この記事の読了目安: 515

韻文 散文 意味 わかりやすく

 

韻文」と「散文

どちらの言葉も国語の授業で
何となく習った記憶がありますよね。

ただ、この2つの言葉のイメージが
つかみにくいと感じる人も多いようです。

そこで今回は、
「韻文」と「散文」の意味の違いを
なるべく簡単に分かりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

韻文の意味・読み方

 

まずは、「韻文」の意味からです。

「韻文」の意味を調べると、
次のように書かれています。

【韻文(いんぶん)】

一定の韻律(いんりつ)をもち、形式の整った文章。漢文では句末に韻字(いんじ)を置いた詩・賦(ふ)などをいい、和文では和歌・俳句などをいう。狭義にはと同義に用いられる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

韻文(いんぶん)」とは、簡単に言うと、
詩・短歌・俳句のこと」だと思ってください。

」とは
短歌・俳句などを含めた文学作品全般のことです。

」には、
定型詩」と「自由詩」があり、
短歌・俳句は「定型詩」の中に含まれます。

※「定型詩」=一定のリズムを持った詩のことです。

 

つまり、これらを図式で表すと
「韻文」=詩≧定型詩≧短歌・俳句ということになります。

短歌・俳句は定型詩の中に含まれ、
短歌・俳句・定型詩は詩の中に含まれます、

そして、短歌・俳句・定型詩・詩の4つは、
すべて韻文に含まれるということです。

 

「短歌」と「俳句」は、例を出すと分かりやすいでしょう。

 

【短歌の例】

幾山河 越えさり行かば 寂しさの 終てなむ国ぞ 今日も旅ゆく

(いくやまかわ こえさりゆかば さびしさの はてなんくにぞ きょうもたびゆく)

 

「若山牧水」の有名な短歌で、
五・七・五・七・七
という一定のリズムになっています。

 

【俳句の例】

古池や 蛙飛びこむ 水の音

(ふるいけや かわずとびこむ みずのおと)

 

「松尾芭蕉」の有名な俳句で、
五・七・五」という一定のリズムになっています。

 

短歌は「五・七・五・七・七」の31文字、
俳句は「五・七・五」の17文字から成り、
それぞれリズムを形成しています。

このように、
短歌や俳句は一定の韻律(いんりつ)があり、
形式の整った文章となるわけです。

※「韻律(いんりつ)」とは、
音の強弱・長短・高低などによって作り出される言葉のリズム
のことだと考えて下さい。

つまり、韻律があって形式が整っていれば
それらはすべて「韻文」と呼べるのです。

スポンサーリンク

散文の意味・読み方

 

続いて、「散文」の意味です。

【散文(さんぶん)】

韻律や定型にとらわれない通常の文章。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

散文」とは、簡単に言うと
普通の文章」のことです。

言い換えれば、
私たちが普段使っている文章そのもの
ということですね。

 

「散文」は、
「韻文」の「対義語」となります。

「対義語」ということは、
詩・短歌・俳句以外の文章すべてが「散文」
ということですね。

そのため、厳密に言えば、
小説・随筆・評論・日記・手紙なども散文に含まれます。

「散文」は、
普段目にする文章がほとんどなため、
イメージしやすいでしょう。

韻文と散文の違い

韻文 散文 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

韻文」=詩・短歌・俳句のこと。

散文」=普通の文章。

ということでした。

 

つまり、両者の違いを簡単に言うと

韻文」は「言葉のリズムを重視する文学作品

散文」は「言葉のリズムにとらわれず、自由に書かれた文学作品

ということになります。

 

「韻文」は、
言葉のリズムや響きが重要です。

そのため、読者としては、
声に出して朗読しながら内容を理解するのが
基本的なスタイルとなります。

一方で、
「散文」は評論や小説などのように
自由に書かれた文学作品です。

したがって、こちらは
頭の中でじっくり読んで内容を理解するのが
基本的なスタイルとなります。

なお、両者は「英語」だとそれぞれ次のように言います。

韻文」=「verse

散文」=「prose

スポンサーリンク

韻文と散文の関係性

 

「韻文」と「散文」は、
近代以前には明確な境界線がありました。

「近代」については、以下の記事をご覧ください。

>>近代とはいつからいつまで?現代との違いも解説

 

ところが、現代の「韻文」は、
七五調の制限をなくした自由な作品も多いのです。

例えば、
口語自由詩」や「散文詩」などが挙げられます。

「口語自由詩」とは、
話し言葉で書かれた自由な詩」のことです。

そして「散文詩」とは、
見かけ上は普通の文章と変わらないが、実際は詩のこと」です。

どちらも中身が「詩」であることには変わりません。

 

逆に、「詩的エッセイ」と呼ばれ、
見かけ上は詩と変わらないが、実際は散文の随筆
という作品もあります。

こちらは見かけは「詩」で、
中身は「散文」というものです。

 

このように、韻文と散文の関係はややこしいです。

なぜなら、両者ともお互いの要素が
文学作品に含まれることがあるからです。

何をもって「韻文」「散文」であるかは、
定義が非常にあいまいだと言われています。

そのため、明確な境界線がない場合もある
ということを頭に入れておいてください。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、「韻文」と「散文」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 散文に対して、短歌・俳句・詩などは韻文と呼ばれる。
  2. 当時の日本の小説は、韻文で書かれるのが当たり前であった。
  3. 小説や随想は散文であるため、執筆する時には表現上のルールが少ない。
  4. シェイクスピアは、意識的に韻文散文を使い分けていると言われている。
  5. まとまりのない散文であるため、非常に読みにくい文章だ。
  6. 彼の文章は散文的なため、共感を得ることはないだろう。

 

「散文」は、「散文的」という表現になると、
味わいや情緒がない」「情緒に欠けたドライな
というネガティブな意味になるので注意が必要です。

ちなみに、
「散文的」の対義語は
詩的」と言います。

「詩的」とは、
「味わいや情緒がある」という意味です。

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると

韻文」=詩・短歌・俳句のこと。言葉のリズムを重視する文学作品。

散文」=普通の文章。言葉のリズムにとらわれず、自由に書かれた文学作品。

ということでした。

この記事をきっかけに、
ぜひ両者の違いを理解して頂ければと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)