この記事の読了時間: 510

人口に膾炙する 意味 使い方 例文

人口に膾炙する」という言い方を聞いたことがありますか?

この慣用句自体は、難解な文章で見る印象ですね。

特に、「膾炙(かいしゃ)」という言葉は難しそうです。

また、どのような語源を持っているのかも気になる所だと思います。

 

今回は、
「人口に膾炙する」の意味・由来・使い方・類語などを詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

人口に膾炙するの意味

 

まず、この言葉の意味を調べると、
次のように書かれています。

【人口に膾炙する(じんこうにかいしゃする)】

人々の話題に上ってもてはやされ、広く知れ渡る。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

人口に膾炙(かいしゃ)する」とは、
広く世間に知れ渡ること」を言います。

簡単に言うと、
人々の間で話題になる」ということですね。

 

例えば、以下のように使います。

「ノーベル賞を受賞して、人口に膾炙するなんて彼はさすがだね。」

「人口に膾炙する」は、基本的に、
良い意味で知れ渡る場合に使います。

悪い意味で広まる場合は、使われませんので注意しましょう。

 

また、よく間違えやすい意味として、
「ちょっとしたブームになる」という使い方があります。

「ブーム」ではなく、
長期的に広い範囲で知れ渡る」という意味だと思ってください。

スポンサーリンク

人口に膾炙するの語源

人口に膾炙する 語源

 

「人口に膾炙する」の語源は、
どこから来ているのでしょうか?

まず、「人口」は「人の口」と書くので、
世間のうわさ」という意味があります。

これはつまり。
1万人とか10万人の「人口」ではなく、
人のうわさ」を表しているわけですね。

 

次に、「膾炙」の「」は「なます」と読み、
生肉を細かく刻んだもの」という意味があります。

「日本書紀」や「万葉集」に「膾」という表記があり、
その当時から「膾」は生肉を表していました。

生肉というのは元々、
「生(なま)」+「肉(しし)」で
「なましし」と呼ばれていたのです。

この「生肉(なましし)」が転じて、
「なます」になったと言われています。

 

そして、
「膾炙」の「」は「炙(あぶ)る
とも読める漢字です。

つまり、「お肉を炙る」などのように、
火にあてて、こげ目をつける程度に焼く
という意味ですね。

 

よって、言葉の意味を直訳すると、

人口に膾炙する」=「人の口に、生肉を炙ったものが行き渡る

となります。

 

生肉もあぶり肉も、当時の人々にとっては
大変貴重なごちそうでした。

そのため、いったん人々の口に渡れば、
「これはおいしいぞ!」ということで広く知れ渡りました。

このことから、
人口に膾炙する」=「広く世間に知れ渡る
という意味になったのです。

 

ちなみに、現代では、
「野菜をお酢で和えたもの」を「なます」と呼びます。

そのため、
「酢」の方を本来の語源だと勘違いしてしまう人がいますが、
なますに酢が使われるようになったのは室町時代になってからです。

したがって、
「なます」の語源を「酢」と
混同しないようにしましょう。

人口に膾炙するの類語

 

続いて、「類語」です。

「人口に膾炙する」の「類語」は以下の通りです。

【脚光を浴びる(きゃっこうをあびる)】

世間の注目の的となること。

【持て囃される(もてはやされる)】

多くの人に話題にされること。

※「もてはやす」とは、盛んにほめたり、
大勢が話題にすることを言います。

【取り沙汰される(とりざたされる)】

世間で口々に噂されること。

【口の端に上る(くちのはにのぼる)】

うわさになる。話の種になる。

いずれも、
人々の間に広く知れ渡る
というイメージですね。

「多くの人の話題になる」「大勢の人のうわさになる」
といった意味の言葉が類語となります。

人口に膾炙するの英語

 

続いて、英語訳です。

「人口に膾炙する」は、英語だと次のように言います。

 

to become famous(有名になる)」

to become well-known(よく知られるようになる)」

 

どちらも「become」を使った表現ですね。

英語だと「知れ渡る」という意味を表す時は、
「famous」や「well-known」を使います。

例文も紹介しておくと、

I want to become a famous doctor.(私は有名な医者になりたいです。)

I want to become a well-known adviser.(私はよく知られたアドバイザーになりたいです。)

といった感じです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後に「人口に膾炙する」の使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 芥川賞を受賞して、人口に膾炙する
  2. 新種の生物を見つけた学者として、人口に膾炙する
  3. スマートフォンはすっかり人口に膾炙した媒体だ。
  4. キリスト教は、宗教の中で最も人口に膾炙した教えである。
  5. タイタニックは、人口に膾炙した映画作品と言えるだろう。
  6. 彼の残した作品は、人口に膾炙したものばかりで感心します。

 

「人口に膾炙する」は普段の文章ではなかなか使いませんが、
評論文などではよく使われます。

最近だと、
センター試験の評論文(2017年)で
「人口に膾炙する」という表現が実際に使われました。

以下、引用です。

科学を怪物にたとえ、その暴走を危惧するような小説は多数書かれており、ある程度人口に膾炙していたといえるからである。

出典:「科学コミュニケーション」 小林傳司 

この文章自体は、
⑫段落の一部から引用したものです。

 

簡単に説明すると、
「科学の暴走を心配するような小説は人々の間で広く知れ渡っていた」ということですね。

科学の意味が分からない人は、
以下の記事を参照してください。

>>科学と化学の違いとは?意味や使い分けも

 

実際の試験では、意味自体を問う設問はありませんでしたが、
知っておいたほうが間違いなく読解する上ではプラスになります。

なので、上記の例文で実際の用例を
一つ一つ確認しておくとよいでしょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

人口に膾炙する」=「広く世間に知れ渡ること

語源・由来」=「人の口に生肉を炙ったものが行き渡ること」から。(生肉は貴重品ですぐに広まったため)

類語」=「脚光を浴びる・持て囃される・取り沙汰される・口の端に上る」

英語」=「to become famous」「to become well-known」

ということでしたね。

 

評論文にもよく出てくる慣用句なため、
ぜひこの機会に覚えてみてください。

では、今回は以上です。

スポンサーリンク