この記事の読了時間: 76

副詞とは 一覧 意味 種類 覚え方

 

国語の文法で
副詞」を学ぶと思います。

一般的には、「副詞」は
判別しやすい品詞と言われていますね。

ところが、
実際には種類が多いため
間違えてしまう人も多いようです。

 

そこで今回は、
「副詞」の覚え方・見分け方などを
簡単に解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

副詞の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

副詞」とは、
他の言葉をくわしく説明する語」だと思ってください。

 

分かりやすい例を出しましょう。

  • 勉強がやっと終わる
  • 家からかなり遠い
  • ずいぶん寒い日だ

 

上の赤字部分は、
それぞれ後ろの語を詳しく説明していますよね?

やっと」⇒「終わる」

かなり」⇒「遠い」

ずいぶん」⇒「寒い」

このように、
後ろの語を修飾(詳しく説明)する語を
「副詞」と言うのです。

 

そもそも、「」という字は、
「副将」「副業」などがあるように
中心を助ける」という意味があります。

つまり、
「メインに対する補助的な役割」
を示すわけですね。

 

したがって、
もしも「副詞」がなくても
文としては一応成立します。

しかし、
単に「勉強が終わる」だと
何となく味気がない言い方ですよね?

 

例文のように、「やっと終わる」と言うことで、
「勉強がすごく大変だったこと」を
相手に伝えることができます。

このように、「副詞」の本来の目的は、
文に対して味付けをすることなのです。

スポンサーリンク

副詞の種類

 

続いて、
「副詞」の種類を見ていきましょう。

「副詞」は、
全部で3つの種類に分かれます。

①「状態の副詞

主に動詞を修飾し、どのような状態・様子かを表す。

【例】

  • 相手にはっきり言う。
  • 準備してすぐに動く。

「状態の副詞」は、
後ろに動詞が来るのが特徴と言えるでしょう。

「状態」とは「どんな・どのような」
という意味だと思ってください。

 

ここで気をつけることは、
擬態語」や「擬声語」も状態の副詞に含まれる
ということですね。

 

擬態語(ぎたいご)」とは、
そよそよ・ゆらゆら・のろのろ」など
物事の様子を感覚的に表した語」です。

また、「擬声語(ぎせいご)」とは
カーカー・ワンワン・ギシギシ」など
物や生き物の音声を表した語」です。

どちらもよく出題されるので覚えておきましょう。

 

②「程度の副詞

主に用言を修飾し、物事の程度を表す。

※「用言」とは「動詞・形容詞・形容動詞のこと」

【例】

⇒君よりずっと高い身長です。(形容詞を修飾)

かなり静かな性格だ。(形容動詞を修飾)

⇒今朝はすごく冷える。(動詞を修飾)

「程度の副詞」は、
物事がどれくらいかという程度を表すと考えてください。

 

また、場合によっては
「名詞」や「副詞」「連体詞」を
修飾することもあります。

ずいぶん昔、見たことがある。(名詞を修飾)

かなり大きな家だ。(連体詞を修飾)

 

※「連体詞」については、
以下の記事を参照してください。

>>連体詞とは?例や覚え方をわかりやすく解説

 

③「呼応(こおう)の副詞

下に受ける言葉が決まった言い方になる。

「呼応」とは「びかけに対してじる」

すなわち、
一定の決まったパターンになる」という意味です。

「呼応の副詞」は、
次の5つがよく使われます。

【疑問の表現】

なぜ決定したのか。

どうして頭がいいのか。

「なぜ」「どうして」の後は、
「か」という語が来ることが決まっています。

【否定の表現】

ちっとも先が見えない。

まったくうれしくない。

「ちっとも」や「まったく」の後は、
「否定」の「ない」がくることが決まっています。

【仮定の表現】

もし雨ならば中止です。

もし失敗したら負けだ。

「もし」の後は、「ば」や「たら」などがきます。

【推量の表現】

たぶんできるだろう。

おそらく勝つだろう。

「たぶん」や「おそらく」は、
語尾に「~だろう」がきます。

【比喩(ひゆ)の表現】

まるで天使のようだ。

ちょうどりんごのようだ。

「まるで」の後は、
語尾に「~ようだ」が来ます。

このように、
特定の決まった言い方を要求するもの
「呼応の副詞」と言うわけですね。

別の言い方だと、
「陳述(ちんじゅつ)の副詞」
「叙述(じょじゅつ)の副詞」とも言います。

スポンサーリンク

副詞の覚え方

 

続いて、
「副詞」の覚え方を見ていきましょう。

「副詞」の主な特徴として、
次の4つが挙げられます。

 

自立語で活用しない

主に連用修飾語になる

名詞や他の副詞を修飾することもある

ひらがなが多い

 

※「自立語」とは、
「それだけで意味が分かる語」を言い、

「活用」とは「単語の後ろが変化すること」を言います。

また、「連用修飾語」とは、
「用言(動詞・形容詞・形容動詞)を修飾する語」を指します。

 

それぞれの詳しい意味は、
以下の記事を参照してください。

>>自立語と付属語の見分け方とは?

>>連体修飾語と連用修飾語の見分け方とは?

 

「副詞」の覚え方としては、
②の「主に連用修飾語になる
という特徴が一番分かりやすいでしょう。

よって、
まず用言を先に探すこと」が
「副詞」を見つけ出す近道となります。

 

例えば、
以下のような文があったとします。

  • みんなが教室でずっと話す。
  • 今年の冬はだいぶ暖かい。

この場合、
「話す(動詞)」と「暖かい(形容詞)」が
「用言」ですよね?

したがって、
この2つの語を詳しく説明しているものが副詞かな?
と予想できるわけです。

 

すると、
直前にある「ずっと」と「だいぶ」は
どちらもひらがなです。

また、両方とも
語尾が変化したりはしません。(活用しない

よって、
「ずっと」と「だいぶ」が
「副詞」と分かるわけです。

 

このように、
逆算の思考で「用言」を見つけ出せれば、
「副詞」はすぐに見つけられるでしょう。

ただし、場合によっては
「名詞」や「他の副詞」を修飾することもあります。

そのことも、
必ず頭の中に入れておいてくださいね。

スポンサーリンク

練習問題

 

では、今までの内容を理解できたか
問題で確認しておきましょう。

 

問題1

①副詞は、主に【(ア)体言(イ)用言】を修飾する。

②副詞は、【(ア)自立語(イ)付属語】で、
【(ア)活用する(イ)活用しない。】

③副詞は物事の【(ア)名前(イ)状態】や
【(ウ)動作(エ)程度】を表す。

解答1

①⇒(イ)②⇒(ア)・(イ)③⇒(イ)・(エ)

 

問題2

①次の傍線部の内、副詞はどれか?

(ア)きれいな景色が広がる

(イ)息子が元気に走る。

(ウ)彼は昔よりも若くなった。

(エ)青空に山々がくっきり見える。

②次の傍線部の内、副詞でないものはどれか?

(ア)ずいぶん古い建物だね。

(イ)まるで雪のような肌だ。

(ウ)もっと彼の話を聞きなさい。

(エ)だから僕は言ったんだ。

解答2

①⇒(エ)(程度の副詞)

※(エ)は「活用しない」のがポイントですね。

他の選択肢は、
「きれいだ」「元気だ」「若い」など
語尾が変化することができます。(活用する)

②⇒(エ)

(ア)=「程度の副詞」(イ)=「呼応の副詞」

(ウ)=「程度の副詞」(エ)=「接続詞」

 
問題3

次の傍線部の、副詞の種類を答えなさい。

じっくりと課題に取り組む。

やや遅れる。

おそらく彼は遅れるだろう。

もっと右に寄りなさい。

⑤犬がワンワン吠える。

決して自分が悪いと思わない。

解答3

①⇒状態の副詞 ②⇒程度の副詞 ③⇒呼応の副詞

④⇒程度の副詞 ⑤⇒状態の副詞 ⑥⇒呼応の副詞

※⑤の「擬声語」は「状態の副詞」でしたね。

⑥の「決して」は後に「~ない」が来るので
「呼応の副詞(否定)」です。

 

問題4

次の文中から副詞を抜き出して、その種類も答えなさい。

①なぜうまく行かないのか。

②生き残ったのは、わずか2人だった。

③ゆらゆら旗が動いていた。

④彼はいっそう重大な危機に直面した。

⑤後ろのランナーをかなり引き離す。

⑥いきなり誰かに話しかけられた。

⑦今度の誕生会はぜひおいでください。

解答4

①「なぜ」  =「呼応の副詞

②「わずか」 =「程度の副詞

③「ゆらゆら」=「状態の副詞

④「いっそう」=「程度の副詞

⑤「かなり」 =「程度の副詞

⑥「いきなり」=「状態の副詞

⑦「ぜひ」  =「呼応の副詞

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容をまとめると

副詞」=他の言葉をくわしく説明する語。

【種類】

①「状態の副詞」=主に動詞を修飾し、どのような状態かを表す。

②「程度の副詞」=主に用言を修飾し、物事の程度を表す。

③「呼応の副詞」=下に受ける言葉が決まった言い方になる。

【特徴】

  1. 自立語で活用しない
  2. 主に連用修飾語になる
  3. 名詞や他の副詞を修飾することもある
  4. ひらがなが多い

ということでした。

 

この記事をきっかけに、
ぜひ副詞の使い方をマスターしてみてくださいね。

今回は以上です!

スポンサーリンク