この記事の読了目安: 447

原始社会像の真実 解説 要約 問題 テスト対策 学習の手引き

 

『原始社会像の真実』は、現代文の教科書に出てくる評論です。ただ、本文を読むとその内容や筆者の主張が分かりにくい箇所もあります。

そこで今回は、『原始社会像の真実』のあらすじや要約、学習の手引きなどを含め簡単に解説しました。

『原始社会像の真実』のあらすじ

 

本文は行空きによって二つの段落に分けられていますが、第一段落はさらに三つに分けることができます。ここでは、各段落ごとのあらすじを紹介していきます。

あらすじ

①-1原始社会には戦争がなかった。そのため、現代でも戦争のない社会を実現することができるはずだ、と言われることがある。しかし、どうしても違和感を拭い去ることはできない。実際はどうだったか本当のところはよく分からないが、他者を殺すという行為が行われていた可能性は排除しておかないほうがよい。原子時代の社会はありのままに捉えるべきであって、現代人のご都合で理想化してほしくはない。

①-2女性史の分野では、原始時代の女性の地位が高かったことを強調する傾向がある。しかし、最近の考古学や古代史の研究では、これまでの女性史の通説とはやや異なった社会像が浮かび上がってきている。そのため、学術的議論を戦わせていく必要はある。

①-3アメリカの進化生物学者、ジャレド・ダイアモンドは、環境保護を進めている人たちの間に、古代の人々はみな環境を守り豊かな自然の中に包まれて調和的な生活を送っていたという誤解があると述べている。例えば、イースター島やイギリスなどにおけるように、古代の人々も私たちと同じように環境を破壊し、過ちを犯してきたのだ。

②現代の社会を変革しようとする運動では、原始社会を肯定的に扱う議論が多い。だが、それぞれの原始社会が抱えている長所や短所、あるいはさまざまな個性を客観的に見つめるべきである。原始社会は、ユートピアではなかった。実際の社会は著しく多様であり、その多様性の相互関係の中から次の社会がかたちづくられていったと考えたい。

『原始社会像の真実』の要約解説

 

要約原始時代の社会はありのままに捉えるべきであり、現代人の都合で理想化すべきではない。原始古代の人々も、私たちと同じように環境を破壊し、過ちを犯してきたのだ。原始社会を理想化して、現代社会の価値基準の中に位置づけるのではなく、長所や短所、あるいはさまざまな個性を持つ多様性のある社会として客観的に見つめるべきである。その多様性の相互関係の中から、次の社会がかたちづくられていったと考えるべきだ。(195文字)

筆者は、社会変革のための目標・理想として原始社会を位置づけることは間違いなのだ、と主張します。なぜなら、それは結局、現代の勝手な目線で原始社会を見ていることになり、その実像をとらえ損ねるためです。

原始社会も現代と同じように、戦争や女性差別、環境破壊などがありました。そのような多様性を持った社会がどういった過程を経て現代の社会になってきたのかを、客観的に考察することが必要だと述べています。

また、筆者は考古学者でもあるので、原始社会が「ありのままに」捉えられずに、自分の都合のよいように事実を曲げて語られる現状に対して不満を抱えていることも伝わってきます。そういった筆者の置かれた立場や背景を読み取ることも、この評論では重要なポイントとなります。

『原始社会像の真実』のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

ジョウモン土器。

シュリョウが解禁になる。

コセキ謄本。

エイガを極める。

ケイコクを発する。

ヘンカクを遂げる。

ジュンスイな心。

ヤバンな行い。

解答①縄文 ②狩猟 ③戸籍 ④栄華 ⑤警告 ⑥変革 ⑦純粋 ⑧野蛮
問題1「戦争と呼ばれるもの」の条件を、二つ挙げよ。
解答例「集団の規模」、すなわち大人数同士の争いであることと、「道具の発達段階」すなわち殺傷のみを目的とした道具である武器を用いていること。
問題2なぜ「いくばくかの違和感は、どうしても拭い去ることができない。」のか?
解答例そうした主張は、単に戦争がなかったという客観的な事実だけが語られているのではなく、原始社会は戦争のない平和な社会だったという評価が言外に付加されているため。
問題3「少し異なったニュアンス」とは、何に対して異なっているのか?
解答例原始時代の女性の地位が高かったことを強調する考え方。
問題4

次の部分はそれぞれどのようなことを述べているか?

①現代人のご都合で理想化

②これまでの女性史の通説とはやや異なった社会像

③現代の社会を変革していこうという運動に関わる

解答例

①現代人があるべき社会のモデルとするために、勝手に原始社会の姿をゆがめて高く評価すること。

②これまでの女性史で言われてきたのとは異なり、男性に比べて女性の地位が低い社会像。

③現代の社会の変革を目指す際に、目標とすべき理想として、原始社会が位置付けられているということ。

問題5

次の部分はそれぞれどのようなことを述べているか?

①原始社会は、ユートピアではなかった。また逆に野蛮であったわけでもない。

②モノトーンで描かれる。

解答例

①原始社会は、現代から見てプラスもしくはマイナスの価値一辺倒の単純な社会などではなく、実際には著しく多様であったということ。

②原始社会を、「ユートピア」や「野蛮」といった、一つの価値だけにあてはめて捉えること。

補足①は「ユートピア」と「野蛮」のどちらでもあった可能性があるということ。一方で、②の「モノトーンで描かれる」とは、色で言えば一つの色で描くことで、いろいろな色を使わない、つまり「多様性の否定」を示した表現となる。
問題6筆者は、原始から現代に至る社会の変遷を、どのように捉えているか?
解答例著しく多様な社会の中で、多様性の相互関係の中から次の社会がかたちづくられていったと捉えたうえで、その中であまりにも極端なシステムを採用してしまった社会は、衰退していったと考えている。

まとめ

 

以上、今回は『原始社会像の真実』について解説しました。ぜひ定期テストなどの対策としてもらえればと思います。なお、本文中の重要語句については以下の記事でまとめています。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)