この記事の読了目安: 429

抗争する人間 あらすじテスト問題 筆者の主張 学習の手引き 解説

 

『抗争する人間』は、現代文の教科書に載せられている評論です。ただ、本文を読むとその内容や筆者の主張がわかりにくい部分もあります。

そこで今回は、『抗争する人間』のあらすじや要約、学習の手引きなどを含め解説しました。

『抗争する人間』のあらすじ

 

本文は行空きによって二つの部分から構成されていますが、前の部分をさらに二つに分け、三段落構成と考えます。ここでは、各段落ごとのあらすじを簡単に紹介していきます。

あらすじ

①人間は、他人といっしょにいたり、他人に対面したりすると暴力的になる。それは、自分で自分の価値を確認することだけでなく、他人によっても価値を承認させること、すなわち評価の二重性によって社会的欲望が満足するからである。社会的欲望は、欠如を知らない。肉体の満足があっても、社会的欲望は満足しない。社会的欲望は、我を評価してくれる他人の精神を欲望するものであるから、他人の精神が我のほうに方向を向け直すまで欲望の満足はありえない。

②人間は、互いに他人を自分よりも劣った者と感じる傾向があり、そこから複数の人間の間には競争と闘争が生まれる。それは見せかけの意識であり、つまりは虚栄心である。社会の中で生きるとは、虚栄心を持って生きることである。虚栄心は、上位にある人間、同等者、下位の者のいずれに対しても自分の価値を承認するように要求し続ける。その結果、社会は無理にでも下方に劣ったと見なされる集団、犠牲になる集団を生産する。このメカニズムから排除と差別が生まれる。

③虚栄心は人間の精神のはたらきである。経済的不平等を改革するだけでは、また、政治的不平等を改善するだけでは、人間の内なる暴力は解消しない。ふつうは肯定的に受け止められている「自己尊厳」を一度疑ってみる必要がある。自我としての欲望あるいは欲望としての自我を可能な限りゼロ化していく努力が、倫理的努力なのである。

『抗争する人間』の要約解説

 

要約人間は自分で自分を評価することに加えて、他人にその自己評価を承認させることで社会的欲求を満足させる。ここから、社会に競争や闘争が生まれ、人は相手以上の価値があると見せかける虚栄心を持つようになる。虚栄心は、自分よりも劣ったと見なされる人間や犠牲になる集団を社会に生産する。したがって、虚栄心の根本である自己尊厳を疑い、自我としての欲望をゼロ化していく努力こそが、倫理的努力にふさわしいのである。(197文字)

筆者はまず、社会的人間が内部に抱える暴力性とは何なのかを分析し、それがどういう仕組みを持っているのかを明らかにしています。それは、自己の優位性をめぐる欲望と満足が基本にあるとしています。しかもそれは、極めて暴力的な形をとる、とも述べています。

次に、こうして生まれた人間間の競争や闘争がどのようなものであり、それに対して人間がどう対処したかを説いています。これが本文中に何度も登場する「虚栄心」です。

「虚栄心」は、人間の精神に関わるものです。したがって、最後に筆者は「倫理」の必要性を提言しています。つまり、倫理的態度を持つことにより、欲望的存在である自己の在り方を変え、新しい対他関係を探究することが重要だということです。

『抗争する人間』のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

り合いに強い。

②彼の行為をゼニンする。

③注意力のケツジョ

ムジャキな性格。

ハイジョと差別。

⑥難題をコクフクする。

解答①競 ②是認 ③欠如 ④無邪気 ⑤排除 ⑥克服
問題1「この評価の二重性」とは、どういうことか?
解答例自分で自分を評価することと他人にその自己評価を承認してもらうこと。
問題2「上下左右の方向」とは、どういうことか?
解答例「上位にある人間」「同等者」「下位の者」などあらゆる他人に対してということ。
問題3「この精神の構造の中にくさびを入れる」とは、どういうことか?
解答例他人による承認への欲望という、社会の中で生きる人間の精神構造の中に、倫理の考え方を入れてその欲望を抑えること。
問題4「ここから、人間の間に、競り合い、更には闘争が生まれる」とあるが、闘争が生まれるまでの筆者の説明を整理しなさい。
解答例人間は自己尊厳を自分で確認するだけでは満足せず、常に他人へ確認させようとする。この評価の二重性によって、人間は他人を社会関係に引きずり込み、その中で相手以上の者になろうとして、価値評価競争をするようになる。
問題5

次の部分は、それぞれどのようなことを述べているか?

①虚栄の欲望は犠牲者を想像する。

②暴力現象は本質的に精神的現象である。

解答例

①人間の、他人から承認を得ようとする虚栄の欲望のために、無理にでも下方に劣ったと見なされる集団を社会は生み出してきたということ。

②他人を排除し差別するという暴力は、虚栄心という精神のはたらきによってもたらされる精神的現象であるということ。

問題6「欲望的存在である自己のありかたを変容させて」とあるが、どのような自己に変容させるべきだと述べているか?
解答例自我を限りなく最小にし、他人より優越したいという気持ちを抑制し、他人を迎え入れるホスピタリティを持ち、他人の悲惨に対して応答できるような自己。
問題7「虚栄心」という言葉は、どのように言い換えられているか?順を追って抜き出そう。
解答例「相手以上の者になろうとする」⇒「相手以上の価値があると見せかける」⇒「自分の価値を額面よりも高く相手に見せかける」⇒「他人からの承認を獲得しようとする虚栄の欲望」⇒「他人に優越し、他人をおとしめようとする激烈な欲望」。

まとめ

 

以上、今回は『抗争する人間』について解説しました。ぜひテスト対策用に見直して頂ければと思います。なお、本文中の重要語句については以下の記事でまとめています。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)