この記事の読了時間: 68

火中の栗を拾う 意味とは 例文 使い方 同義語

 

火中の栗を拾う」ということわざがあります。

風刺画にもなっているほど、有名な言葉ですね。

ただ、この言葉の本来の意味を把握している人は
意外と少ないかと思います。

そこでこの記事では、
「火中の栗を拾う」の意味や由来・使い方
などを詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

火中の栗を拾うの意味

 

まずは、基本的な意味です。

【火中の栗を拾う(かちゅうのくりをひろう)】

自分の利益にならないのに、他人のために危険を冒すたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

火中の栗を拾う」とは、
他人の利益のために危険を冒すこと」を言います。

 

例えば、以下のような使い方です。

セ・リーグで断トツ最下位の監督を引き受ける?火中の栗を拾うようなものだよ。

この場合はつまり、
「監督を引き受けることに何のメリットもない」ということですね。

 

プロ野球の世界では、監督の交代がよく行われます。

ところが、
最下位チームの監督を指揮することは、
一種の罰ゲームのようなものと言われています。

誰だって弱いチームは引き受けたくないですよね。

 

つまり、「火中の栗を拾う」ということわざは
自分には全くメリットがないけども、他者のためにリスクを冒す
という時に使うわけです。

ポイントは、
他者のため」という点ですね。

 

自分のために危険を冒すような場合は、この言葉は使いません。

例えば、
「己を変えるために困難に立ち向かう」
のような使い方は誤用です。

あくまで、
自分以外の他人や組織のためにリスクを冒す
という意味だと思ってください。

スポンサーリンク

火中の栗を拾うの由来・語源

 

続いて、由来を確認していきましょう。

「火中の栗を拾う」ということわざは、
フランスの詩人である「ラ=フォンテーヌ」が
イソップ物語を元に書いた寓話から来ています。

その寓話の中に、
猿と猫」というお話があります。

 

簡単にあらすじを紹介しておきましょう。

ある日、猿と猫が暖炉の中で
栗(くり)が焼けるのを待っていた。

すると、ずる賢い猿は猫にこう言います。

君なら火の中の栗もうまく取り出せるんじゃない?

おだてられた猫は、
何とか火の中から栗を3個取り出しました。

ところが、
猫は大やけどを負ってしまい、
取り出した栗も全て猿に食べられてしまいました。

結果的に、かわいそうな猫は
「栗も食べられず、ひどいやけども負う」
という散々な目にあってしまったのです。

この話が元となり、現在の
「他人のために危険を冒す」という意味になったわけですね。

 

大事なのは、
「猫がやけどを負ってしまった」という点です。

「火中の栗を拾う」は、
散々な目にあった」という事実が含まれています。

したがって、「危険を冒す」だけでなく
危険を冒した結果、ひどい目にあう
というのが本来の意味になるわけです。

 

ところが、最近の用例だと
危険だと分かっているが、あえて挑戦する
というようなポジティブな意味で使われることもあります。

一種の、
「勇敢さ・勇ましさ」のようなものですね。

この使い方は誤用なので、気をつけましょう。

 

すでに説明した通り、元々は
「猫がだまされて、ひどい目にあった」
というのが正しい由来です。

しかしながら、
なぜか「みんなのために犠牲になる」
という美しい意味で使う人が多いのです。

その理由は、
日本人の好む「自己犠牲」という精神が
生んだものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

火中の栗を拾うの類語・同義語

火中の栗を拾う 類語 同義語

 

続いて、「火中の栗を拾う」の
「類語」と「対義語」を紹介します。

まずは、「類語」です。

【手を出して火傷(やけど)する】

余計なことに首を突っこみ、かえって痛い目にあうこと。

【虎穴(こけつ)に入る】

危険を冒すこと。冒険すること。

「虎穴」とは、
「トラの住んでいる穴」という意味です。

【一髪千鈞を引く(いっぱつせんきんをひく)】

非常に危険なことをする例え。

ひとすじの髪の毛で千鈞の重さのものを引くことから。

【危ない橋を渡る】

危険を覚悟で物事を行うこと。

共通しているのは、
どれも「危険を冒す・冒険する」といったことですね。

ただし、
いずれの言葉も「自分のために」
危険を冒す場合がほとんどです。

 

冒頭でも説明した通り、
「火中の栗を拾う」は他人のため限定での行動ですので、
ことわざや慣用句では全くの同義語はないと言っていいでしょう。

比較的近い言葉なら、
火中に飛びこむ」「火中に身を投じる
などの表現がしっくり来るのではないでしょうか。

 

逆に、「対義語」としては、
次の2つが挙げられます。

【君子危うきに近寄らず(くんしあやうきにちかよらず)】

賢い者は危険な所には近づかない。

【さわらぬ神(かみ)にたたりなし】

物事に関わりを持たなければ、災いは起こらない。

こちらは「リスクは冒さない・無理に行動しない」
といった意味の言葉となりますね。

火中の栗を拾うの英語訳

 

続いて、「英語訳」です。

「火中の栗を拾う」は、英語だと次のように言います。

 

Pull chest nuts out of the fire

 

「chest nut」は「栗」、「pull」は「引っ張り出す」「out of」は「~の外へ」

という意味です。

以上のことから、
「火の外へ栗を引っ張り出す」という訳になります。

 

また、「危険を冒す」という意味では
次のような言い方もできるでしょう。

 

take a risk for someone

 

「take」には、
「(職務や仕事などを)引き受ける」などの意味があります。

そのため、
「誰かのためにリスクを果たす」
という意味になるわけですね。

スポンサーリンク

火中の栗を拾うの使い方・例文

 

では、最後に「火中の栗を拾う」の
使い方を例文を確認しておきましょう。

 

  1. 破産経験のある彼にお金を貸す?火中の栗を拾うようなものだ。
  2. また彼女の手助けをするの?火中の栗を拾うようなことはやめたらいいのに。
  3. 失敗したのは彼自身の問題だよ。君がわざわざ火中の栗を拾う必要はない。
  4. 人をだますことで有名な人だ。火中の栗を拾うことにならないようにね。
  5. 今その仕事を引き受ける義務はある?火中の栗を拾うようなものだよ。
  6. 無意味な人助けをして、結果的に火中の栗を拾う形となってしまった。

 

「火中の栗を拾う」は、原則として
否定的なな使い方をすると考えてください。

多くの場合は、
危険を察知できない人」「無意味な行動をする人
といった良くないイメージで使います。

 

また、ビジネスシーンでは、
「こちらにメリットがない会社と組む」
「破産しそうな会社を助けようとする」といった意味合いで使います。

イメージ的には、
「なんでわざわざそんなことするの?」という感じですね。

決して、前向きな意味で使うことわざではないので、
そこだけは注意するようにしましょう。

関連:>>焼けぼっくいに火がつくの意味は?使い方や例文・英語を解説

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容をまとめると

火中の栗を拾う」=他人の利益のために危険を冒すこと。

由来・語源」=猫が猿のために火中の栗を拾ったが、大やけどを負ったため。(フランスの寓話が元)

類語」=「手を出して火傷する・虎穴に入る・一髪千鈞を引く・危ない橋を渡る」

対義語」=「君子危うきに近寄らず・さわらぬ神にたたりなし」

英語」=「Pull chest nuts out of the fire」「take a risk for someone」

ということでした。

 

生きていく上で、人を助けるのは大事なことです。

しかし、このことわざが言いたいのは
「わざわざ危険を冒すと痛い目にあう」ということですね。

他人の問題に突っ込むのが、
必ずしも正解ではないということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)