この記事の読了時間: 437

視察 見学 違い 意味 使い分け

 

今回は
視察」と「見学
の違いを解説していきます。

 

「現場を視察する」

「工場を見学する」

どちらの言葉も、
学校や会社などでよく使う言葉ですね。

 

この2つの言葉は、
一体どう使い分ければよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

視察の意味

 

まずは、
「視察」の意味です。

【視察(しさつ)】

現地・現場に行き、その実際のようすを見極めること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

視察」とは、
現場に行き、実際の様子を見極めること
を言います。

見極める」には、
物事を深く知る・判定する」などの意味があります。

 

つまり、
物事を表面的に見るのではなく、
実際に足を運んで深く知ったり判定したりする場合
「視察」を使うわけですね。

 

例えば、
以下のような使い方です。

「社員の仕事現場を視察する」

この場合は、
部長や社長など偉い立場の人が、
実際の仕事現場を見に行くという意味です。

 

そして実際の現場では、

  • 部下はちゃんと仕事をしているか?
  • 何か問題点はないか?
  • 改善できる所はないか?

といったことを深く知ります。

 

その結果、
「良い・悪い」などの判定を下すのです。

見学の意味

 

続いて、
「見学」の意味です。

【見学(けんがく)】

実際のありさまを見て知識を広めること。

体調などの都合で、体育実技などを実際に行わないで、見て学ぶこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

見学」とは、
実際に見て学ぶ・知識を得る
という意味です。

「見学」は「ぶ」と書きます。

 

つまり、
見ることによって何らかの知識を得る場合
「見学」を使うわけですね。

 

例えば、
以下のように使います。

  • 自動車工場を見学する
  • 水泳の授業を見学する

前者は、学生が授業の一環として
実際の工場を生で見るような時に使います。

後者は、水泳の授業を休んだ人が、
他の生徒の水泳を見る時に使います。

 

どちらも共通しているのは、
見るだけでなく「学ぶ」ということですね。

「見学」と聞くと、
何となくボーッと見ているイメージですが、
実際は「学ぶことが目的」なのです。

スポンサーリンク

視察と見学の違い

視察 見学 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

視察」=現場に行き、実際の様子を見極める。

見学」=実際に見て学ぶ・知識を得る。

ということでした。

 

両者の違いは2つあります。

 

1つ目は、
目線の違い」です。

 

視察」は、
上から目線の言葉」と言えます。

 

「視察」は、見る側の人間が
見極めて判定しなければいけません。

そのため、
「見る側」を「見られる側」よりも
「上」に置いた言葉になるのです。

 

一方で、「見学」は、
下から目線の言葉」と言えます。

 

「見学」というのは「学ぶ行為」なため、
教えられる側の立場が自然と下になります。

したがって、
「見る側」を「見られる側」よりも
「下」に置いた言葉になるわけです。

 

2つ目は、
目的の違い」です。

 

視察」は、
実際の様子を見極めるために行います。

一方で、「見学」は、
学んだり知識をつけるために行うのです。

 

つまり、どちらも「みる」
という意味は共通していますが、
その目的が違うということですね。

 

まとめると、

視察」=「見る側」を「」に置く。(見極めるため

見学」=「見る側」を「」に置く。(学ぶため

となります。

関連記事:>>鑑賞と観賞の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>修行と修業の違いとは?意味や使い分けも

 

ちなみに、
両者の違いは英語にも表れています。

 

視察」は英語で、
inspection(インスペクション)」と言います。

「inspection」には、
「視察」以外に「監察・検閲・精査・点検
などの意味があります。

 

こちらは、公の機関が
企業を判定したりする場合に使う言葉です。

 

一方で、「見学」は、
the tour」と言います。

 

「tour」には、
旅行・遠征」などの意味があります。

つまり、
こちらは同じ「見る」でも
カジュアルな意味になるわけですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【視察の使い方】

  1. 視察に訪れた首相から、ねぎらいの言葉をもらった。
  2. 高校時代は、プロのスカウトがよく視察に来てた。
  3. 相手チームの敵情視察をして、情報を集める。
  4. 被災地の視察をして、現状を報告することにした。
  5. 〇〇大臣は、海外視察に出ており現在は不在です。

 

【見学の使い方】

  1. 工場見学をして、自動車の製造過程を学ぶ。
  2. 特別に、施設を見学させてもらうことになった。
  3. 就職活動の一環として、会社を見学させてもらった。
  4. 風邪をひいてしまったため、水泳を見学することにした。

 

「視察」の方は、
会社であれば「社長」や「部長」
政治であれば「首相」や「大統領」など
上の立場の人間が「主語」となります。

 

また、「被災地の視察」や
「海外の視察」という使い方もよくします。

この場合は、
「見られた側」に判定を下すのではなく、
「見る側の関係者」に判定の結果を報告する
といったニュアンスになります。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

視察」=現場に行き、実際の様子を見極める。

見学」=実際に見て学ぶ・知識を得る。

「視察」は「見る側」を「」に置き、
「見学」は「見る側」を「」に置く言葉。

ということでしたね。

 

実際に「視察」や「見学」を行う場合は、
これらの違いを頭に入れておきましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク