく使われる言葉なので、
覚えておきましょう。

スポンサーリンク

直喩と隠喩の違い

直喩 隠喩 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

直喩」=「~のようだ」等の語を使って他を例える方法。

隠喩」=「~のようだ」等の語を使わないで他を例える方法。

ということでした。

 

つまり、2つの違いを簡単に言うと

「~のようだ」等が使われていれば「直喩

「~のようだ」等が使われていなければ「隠喩

ということですね。

 

「直喩」は、
「例えるもの」と「例えられるもの」を
ような」などの語でつないで表現します。

一方で、
「隠喩」は「ような」などの語で
つながずにそのまま表現します。

 

どちらも便利な表現ですが、
「それぞれ長所と短所を持っている」
と言えるでしょう。

 

「直喩」は、
「読者にイメージを伝えやすくする」
というメリットがあります。

ただし、
例えるワードを間違えると、
余計分かりにくくなるというデメリットもあるのです。

 

例えば、
CPUのような人」と表現しても、
「CPU」の意味が分からなければ
相手にイメージが伝わりません。

「直喩」というのは、
ある程度みんなが知っているワードを
選ぶ必要がある
のです。

 

「隠喩」も同様です。

「隠喩」もうまく例えることができれば、
相手の心に暗示的に伝えることができます。

ところが、
例えるワードを間違えてしまうと
伝わりにくくなってしまうのです。

特に、「隠喩」の方は
「~ようだ」等を使わないため、
余計分からなくなってしまう可能性があります。

 

したがって、
両者とも使い方には
十分注意する必要があると言えるでしょう。

 

ちなみに、
「直喩」と「隠喩」は
両方とも「比喩」の一種です。

>>比喩とは?意味や例文をわかりやすく解説

「比喩」という言葉は、
受験によく出る大事な用語です。

そのため、受験生は
上記の記事を必ず確認しておきましょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

「直喩」と「隠喩」は、
どのように使えばいいのでしょうか?

具体的な例文を見て、確認しておきましょう。

 

直喩を用いた例文】

  1. 彼が怒っている姿は、まるで鬼のようだ。
  2. 彼女は、太陽のように明るい性格だ。
  3. ライオンのように凶暴な性格の持ち主だ。
  4. 光陰矢の如し。(こういんやのごとし)
  5. 鬼のごとき形相でにらみつけた。

 

隠喩を用いた例文】

  1. 彼は歩く辞書だ。
  2. 彼女は一輪のバラだ。
  3. 人生はドラマだ。
  4. 食べすぎて牛になる。
  5. 鬼の形相でにらみつけた。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は、
「直喩」と「隠喩」
について解説しました。

内容をまとめると、

直喩」=「~のようだ」等の語を使って他を例える方法。

隠喩」=「~のようだ」等の語を使わないで他を例える方法。

ということでしたね。

 

ぜひそれぞれの使い分けが
できるようになってください。

今回は以上です!

スポンサーリンク