この記事の読了時間: 651

他山の石 意味 由来 使い方 例文 対岸の火事

他山の石」という故事成語があります。

この言葉自体は結構有名ですよね。

中学の漢文の授業などでも習ったかと思います。

ただ、よく聞いたことがあるにも関わらず
誤用している人が多いのも事実です。

 

そこで今回は、
「他山の石」の意味や語源・成り立ちなどを含め
わかりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

他山の石の意味・読み方

 

まず、この言葉の意味を調べると、
次のように書かれています。

【他山の石(たざんのいし)】

よその山から出た、つまらない石。転じて、自分の修養の助けとなる他人の誤った言行。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

他山の石(たざんのいし)」とは、簡単に言うと、
他人の誤った行いでも、自分のためになる」という意味です。

 

使い方としては、以下のように使います。

「彼が交通事故に遭ったらしい。他山の石として自分も運転には気をつけよう。」

この場合はまず、
「彼が交通事故にあった」という誤った行いが先にあります。

その誤った行いを元に、
「自分も事故にあわないように気をつける」ということですね。

「他山の石」は、このように、
他人の失敗や過ちを見て今後の参考にするような場合に使うのです。

 

ここで気を付けるべきは、「他山の石」は、
正しい行いを参考にするような場合は使わないということです。

 

例えば、
以下のような使い方は誤用です。

「彼の成功体験を他山の石として、自分もがんばります。」

この例文だと、
「成功体験」=「間違った行い」
というよく分からない意味になっていますよね。

特に、目上の人に対して
このような発言をすると大変失礼になるので避けて下さい。

 

また、「自分と関係ないこと」
という意味で使うのも誤用です。

「他山」は「他の山」と書くので、
何となく自分と関係なさそうに見えますが、
実際は自分と関係があるという意味です。

間違えないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

 

他山の石の由来・語源

他山の石 由来 語源

続いて、この言葉の由来です。

 

まず、「他山の石」という言葉は、
中国の「詩経(しきょう)」から来ています。

「詩経」とは、中国最古の詩集のことです。

その中の「小雅・鶴鳴(しょうが・かくめい)」
という部分に、次のような記述があります。

他山の石を以て玉を攻むべし

これを簡単に訳すと、以下のようになります。

よその山から出た質の悪い石でも、自分の玉を磨くのに役立てられる

 

「石」とは、「その辺に落ちている石のこと」を指します。

一方で、「玉」とは「宝石など立派な石のこと」を指します。

すなわち、役に立たなそうな石でも、
自分の宝石を磨く石として役に立つことができる

ということを言っているわけですね。

 

「宝石を磨く石」というのは、
砥石(といし)」をイメージすると分かりやすいです。

「砥石」とは、包丁やナイフを磨くための石のことです。

 

よくテレビなどで、
包丁をきれいに磨いている料理人を見るかと思います。

実際に、「砥石」で包丁を磨いた後は、
ダイヤモンドのようにピカピカになります。

一見、汚なそうな石でも、
料理においては欠かせないアイテムでしょう。

 

つまり、見た目はつまらない石でも、
宝石を磨くためなら便利な石となる
のです。

 

このことから、
他人の誤った行いでも、実際は自分の役に立つ
という意味になったわけですね。

スポンサーリンク

他山の石の類語・対義語

 

続いて、「他山の石」の類語を紹介します。

【反面教師(はんめんきょうし)】

悪い見本として参考になるような人。

中国の毛沢東の言葉が由来と言われています。

【人を以て鑑と為す(ひとをもってかがみとなす)】

他人の言動を見て、自分を正すこと。

「鑑」とは、「手本」という意味です。

【人の振り見て我が振り直せ(ひとのふりみてわがふりなおせ)】

他人の行いを見て、自分の行いを改めること。

「振り」とは、「態度や言動のこと」を言います。

【殷鑑遠からず(いんかんとおからず)】

参考となるものは、遠くではなく近くにあるということ。

「殷」は古代中国の王朝、
「鑑」は「手本」を意味します。

「殷」が滅びた原因は、遠い時代ではなく、
身近な時代にあったことが由来です。

【前車の覆るは後車の戒め(ぜんしゃのくつがえるはこうしゃのいましめ)】

先人の失敗は、後の人への教訓となること。

「覆る」とは、ひっくり返るという意味です。

前の車がひっくり返るのを見たら、
後ろの車は気を付けるべきということです。

「他山の石」の類語は多いため、
ここでは代表的な物を挙げました。

共通しているのは、
過去の失敗や他人の過ちを教訓にする
ということですね。

この中でも「反面教師」はよく使われる四字熟語なので
覚えておいた方がいいでしょう。

 

逆に、「対義語」としては
以下の2つが挙げられます。

爪の垢を煎じて飲む(つめのあかをせんじて飲む)

立派な人の言行を少しでも真似すること。(優れた人の爪の垢を薬として飲むことから)

薫陶を受ける(くんとうをうける)

人徳や品行がある人に良い影響を受けること。

「薫陶」とは、
香をたいて薫りを染み込ませ、形を整えながら丁寧に陶器を作り上げることを指します。

「他山の石」は、「他人の悪い行いを参考にする」という意味でした。

したがって、
「良い行いを参考にする」という意味の言葉が
「反対語」となりますね。

他山の石と対岸の火事の違い

 

また、よく似たことわざとして「対岸の火事」があります。

結論から言いますと、
「他山の石」と「対岸の火事」は、
同じような意味に見えますが全くの別物です。

対岸の火事」とは、
自分には関係がなく、何の苦痛もない様子」という意味のことわざです。

川の向こう岸にある火事は、
自分に全く災いもたらす可能性がないため、
このような意味になりました。

 

「他山の石」は、すでに説明したように
自分と関係がある時に使う言葉です

言葉の言い回しが似ているので、
間違えないように気を付けて下さい。

他山の石の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「他山の石」は英語だと次のような言い方ができます。

 

learn from other’s mistakes」(他人の失敗から学ぶ)

let this be an object lesson to you」(もって他山の石とすべし)

 

「learn from~」は「~から学ぶ」という意味の熟語、
「other’s mistakes」は「他人の間違い」という意味ですね。

両者を合わせることで、
「他人の間違いや失敗から学ぶ」という意味になりますね。

 

また、後者の「let」は「~させる」という使役の意味があり、
「object lesson」は「(教訓となる)実例」と訳すことができます。

以上のことから、
「これはあなたにとって実例となる」という意味になります。

スポンサーリンク

他山の石の使い方・例文

 

では最後に「他山の石」の使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 彼は仕事で大きなミスをしたが、他の社員はこれを他山の石としてほしい。
  2. 飲酒運転のニュースが多いが、他山の石として自分も気を付けよう。
  3. あいつは今まで何回も失敗してきたが、ぜひこれを他山の石としてほしい。
  4. ライバル会社が不正会計をしていた。今回の事件を他山の石と考えて欲しい。
  5. あいつはすぐ怒る性格だが、他山の石として人にやさしくできるようにしよう。
  6. 不祥事で芸能人が謹慎することになった、他山の石として自分も改めよう。

 

「他山の石」を使う際の共通点は、
最初に何かしらの不祥事やミスなど他人の失敗が起こるという点ですね。

他人の失敗が先に起こった後に、
「自分もそうならないように気をつけよう」という流れで使うことが多いです。

なので、「他山の石」を例文で使う時は
まずこのような流れを意識して頂ければと思います。

その上で、
「今後の生き方を考え直す、見直す」
といった予防策的な意味で使うようにしましょう。

関連:>>反面教師の意味とは?使い方や例文・英語も解説

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

他山の石」=他人の誤った行いでも、自分のためになること。

語源・由来」=よその山から出た質の悪い石でも、自分の玉を磨くのに役立てられること」から。(詩経)

類語」=「反面教師・人を以て鑑と為す・人の振り見て我が振り直せ・前車の覆るは後車の戒め」など。

英語」=「learn from other’s mistakes」「let this be an object lesson to you」

ということでしたね。

 

「他山の石」は、
一見すると簡単にも見えますが、
実は誤用が多い言葉です。

この記事をきっかけに、
ぜひ正しい意味を理解して頂ければと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)