この記事の所要時間: 450

 

今回は
擬人法」の意味を
解説したいと思います。

 

「擬人法」を使った表現は、
小説文によく登場します。

特に、中学・高校の受験生にとっては、
必須の内容と言えるでしょう。

 

一体どのような意味なのでしょうか?

さっそく、見ていきましょう!

スポンサーリンク

擬人法の意味

 

「擬人法」
の意味を辞書で引くと、
以下のようにあります。

【擬人法(ぎじんほう)】

人間以外のものを人間に見立てて表現する修辞法。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

擬人法」とは、
人間以外の物を人間に例えること
を言います。

具体例を出します。

「風が僕たちにささやきかける」

上の例文は、
「擬人法」を使った表現です。

なぜなら、
「風」を「人間」に例えているからです。

 

普通に考えれば、
「風」はささやいたりしゃべったりはしません。

「風」は、
生き物ではないので当然ですね。

 

このように、人でないものを
あたかも人のように表現すること

「擬人法」と呼ぶのです。

 

大事なポイントは、
人でない物に使う」ということですね。

スポンサーリンク

擬人法の例文

 

「擬人法」の例文は、
他にどんな物があるでしょうか?

一つずつ紹介していきます。

 

①空が泣いている

 

⇒「雨が降っている」という意味。

 

普通に考えれば、
空が泣くはずがありません。

「泣く」という行為は、
人間がするものです。

それを、あたかも
空が泣いているかのように表現しています。

 

②火山が怒り出す

 

⇒「火山が噴火する」という意味。

 

「怒る」という感情は、
火山にはありません。

それをあえて人間のように怒らせて、
噴火を表現しているわけですね。

 

③海がまねく

 

⇒「海が人を歓迎している」という意味。

 

つまり、
「海」がまるで「ようこそ」
と言わんばかりに待っているということですね。

当然、天気が良くて
泳ぎやすい日などに使います。

 

④花がほほえむ

 

⇒「花が笑う」という意味。

 

この場合は、
花の美しさを人の笑顔に例えています。

つまり、
花が笑っているかのように
美しいということですね。

 

⑤台風が襲撃する

 

一見すると普通の表現にも見えますが、
「台風」は自然現象です。

決して、人を襲うことが
目的ではありません。

そのため、
「擬人法」の一種と言えます。

 

⑥スマホが水におぼれた

 

⇒「スマホが水に落ちた」という意味。

 

「おぼれる」というのは、
人間などの生物が行うものです。

したがって、こちらも
「擬人法」となります。

 

⑦北風がドアをノックする

 

⇒「北風によりドアの音が鳴る」という意味。

 

小説などでよくある表現です。

「北風」という冷たい風により、
まるで人がドアを叩くような様子を表しています。

特に、寒さを表現したい場合に使います。

 

以上、7つの例文を挙げました。

 

このように比較すると、
「擬人法」は自然現象や植物などに使うことが多い
ということが分かると思います。

 

もちろん、
犬や猫などの動物にも使うことはできます。

しかし、実際は、
人間と全く異なるものに使うことが多いです。

スポンサーリンク

擬人法の効果

擬人法 効果

 

「擬人法」の効果は、
どのようなものがあるでしょうか?

 

以下に、代表的なものを
挙げてみました。

  • 生き生きとした印象を与える

 

「擬人法」は基本的に
生きていないものに使います。

したがって、
それらを人間に例えることにより、
生き生きとした文章にすることができます。

全く生命感のない文章よりも、
所々で命を入れるた方が人間的な文章となるのです。

 

  • イメージを伝えやすくする

 

「擬人法」を使うことにより、
具体的な風景をイメージできます。

例えば、
ただ単に「草花がある」と言うよりも、
「草花がおどる」と言った方がイメージがしやすいです。

 

人間は、文字を読む時に
必ず頭の中でイメージをふくらませます。

したがって、
具体的な表現の方が頭に残りやすいのです。

 

  • 単調な表現をさける

 

文章というのは、
どうしても単調になりがちです。

多くの人にとって、
強弱がない文章は面白みがありません。

 

そこで、
「擬人法」を入れることにより、
文章に強弱を持たせます。

すると、読者に飽きを
生じさせにくくする効果があるのです。

スポンサーリンク

擬人法と比喩の違い

 

「擬人法」と似た言葉で、
比喩(ひゆ)」があります。

 

比喩」とは、
何かを他の何かに置き換えて表現すること
を言います。

詳しい意味や使い方は、
以下の記事を参照してください。

>>比喩とは?意味や例文をわかりやすく解説

 

「何か」とは、
「人間や動植物など全てのもの」が含まれます。

 

つまり、
「比喩」は「擬人法」を含んだ言葉
ということですね。

 

「比喩」という大きな項目の中に
「擬人法」が入っていると思ってください。

例えるなら、

「スポーツ」という項目の中に、
「野球」が入っているようなものです。

 

したがって、
「擬人法」は「比喩」の一種
という結論になります。

 

ちなみに、
「比喩」の中の一つとして、
「直喩」と「隠喩」があります。

「直喩」と「隠喩」については、
以下の記事を参照してください。

>>直喩と隠喩の意味の違いとは?例文を使って解説

こちらも、受験生にとっては
必須の内容となっています。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

擬人法」=人間以外の物を人間に例えること。

自然現象や植物などに使うことが多い

ということでしたね。

 

使い方や例文も解説したので、
かなり理解が深まったと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク