この記事の読了目安: 1114

名詞とは 意味 種類 例文 問題 中学校

 

名詞」という言葉は、
中学国語の文法を学ぶときに習うものです。

この「名詞」ですが、複数の種類があるため
覚えにくいと感じる人も多いかと思われます。

「普通名詞」「固有名詞」「形式名詞」など、
とにかく種類が多くて複雑です。

そこで本記事では、「名詞」の意味や使い方を
なるべく簡単にわかりやすく解説しました。

スポンサーリンク

名詞の意味を簡単に

 

まず、「名詞」とは簡単に言うと
物事の名称を表す単語」のことを表します。

例えば、世の中には名称が付いている言葉は多くあります。

犬・生徒・りんご・富士山・車・学校・テニス・彼

このように、名称がついていて、
「〇〇」「××」のように特定の呼び名が付けられている言葉を
「名詞」と呼ぶのです。

 

「名詞」は「名前の付いた品詞」と考えると分かりやすいです。

「品詞(ひんし)」とは全部で10種類あり、
「単語をそれぞれの種類に分けたもの」だと考えて下さい。

以下の図は、すべての品詞を表したものです。

一番右下にあるのが「名詞」です。

名詞」は「自立語で活用がない品詞」だと言えます。

「自立語(じりつご)」とは「それだけで意味が分かる単語」を表し、「活用(かつよう)」とは「言葉の語尾が変化すること」を表します。

つまり、「それだけで意味が分かり、後ろの形も変わらない品詞」が「名詞」ということです。

「名詞」のその他の特徴としては、次の2つが挙げられます。

  • 助詞「が」や「は」を伴って主語になる。
  • 単独で主語や独立語になることができる。

スポンサーリンク

名詞の種類とは

名詞 種類

 

「名詞」にはいくつかの種類があります。

ここからはぞれぞれの種類について見ていきましょう。

普通名詞

 

普通名詞(ふつうめいし)」とは、
物事の一般的な名称を表す単語」のことです。

【例】⇒「犬・川・りんご・机・スポーツ・本・歌手・パソコン」など。

例えば、「犬」を見て
「これは猫だ」なんて言う人はいないですよね。

「犬」は「犬」であり他の動物ではありません。

同じ犬であればどんな犬種だろうと
わたしたちはまとめて「犬」と呼びます。

また、「川」という言葉も「利根川」「信濃川」「ナイル川」など
数多くの名前がありますが、それらはすべて「川」と呼びます。

さらに、「りんご」に関しても「赤いりんご」「緑のりんご」など
多くの品種がありますが、それらを一様に「りんご」と呼びます。

 

このように、
同じ種類に属するものを広く一般に差す言葉
「普通名詞」と言うのです。

「普通名詞」は、文字通り
「普通の一般的な名前が付いた品詞」と考えれば分かりやすいでしょう。

固有名詞

 

固有名詞(こゆうめいし)」とは、
他と区別するためにそれのみに与えられた単語」のことを表します。

「固有名詞」は、
人の名前・地名・国名・書名・建造物・年号などただ1つしかないものを指します。

【例】⇒「織田信長・仙台市・フランス・桃太郎・東京タワー・令和」など。

いずれの言葉も他の言葉と区別するために用いられています。

例えば、一言で「人」と言っても、
一体誰のことを指しているのかよく分かりません。

「歴史上の人物」などのヒントを出されても、
徳川家康や豊臣秀吉と間違えてしまうかもしれません。

そこで、「織田信長」と言うことで、
他とは区別されたはっきりとした人物象が浮かび上がります。

 

「仙台市」に関しても同様です。

日本には数えきれないほど多くの「市」があります。

その中でも「仙台市」という固有名詞を使うことで、
「横浜市」や「千葉市」などの他の市と区別することができます。

同じ種類に属する言葉の中から、
それだけの固有の意味を表すような名詞
であれば
それは「固有名詞」と呼べるのです。

「固有」とは、
それ以外にはない・他に同じものはない」という意味だと考えてください。

数詞

 

数詞(すうし)」とは、
物の数量や順序などを表す単語」のことです。

「数詞」は「①基数詞(きすうし)」と
「②序数詞(じょすうし)」の2つに分かれます。

それぞれの使い方は以下の通りです。

①「基数詞の例」=「一つ・二個・三枚・四本・五匹・六m」など。

②「序数詞の例」=「第一番・第二番・三つ目・四番目・五等」など。

「基数詞」は「物の数量」を表し、
「序数詞」の方は「物事の順序」を表しています。

後者の方は「序数詞」ではなく
「順序数詞」などと呼ぶこともあります。

いずれにせよ、物の数量や順序を表す名詞を
まとめて「数詞」と呼ぶということです。

その他には、「何回・何本・いくつ・何番目」など、
不特定多数の順序や順番を指し示すような言葉も「数詞」に含まれます。

 

なお、「数詞」の後ろの部分である「匹」や「個」のことを
助数詞(じょすうし)」と言います。

「助数詞」とは接尾語(せつびご)の一種で、
「接尾語」=「語の下について一語を形成するもの」です。

「助数詞」は文字通り「数を助ける」と書くので、
「匹」「羽」「個」「枚」など数を数える際に使われる語となります。

スポンサーリンク

代名詞

 

代名詞(だいめいし)」とは、
直接表すのではなく、代わりに表す単語」のことです。

【例】⇒「私・あなた・彼・彼女・これ・それ・あれ」など。

上記の語は、いずれも人や物事を直接的には表していません。

例えば、「私」であれば「太郎」のような名前がありますし、
彼女であっても「弓子」のような名前が必ずあります。

「これ」「それ」なども、
元となる物や場所、方向などが存在するでしょう。

人や物事などを間接的に表す語であれば、
それらはすべて「代名詞」だと言えます。

 

「代名詞」は、
「名詞の代わりになる品詞」と考えると分かりやすいです。

英語だと、
「I(私)」「he(彼)」「she(彼女)」「they(彼ら)」
「This(これ)」「That(あれ)」などが代名詞となります。

形式名詞

 

形式名詞(けいしきめいし)」とは、
それ自身では実質的な意味を持たず、常に連体修飾語を受けて使われる単語」のことです。

「連体修飾語(れんたいしゅうしょくご)」とは、簡単に言うと、
「名詞を詳しく説明する語」だと考えて下さい。

 

「形式名詞」の主な例としては、
こと」「もの」「とき」などが挙げられます。

  1. 文章を書くことが苦手だ。
  2. 私たちの行動は、彼の判断によるものだ。
  3. 映画館に行くときは、財布を持っていく。

上記の例文はいずれも

名詞を詳しく説明する語」+「名詞」によって成り立っています。

例えば、1は「文章を書く」+「こと」とあります。

仮に、「こと」だけだと、
どんな意味内容を伝えているかが理解できません。

また、2も「判断による」+「もの」とあり、
3も「行く」+「とき」とあります。

このように、それ単体では実質的な意味を持たないけども、
文全体としては形を整えるような名詞
を「形式名詞」と言うのです。

 

通常の「名詞」は、
「川」「家」などのように意味が通じるものが基本です。

しかし、「形式名詞」の場合は例外として、
単体では意味が通じないという特徴があります。

「形式名詞」は「形だけの名詞」と書くことからも分かるように、
それ自体では意味を持たないのです。

 

その他には、次のような語も「形式名詞」に含まれます。

  • 犬を助けるために、救出に向かった。
  • やらされているうちはだめだ。
  • 怒られてうれしいわけがないだろう。
  • お忙しいところ、大変申し訳ありません。
  • おそらくですが、合格しているはずです。
  • 思いついたままに、自分の言葉を発する。
  • あいつより彼のほうがいいと思います。
  • 合格するつもりで努力してください。
  • 文句を言っているあいだは無理だろう。

「形式名詞」は、通常「ひらがな」で表記されるのが基本です。

転成名詞

 

転成名詞(てんせいめいし)」とは、
他の品詞が名詞に変化した単語」のことです。

【例】

①お手本となる走りをする陸上選手だ。

②美しさを感じるすばらしい衣装である。

①の「走り」は、「走る」という動詞が変化したものです。

元々、「走り」という単語があったわけではありません。

また、②の「美しさ」も
「美しい」という形容詞が変化した語です。

同じく「美しさ」という単語が最初からあったわけではありません。

このように、元々は別の品詞だったものが、
後から名詞に変わった語のこと
を「転成名詞」と呼ぶのです。

「転成」とは「転んで成り立つ」、すなわち
「変化して成立する」という意味で考えれば分かりやすいでしょう。

 

「転成名詞」は先ほどの例文①と②のように、
「動詞の連用形が変わる場合」と「形容詞の連用形が変わる場合」に分かれます。

【動詞の連用形が名詞になるパターン】

「悩む⇒悩み」「守る⇒守り」「輝く⇒輝き」「行う⇒行い」「喜ぶ⇒喜び」「頼む⇒頼み」など。

【形容詞の連用形が名詞になるパターン】

「近い⇒近く」「遠い⇒遠く」「多い⇒多く」「早い⇒早く」「古い⇒古く」「重い⇒重み」など。

その他、「光」など動詞の連用形である
「光り」から転成したものなどもあります。

この場合、「光」は名詞になると
「光り」のような送り仮名はつけません。

「帯(帯びます)」「煙(煙ります)」「組(組みます)」
「舞(舞います)」なども同様に名詞では送り仮名をつけません。

スポンサーリンク

名詞を問う問題

名詞 問題

 

では、今までの内容を理解できたか確認してみましょう。

以下に、練習問題を用意しました。

問題1

次の文中から名詞をすべて抜き出し、
その種類を(ア)~(カ)の記号で答えなさい。

① 富士山は日本で最も高い山である。

② 自宅で犬を3匹飼っています。

③ 大阪へ行くときは、彼は車で行く。

(ア)普通名詞(イ)固有名詞(ウ)数詞(エ)代名詞(オ)形式名詞(カ)転成名詞

問題1の解答

「富士山」⇒(イ)「日本」⇒(イ)「山」⇒(ア)

「自宅」⇒(ア)「犬」⇒(ア)「3匹」⇒(ウ)

「大阪」⇒(イ)「とき」⇒(オ)「彼」⇒(エ)「車」⇒(ア)

「山」や「自宅」「犬」「車」など、
一般的な物事の名称を表す言葉は「普通名詞」です。

対して、「富士山」や「日本」「大阪」のような
世の中に一つしかないものは「固有名詞」となります。

「3匹」など前に数字が来るものは「数詞」、
「彼」など間接的な呼び名は「代名詞」です。

「とき」は実質的な意味を持たないので、「形式名詞」となります。

問題2

次の「名詞」を(A)普通名詞(B)固有名詞(C)数詞(D)代名詞のいずれかに分けなさい。

①海 ②信濃川 ③君 ④自由 ⑤十人 ⑥ナポレオン ⑦昨日 ⑧土地 ⑨どこ ⑩百円 ⑪京都 ⑫あれ ⑬1m ⑭福沢諭吉 ⑮何度

問題2の解答

(A)普通名詞=「①・④・⑦・⑧

(B)固有名詞=「②・⑥・⑪・⑭

(C)数詞  =「⑤・⑩・⑬・⑮

(D)代名詞 =「③・⑨・⑫

⑮の「何度」は「代名詞」です。

何回・何本・いくつ・何番目」など、
不特定多数の順序や順番を指し示す言葉は「数詞」に含まれます。

問題3

次の文中から「形式名詞」をすべて抜き出して答えなさい。

① 彼は話をすることがうまい。

② 聞くところによると、彼は出世したらしい。

③ 君もずいぶんと偉くなったものだ。

④ 料理は人のために作るものである。

⑤ 思いついたままに、彼は動くはずです。

問題3の解答

①「こと」②「ところ」③「もの」④「ため」「もの」⑤「まま」「はず

「形式名詞」の特徴は、それ自体では実質的な意味を持たず、
形式的・補助的に用いられる点にあります。

また、直前にそれを修飾(詳しく説明)する語が付くことも特徴の一つです。

①は「話をする」-「こと」。②は「聞く」-「こと」。③は「偉くなった」-「もの」。④は「人の」-「ため」「作る」-「もの」。⑤は「思いついた」-「まま」「動く」-「はず」がセットです。

問題4

次の文中の中から「転成名詞」を抜き出し、元の品詞も答えなさい。

①自分の考えをはっきりさせなさい。

②古くは江戸時代まで遡る品物である。

③私の家の近くには大きな犬が2匹いる。

④妹は思いをこめて、父に手紙を書いた。

⑤寺への行きはよいが、帰りが怖い。

問題4の解答

考え(動詞)古く(形容詞)近く(形容詞)思い(動詞)行き(動詞)帰り(動詞)

①は「考える」という動詞、②は「古い」という形容詞、③は「近い」という形容詞、④は「思う」という動詞、⑤は「帰る」という動詞が元の品詞となります。 

問題5

次の文中から名詞をすべて抜き出し、その種類も答えなさい。

①人間は誰でも頑張ることが重要だ。

②三人の子供は、初めて東京にたどり着いた。

③おそらく彼は、2番目のほうが緊張しているはずです。

④アメリカは遠くの国だが、行くつもりです。

⑤彼女の一番の喜びは、人と話すことです。

問題5の解答

「人間」⇒「普通名詞」「誰」⇒「代名詞」「こと」⇒「形式名詞」

「三人」⇒「数詞」「子供」⇒「普通名詞」「東京」⇒「固有名詞」

「彼」⇒「代名詞」「2番目」⇒「数詞」「ほう」⇒「形式名詞」「はず」⇒「形式名詞」

「アメリカ」⇒「固有名詞」「遠く」⇒「転成名詞」「国」⇒「普通名詞」「つもり」⇒「形式名詞」

「彼女」⇒「代名詞」「一番」⇒「数詞」「喜び」⇒「転成名詞」「人」⇒「普通名詞」「こと」⇒「形式名詞」

まとめ

 

以上、本記事のまとめです。

名詞」=主に人や物などの名称を表した単語(自立語で活用しない)

普通名詞」=物事の一般的な名称を表す単語。

「固有名詞」=他と区別するためにそれのみに与えられた単語。

数詞」=物の数量や順序などを表す単語。

代名詞」=直接表すのではなく、代わりに表す単語。

形式名詞」=実質的な意味を持たず、連体修飾語を受けて使われる単語。

転成名詞」=他の品詞が名詞に変化した単語。

「名詞」の種類は全部で6種類です。

この中でも「普通名詞」と「固有名詞」の違いはよく出題されます。

関連:>>普通名詞と固有名詞の違いとは?例文や使い方を簡単に解説

また、「形式名詞」や「転成名詞」を使った例文は
多くの人が間違えやすい部分でもあります。

ぜひ今回の内容を参考にし、今後の学習に生かしてみて下さい。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)